サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. φは壊れたね 森ミステリィの新世界

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

φは壊れたね 森ミステリィの新世界(講談社ノベルス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 164件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.9
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社ノベルス
  • サイズ:18cm/287p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-182392-2
  • 国内送料無料
新書

紙の本

φは壊れたね 森ミステリィの新世界 (講談社ノベルス Gシリーズ)

著者 森 博嗣 (著)

おもちゃ箱のように過剰に装飾された密室で発見された宙吊り死体。死体発見の一部始終は室内に仕掛けられたビデオで録画されていた。D2大学院生、西之園萌絵らの推理は? 森ミステ...

もっと見る

φは壊れたね 森ミステリィの新世界 (講談社ノベルス Gシリーズ)

886(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

おもちゃ箱のように過剰に装飾された密室で発見された宙吊り死体。死体発見の一部始終は室内に仕掛けられたビデオで録画されていた。D2大学院生、西之園萌絵らの推理は? 森ミステリィ新シリーズ。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

森 博嗣

略歴
〈森博嗣〉1957年愛知県生まれ。某国立大学工学部助教授。著書に「すべてがFになる」「黒猫の三角」ほか。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー164件

みんなの評価3.2

評価内訳

紙の本

また大学生の同窓会かい?国立大学の助教授という森にしてみれば書きやすい舞台なんだけど、正直、飽きたかな。でも読めるんです

2004/11/21 19:00

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

新シリーズ開始ということで、まっさらな白い紙に新しい風景が描かれるとばかり思っていたら、反古紙裏からゴミ箱に捨てたはずの話が透けて見えるという、要するに今までのシリーズに新キャラが加わっただけという、なんだこのやろめ、というような話で、しかも登場人物の性格や人間関係まで、単に名前が変わっただけみたいな雰囲気が一杯。ま、それが嫌いかというと、決してそうではないのだけれど。

 死に際のくすくす笑いと
くすぐったい内緒話が、
ほら、足許から聞こえてくる。
「どこからが地面?」
「落ちて止まったところから」

 「おもちゃ箱のように過剰に装飾された
 マンションの一室に芸大生の宙吊り死体が!
 現場は密室状態。死体発見の一部始終は、
室内に仕掛けられたビデオで録画されていた。
    タイトルは『Φは壊れたね』。
 D2大学院生、西野園萌絵が学生たちと
     事件の謎を追及する。
 森ミステリィ、新シリーズいよいよ開幕!!」

    ブックデザイン=熊谷博人
    カバーデザイン=坂野公一(welle design)
フォントディレクション=紺野慎一(凸版印刷)

プロローグ
第1章 密室の中に浮遊する死体の状況について
第2章 しだいに確固となる密室の境界条件について
第3章 記録された映像とΦの謎について
第4章 予感と現実の摩擦あるいは譲歩について
第5章 通じるために開けた穴のリスクについて
エピローグ

殺されていたのがN芸大4年生の町田弘司。彼の死体を発見したのが同じ大学の戸川優と白金瑞穂。で、その二人に巻き込まれる形で現場に入ってしまったのが、C大学大学院M1で建築学専攻の山吹早月、そして彼の友人の海月及介と加部谷恵美。そして山吹の担当であるC大学助教授である30代半ばの国枝桃子で、彼女にくっついた形で事件を解いてしまうのが9歳年下のD2大学院生、西野園萌絵ということになる。

愛知県警からは鵜飼警部補、近藤、三浦という刑事二人の三氏に代表してもらおう。

でだ、巻頭の感想に戻ってしまうのだけれど、もう一つ思ったのが「また大学生かよ」である。若者を描く、ということになれば嫌でも大学生になる、それほどに現代日本の若者は社会人になることよりは大学進学を選ぶ、ということの結果であることはわかるのである。でもだ、もうそろそろ大学生のシリーズはやめてもいいんじゃあないの、そこまで媚びなくても、と思うのである。

