サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

熱帯
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.8
  • 出版社: 文芸春秋
  • サイズ:20cm/275p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-323240-0
  • 国内送料無料

紙の本

熱帯

著者 佐藤 哲也 (著)

熱帯と化した東京を、システムエンジニアが、CIAとKGBが、エアコンを爆破する過激派が、部長もどきが、水棲人が疾走する! 国家機密「事象の地平」とは? 読むだけで汗ばむ暑...

もっと見る

熱帯

1,851(税込)

ポイント :17pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

熱帯と化した東京を、システムエンジニアが、CIAとKGBが、エアコンを爆破する過激派が、部長もどきが、水棲人が疾走する! 国家機密「事象の地平」とは? 読むだけで汗ばむ暑くて熱い灼熱のファンタジー。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

佐藤 哲也

略歴
〈佐藤哲也〉1960年静岡県生まれ。成城大学法学部卒業。コンピュータ・ソフトウェア会社勤務を経て、「イラハイ」で第5回日本ファンタジーノベル大賞を受賞。著書に「ぬかるんでから」「妻の帝国」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.4

評価内訳

「逆プロジェクトX」+「怒涛のスパイ・アクション」+「星のカービー」

2005/01/05 15:40

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:三月うさぎ(兄) - この投稿者のレビュー一覧を見る

水棲人がえらく可愛いと評判なので読んでみたわけですが、ぼくの頭の中では「星のカービー」が三匹並んで「新天地です、新天地です」とゆいながらゴロゴロ転がってるのでした。…か、かわいい(笑)

以下、何を言っているのか分からないと思われるところもあるでしょう。ぼくも分かりません(汗) 真面目にレビューするとこうなっちゃうのです。

この小説、実は前半がビジネス小説、というか「逆プロジェクトX」。広義に不明なもの一般を取り扱う「不明省」の事務仕事をコンピュータシステム化するプロジェクトが、実に10年間に渡り、仕様変更に次ぐ仕様変更で延々と基本計画だけを繰り返す様を、ホメロス風に描写しているのです。システム屋でプロジェクトマネージャー志向な人は楽しめる(というか失敗プロジェクトを想い涙する)ことでしょう。門外漢にはこの部分、退屈かもしれませんが、どうか?
後半は怒涛のスパイ・アクション小説。エアコン室外機爆破テロリストの親玉が「チビめ! 寸足らずめ!」と唸りながら虚空から二十貫目の氷を出現させては誰彼かまわずにぶちまけるわ、同僚の自殺現場を何度もフラッシュバックさせながら西側スパイが一人頑張るわ、元東側のスパイは年金のためにだけに頑張るわ、そんな彼らの足元で可愛い水棲人トリオがゴロゴロ転がりながら「邪魔ですね? 邪魔ですね?」と尋ねるわ。そんなキャラたちが、不明省で管理されているという「事象の地平」をめぐって壮絶にバトルするのです。

どうです。そんな小説なのです。…すいません。ぼくにはこれが限界です(汗) とにかく笑えることは請け合いますので、是非。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/02/18 23:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/09 15:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/03 14:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/05 14:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/27 18:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/15 10:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/07 15:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/28 21:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る