サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. もう頰づえをついてもいいですか?

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

もう頰づえをついてもいいですか?
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.8
  • 出版社: 実業之日本社
  • サイズ:15cm/162p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-408-53459-5
  • 国内送料無料

紙の本

もう頰づえをついてもいいですか?

著者 枡野 浩一 (著),八二 一 (写真)

愛という字は乱暴にでかく書く なるべく詩には見えないように−。歌人と写真家、映画字幕ライターによるコラボレーション。映画をテーマにしたビジュアル短歌&コラム集。2002〜...

もっと見る

もう頰づえをついてもいいですか?

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

愛という字は乱暴にでかく書く なるべく詩には見えないように−。歌人と写真家、映画字幕ライターによるコラボレーション。映画をテーマにしたビジュアル短歌&コラム集。2002〜04年『ジェイ・ノベル』連載の単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

枡野 浩一

略歴
〈枡野〉1968年東京生まれ。歌人・ライター。著書に「てのりくじら」「かんたん短歌の作り方」等。
〈八二〉男女二人組の写真家。『猫びより』『ネコまる』などの雑誌で連載をもつ。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2012/01/22 12:48

投稿元:ブクログ

文庫版を買いました。
詩(短歌)と写真(イラスト)を組み合わせた本って、本の形態として理想的だなと思う。贈り物にもおすすめ。

2008/06/21 08:52

投稿元:ブクログ

ジュリエット、はんぱな愛の夢をみて―片方の目がさめないみたい
失敗作"愛の終わりを"最期まで―書いてみようと僕は思った
嘘でしたでも愛でした 始まりのなかった嘘に終わりはあって

2007/07/14 14:48

投稿元:ブクログ

歌人枡野浩一のアルファベットAからZで始まる詩をシネマ文字ライター渋谷展子が八二一のモノクロ写真に書いた本。眺めていると1つの映画に見える。こういう本を自分で作りたい・・・。

2007/12/23 22:20

投稿元:ブクログ

ううーん。
感想を言うのが難しい本です。
一言で「良かった」とは言えない感じの…。マイナスの意味ではなく。
多分、この短歌自体が作者の私生活にあまりに深く関わった内容だからだと思います。

コンセプトはとても面白い。映画を短歌化するというものです。収録されている短歌ももちろんすごくよかったです。
でも、だからこそ、短歌の中にたまにちらつく作者の生活での悲しみが……。
というか……こう、読んでいて気分の良いものではないな、という感じです。誰かの人生のある一部分を覗き見している感覚。
短歌はすごく好きなんですけども…ね、素直に良いとは言えない何かがある。

2013/09/02 13:11

投稿元:ブクログ

歌人・枡野浩一さんによる“映画コラム短歌集”。
かたちとしては、短歌と写真、その後にコラム。
映画のタイトルはA~Z。

短歌に施された、渋谷展子(しぶやのぶこ)さんによるシネマ文字も可愛いし、八二一(はにはじめ)さんによる白黒写真も素敵。
ただ、個人的には短歌は1ページに、または見開きのページに載せてもらいたかった。
ページ数で言うならば、4ページを使ってひとつの歌が綴られている。
短歌とコラムも、通じるものがあるなと感じるものもあれば、もうひとつ汲み取れないものもあって。
紹介している映画の全てを理解できているわけではないから私の読みが浅いのもあるだろうけれど。

装丁も好き。
しかくくて良い。

コラムと、短歌、別でも良くないですか?
というのは、完全に好みの問題…ですね。

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る