ついこの間だけれど、WEBで恩田陸の対談を読んでいた。彼女は乱歩賞をとった小峰元『アルキメデスは手を汚さない』を、学園ミステリとして新鮮な思いで読んだという。しかし、今では学園ミステリはパリの犬の糞なみである。よけて通ろうにも数が多すぎる。自分が大学の助教授であることはわかるけれど、これだけ才能があるのだから、その糞の列に新たな糞を付け加える必要もないだろう。

甘ったれた大学生、しかもそこに必ずやいる傲慢な、あるいは気取った天才学生の推理という構図、これがなくなれば、日本の政治は変わる、そう思うのだよね、明智くん!そうは言いながら、加部谷恵美のつぶやきの思わずにやけてしまうのだから、私も愚かといえば愚かなのだけれどね。

ちなみに、今回の森の文章は、今までのシリーズものに比べれば改行が少なく、オーソドックスなものではあるが、これがいつかはスカスカのリズム重視文に変化していくのだろうなあ、といらん予測までしてしまう私ではあった。それにしても小鳥遊練無みたいな破天荒なキャラがいないのは寂しい。

ただ、本格推理、しかも密室ものとくれば普通ならば押し付けがましいくらいのくだらない密室談義が前面に出てきて閉口するのだけれど、この本に関してはそれは余りない。しかも解き明かされ方は、あくまでスマート。これが出来れば十分というものではあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

有無の力で読者を納得させる森ミステリィ。これが吉とでるか凶とでるかはあなた次第。シリーズ第1作は摩訶不思議な密室殺人。

2004/11/13 15:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エルフ - この投稿者のレビュー一覧を見る

奇怪な密室でオブジェのように吊られた男の死体、そして一部始終を写したビデオΦは壊れたね。
なぜ犯人は密室にする必要があったのか、またビデオタイトルの意味は???
最近のミステリィでは余計な説明と言いますかダラダラと長い文章が多い中で、この作品は実に簡潔、無駄がないです。
また探偵役が誰のか犀川が出てくるのか、山吹なのか、それとも他の人?と期待を込めて読み進めていく楽しさがあります。
相変わらずの詞的な文章と、山吹、加部谷、海月のキャラを活かした会話と無機質さ、森ミステリィを堪能できる新シリーズでした。

推理やトリックに関しては少々物足りなさがあるのですが、新シリーズだという事と学生達の間での謎解きだということを考えればこれでOKではないでしょう。
犀川&萌絵シリーズとは別物でありながら枝分かれしたように根底では繋がっている部分も良いですね、あの二人と国枝先生がスパイス的に入っているのが良かったです。
以前からのファンもニヤリとさせながら、このシリーズから読み始めた人にとっては他のシリーズにも興味がわく、上手いですね。森先生。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

海月くんの“Q”かな。

2004/11/05 15:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:purple28 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 森ミステリィ、ここに極まれり。みたいな(笑)。森博嗣の新作は“Qシリーズ”というようですね。どんな由来があるのかは分かりませんが。ま、Vシリーズだって紅子(venico)さんのVだし、どこかに何か、ちゃんとした理由があるのでしょう(想像できませんが)。

 なんといいましょうか。S&Mシリーズを読破し、Vシリーズはまだ途中なのですが(文庫派なのでね)、四季4部作も読み終えた私としましては、このQシリーズで単純に“森ワールド”を楽しむ術を心得ました。という感じです。Vシリーズあたりから薄々感じてはいたんですけどね、何より、Vシリーズからついてこられなくなった読者もたくさんいたし、それが何よりの証拠なんだと思いますが、ハッキリ言ってしまえば、同人誌っぽいんです、ノリが。ある意味、内輪うけだったりとか、キャラを楽しむ作品になっていたりだとか、そうすると、謎の部分っておまけなんだよね。そしてさらに、各シリーズを通しての壮大な世界観も、同人誌っぽい。というか、らしい。でも、それって逆に、森博嗣の原点に戻ったんじゃないかな、という気もしてますけどね。なので、私にしてみれば、よりいっそう、心から作品世界を楽しみました。で、改めて、ずっとついて行けるなと思ったし、ついて行こうと思いました。

