サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree第三弾 ポイント5倍キャンペーン(~11/5)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

倒錯の帰結(講談社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.9 25件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.9
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/1冊
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-274853-3
文庫

紙の本

倒錯の帰結 (講談社文庫)

著者 折原 一 (著)

袋とじあり【「TRC MARC」の商品解説】

もっと見る

倒錯の帰結 (講談社文庫)

926(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

ほしい本に追加

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

首吊り島
倒錯の帰結
監禁者

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー25件

みんなの評価2.9

評価内訳

紙の本

1粒(冊)で2.5度おいしい

2004/11/06 22:01

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うさしー - この投稿者のレビュー一覧を見る

見るからに面白そうな本の形態で、前からと後ろからと読めるようになっている。そして真ん中に袋とじ。

前から始まるのは「首吊り島」
新潟県の孤島、魚釣島・通称「首吊り島」に探偵として送り込まれた推理小説家・山本安雄が新見家でおこる連続密室殺人事件に挑む…という話。

後ろから始まるのは「監禁者」
東十条のアパート「メゾン・サンライズ」203号室に住む推理小説家・山本安雄は102号室に監禁され、監禁者好みの推理小説を執筆するよう強要される。201号室の住人が気付くのだが…という話。

この二つの話が袋とじの部分で合体!!

この形態だけでも十分楽しい仕掛けなのに、読むともっと楽しい。
特に「監禁者」の中盤あたりからは今まで(倒錯シリーズ)が今までだったので、ウラを読もうとしてしまい、読んでいてもかなり混乱してしまい、主人公の混乱と自分の混乱と混同してしまいそうです。

この本はどこから読んでも問題ありませんが、初めて読むときは作者の勧めるように、「首吊り島」「監禁者」「袋とじ」の順番で読むのが良いです。
さらに言うなら、他の倒錯シリーズ「倒錯のロンド」「倒錯の死角(アングル)」を先に読むと楽しさ倍増です。「ロンド」と「死角」はちょっとリンクしているかなぁ位なのですが、この「帰結」にはそれぞれの世界が、がっつりリンクしているからです。

倒錯シリーズは読めば読むほど混乱し、疑ってしまいます。本当にこの結末で終わりなのでしょうか。さらにひっくり返って…なんてことはないですよね?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

狂気とも言えるトリックにかける熱意(?!)。その試みはエンドレスループ。

2012/01/24 15:03

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:惠。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

『倒錯のロンド』、『倒錯の死角』に続く倒錯三部作第三弾。

何度も書くが、折原一といえば叙述トリックだ。
読者の先入観をうまく利用して、
読者をあっといわれせるトリック。

うまく騙されたときの爽快感と言ったら…
口ではうまく表現できそうにない。
それくらい、気持ちいい。

しかし何作か叙述トリック作品を読んでいくと、
当然、読者の目は肥えてくる。
理屈はなくとも「勘」で、トリックポイントの見当もつくようになってくる。

そんな読者を驚かせようと思えば、
作者はそれこそ血のにじむような努力をせねばなるない。
でないと…飽きられてしまう。
読者は新しい刺激を常に追い求め、
その探究心は遠慮を知らない。

といったことを、
なんと著者は作中である人物に語らせている。
このユーモラスな感覚、素晴らしいではないか。
「ちゃんと」わかっているのだ、著者だって。
でもってその危機感を逆手に取って作品に閉じ込めてしまった。

加えて、三部作のラストを飾る本書には
もっと大きな仕掛けも用意されている。

本書には二篇の作品が収録されている。
ただし、前から一篇と後ろから一篇という閉じ方だ。

この遊び心もわたしの好み。

叙述トリックは確かに好きなのだけれど、
折原氏が描くそれには少々飽きてきていた。
そこにきてのこのお遊び。
また心を鷲掴みされてしまった。

叙述トリックなので内容については触れられない。
なにがネタばれにつながるかわからない。

ただ、感想をひとこと言うと、
狂気じみていて、好き。
そして、エンドレスループ。


もうひとつ驚いたことに、
著者はこのあと『倒錯のオブジェ――天井男の奇想』という作品を上梓し、
三部作を四部作にしてしまった…。
ここまできたら、それも読んでやろうじゃないか。



『倒錯の帰結』収録作品
・首吊り島(前から)
・監禁者(後ろから)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/02/08 10:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/01 20:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/15 19:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/06 16:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/29 18:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/31 00:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/10 11:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/14 12:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/29 12:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/12 04:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/14 02:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/10 23:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/07 00:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る