サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. エルサレムへの道

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

エルサレムへの道(集英社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.8
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/478p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-760469-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

エルサレムへの道 (集英社文庫 シャーロック・ホームズの愛弟子)

著者 ローリー・キング (著),山田 久美子 (訳)

エルサレムへの道 (集英社文庫 シャーロック・ホームズの愛弟子)

905(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2004/10/10 17:29

投稿元:ブクログ

シャーロック・ホームズが一時引退して蜜蜂の研究をしていたサセックスで、ホームズに弟子入りした15歳の少女がいた!と言う破天荒な設定ではじまった、とっても楽しいシリーズ。
この作品ではその愛弟子メアリ・ラッセルは19歳になっています。
物語上の時系列では第一作「シャーロック・ホームズの愛弟子」と、第2作「女たちの闇」との間に位置しており、ロンドンにいることが危険になった二人が、英国の占領に入って間もないパレスティナに潜入するところから物語が始まります。

ローリー・キングの作品はどうも出来不出来が激しいような気がしますね。特に宗教が絡んでくると、お話のスピード感がなくなってくるようです。このシリーズ第三作の「マリアの手紙」や、ノン・シリーズの「奥津城」(これは途中でブン投げてやろうかと思った)などがその代表なんですが、これもどうもそういう感じ。
メアリ・ラッセルはユダヤ教徒で、舞台がパレスティナ、一緒に行動するのはイスラームのスパイ、という設定では、宗教に触れずにはお話が進まないのはわかりますが、あまりにも薀蓄が多すぎるし、砂漠生活を描写すればするほど読むのがしんどくなってくる・・・・
経歴を読むと、自身が神学の修士号を持ってるそうなので、そのせいかも。

何ともわからない任務を負って潜入したパレスティナで、次々起きる殺人事件。男の格好をして行動するメアリと、彼女を認めないイスラーム、など、所々キングらしさの片鱗は有って、面白くなるのかな〜!と期待してると又・・・と言うことの繰り返し。
設定はいい感じなんだから、長さを半分にして書き直してくれたら面白いだろうな〜!
う〜ん、悔しい!!(笑)

2009/03/03 23:50

投稿元:ブクログ

年の差カップル好きな日々野としては外せないこのシリーズ。

今回は前回の続きというわけではなくて、まだメアリはホームズと結婚していないので、お互いまだ師匠と弟子的関係でしたが。

しっかし相変わらず細部まで細かいなぁ〜!
今回ホームズ&メアリはパレスチナを舞台にするのですが、1919年当時の様子が事細かに書かれてる。
当時の人々の生活習慣とか、マーケットの様子とか、そういうのを読むだけでも楽しい…のと同時に、ちょっと疲れる(笑)。

本家シャーロック・ホームズシリーズでは常にワトスンを小馬鹿にした解説をしてくださるホームズさんですが、この作品ではメアリにやり込められたりもするわけで、それがなんだか爽快ですv

このシリーズ、もう続編が出ていてそっちも購入済み。
早く読みたいんだけど、他にも色々たまっているからなぁ…あぁ、時間が欲しい。