 時系列としては、S&Mシリーズ終了後、短編集に収録された作品の中でも着実に成長していた萌絵たちが、そのまま登場します。主人公となるのは、萌絵が、というか国枝先生が移った研究室に(C大学だっけ)なぜか萌絵がいて、そこに所属する学生たちです。山吹皐月、加部谷恵美、海月久介という3人が主に活躍します。山吹皐月は、久しぶりに会う友人のマンションへ行くのですが、そこで殺人事件に巻き込まれます。過剰に装飾された部屋で発見された死体は宙づりにされ、しかもそこは密室で…。ここにうまい具合に萌絵がからんでくるんですね、当然ですけど。なんだかそういうことを考えていくと、この作品自体が、このシリーズのプロローグのような気がします。

 で、あれって性別誤認トリックなんでしょうか。ま、でも、トリックには使われていないので、伏線でもなんでもないのかなあ。でも、油断してると最後に大きなどんでん返しが来たりするんだよねえ。なんて読み終わってからも考えてたりします。


紫微の乱読部屋

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ライトノベル風にあっさりと読んでも、どっぷり浸かって読んでも、どっちでも面白い。

2004/09/10 18:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:touma_online - この投稿者のレビュー一覧を見る

森博嗣の作品の魅力の一つは、ミステリ小説という道具を使って、新しいものの考え方を示してくれる事です。S&Mシリーズの最大の魅力は、犀川先生という冷徹な人物が、「認識とは何か」「世界とは何か」「学問とは何か」といった熱い考え方を教えてくれる事でした。

そして、本作でも、やはりその魅力は失われていません。

「φが壊れたね」の冒頭で引用されているのは、ある哲学者の言葉。「形而上」「現実」「主体」など、難しそうだけど、ちょっとミステリアスな言葉が並びます。これが、事件の真相とどう結びついてくるのか。「φが壊れたね」というのはどういう意味か。「PATH CONNECTED φ BROKE」という副題の意味は?。

こうした謎が解かれるとき、また新しい「考え方」が見えてくるかもしれない、という予感は、今回は裏切られません。読後には、楽しい思索の旅が待っています。

さらに、ディープなファンなら、犀川先生と萌絵の関係に注目してみたり、今後の展開につながる怪しげな伏線を探してみたりするのも楽しいです。もちろん、新シリーズの登場人物も、微妙に性格がヘンテコなところが、リアルで魅力的。過去の森作品では見られないような親しみやすさです。

以前のシリーズに比べて、事件の構造が明快なので、ライトノベル風にさらりと読んでも解りやすく、どきどきやビックリを楽しめます。一方、作品構造を解体したり分析したりして楽しむマニアックなファンにとっても、いろいろ突っ込みどころのある作品に仕上がっています(←ほめています)。

長年のファンから初めての人まで、幅広く楽しめる懐の深い一冊です。特に、Vシリーズの意味不明さ、先鋭さについていけなかった人にも、安心しておすすめできます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/25 15:52

投稿元:ブクログ

紅子シリーズが得意でないので、犀川&萌絵シリーズが好きだったんですが、新シリーズはまた微妙…ていうか、犀川センセ居ないし…

2004/09/22 22:50

投稿元:ブクログ

森博嗣の新シリーズです。事件の面白さを期待する人には物足りないと思いますが新シリーズ1作目としては非常に読みやすい作品です。

2004/09/23 01:20

投稿元:ブクログ

感想に悩みますね。
なんだかこの1冊のみだとちょっと中途半端な印象があります。
動機の点や謎の解明などが薄いかな。
本当にこれだけなら短編にしてうまくまとめた方がよかったのでは?と思ってしまう反面、これはまだシリーズの序章に過ぎないに違いないのかな?とも思います。
これは再読しないといけないかな。

2004/09/28 19:44

投稿元:ブクログ

森博嗣の新シリーズ、中心は国枝先生と西之園、今回は新規メンバーの紹介みたいな感じもあり、段々性格が変わる西之園の今後も見所か、謎解自体は現場状況の制約からの飛躍が少しもの足りないかな

2004/10/11 22:46

投稿元:ブクログ

新シリーズ。Qシリーズ。良くも悪くも、「へぇ〜」ってところ。
ううううん。犀川先生と萌絵の二番煎じのように感じてしまうんですが、どうなんでしょう。
まだ一作目だし、今後に期待します。

2004/10/06 11:15

投稿元:ブクログ

森さんの講談社ノベルスは『四季』だけが上下段ぶち抜きなのだろうと思っていたんですが、これからは全部このスタイルになるんでしょうかね?
『すべてがFになる』から『赤緑黒白』に至るまで、短編集も含めてすべての作品で活字が上下段に組まれていたので、プロローグだけでなく本文も一段になってるのを見てすごくびっくりしました。
ええ、内容が面白いから表記は本当はどうでも良いのですよ、良いのですけど、活字の分量的に一日で読めてしまうのはもったいない気がしました。
いろいろ言いたい感想もあるのだけど悉くネタバレになってしまいそうで、うまく言えそうにありません。なので今は「面白かったです!」だけにしておこう。

2005/04/25 11:08

投稿元:ブクログ

この作品はS&Mシリーズから数年後の同じ舞台で繰り広げられる。山吹、海月、加部谷という新キャラクターを中心として、大学の先輩である西之園を筆頭にS&Mシリーズのキャラクターがかなり登場する。しかし、あくまで視点はメインキャラの3人に絞られており、海月という無口な男性が探偵役をすることになる。西之園が警察関係に顔が利くという設定のため事件の情報を落としてくれるという役割をしている以外は、ほとんど顔見世に留まっている

2004/12/24 22:14

投稿元:ブクログ

森博嗣の新シリーズはじまる。

【感想】
http://plaza.rakuten.co.jp/tarotadasuke/diary/200412040000/

2013/01/26 08:59

投稿元:ブクログ

長編小説。Gシリーズ第1巻。第一印象、文章が独特。この著者の本を読むのが初めてで、どのシリーズから手をつけるのが正しいのか分からず、とりあえず1巻と名のつくこれを手にとったが、シリーズ的には番外編っぽい印象。密室トリックネタ。3分の2ページを進んでもなかなか解決の糸口が見つからず、大抵の推理小説は「小説」らしいのに比べると、現実的に思える。よくこれだけ引っ張れるなと感心するが、個性がはっきりした登場人物たちがもうそろそろ何かするだろうという期待と、すっきり終わるんだろうかという不安が原動力。ちゃんとトリックはとけるので、安心できる。

2004/10/12 15:49

投稿元:ブクログ

 おもちゃ箱のように過剰に装飾された密室で発見された宙吊り死体。死体発見の一部始終は、室内に仕掛けられたビデオで録画されていた。D2大学院生、西之園萌絵らの推理は? 新シリーズのスタート。(2004/10/4読了)

 新シリーズということで、物語の本筋以上に、登場人物の中の誰がレギュラーメンバーとなるのか、探偵役は誰なのか、といったことに意識が集中していたような気がする。
 前2つはS&M、Vシリーズと呼ばれていたけれど、今度はQシリーズというらしい。
 Q……どれがQなんだ……なんて考えてる時点で、本筋とはかけ離れてるし(笑)。

 それはそうと本筋について。
 む、難しいんですが。
 特に“φ”の意味というか使われ方が、予備知識のない私にはいまいちスッキリしなくて。
 全体的に、抽象的な感じでした。

2004/10/14 14:09

投稿元:ブクログ

ノベルス一段組みって…ならばもっと薄くして欲しい。萌絵は便利屋さん的存在に成り下がってしまったような…。中身も出し惜しみしてそうな雰囲気だし、シリーズ全部読んでねってことですかね。

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る