サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 猫と魚、あたしと恋

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

猫と魚、あたしと恋(光文社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.9
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社文庫
  • サイズ:16cm/321,4p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-73744-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

猫と魚、あたしと恋 (光文社文庫)

著者 柴田 よしき (著)

猫と魚、あたしと恋 (光文社文庫)

596(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

トム・ソーヤの夏 7-46
やすらぎの瞬間 47-76
深海魚 77-110

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.0

評価内訳

2004/10/05 23:21

投稿元:ブクログ

恋愛、結婚をモチーフにしたサスペンス短編集。悪くないですけどね。ケレン味の強い柴田作品は短編だと時として二時間ドラマのダイジェスト版を見せられた気にもなってしまう。

2004/10/20 16:54

投稿元:ブクログ

●抜粋●猫は水が嫌いなのに、どうして魚が好きなんでしょう?女の子は辛いこと、苦しいこと、めんどくさいことなんかみんな嫌いなはずなのに、なぜ、いつも恋を追い掛けているのでしょう?辛くなく、苦しくなくて、面倒でもない恋なんてどこにも転がっていないって、みんな知っているのに。

2006/02/22 19:10

投稿元:ブクログ

短編集。どこかちょっとおかしくて危い女性たちの恋のお話です。ミステリーもちょっぴり楽しめます。何でこのタイトルなんだろうっていうのも納得ですネ。

2011/03/12 23:11

投稿元:ブクログ

普通に壊れてしまう"あたし"たちの話。
ストーカーの「深海魚」と、人のものが欲しくなる「どろぼう猫」が面白かった。

2007/06/18 14:10

投稿元:ブクログ

どこにでもいそうな女性達を主人公にした9つの短編を収録。この9人は、本当に普通で平凡な暮らしをしているのに、好きになったり、愛したり、生きたり、働いたりしている間に、知らず普通を逸脱していく。外れるのも、壊れるのも、本当にちょっとしたきっかけと行き違い。だからこそ、この9つの物語は、いつか私自身にも振りかかってくるんじゃないかと、背筋をゾクリとさせられる。ありふれた日常は頑強なようでいて、実はすごく脆いってことを感じさせるミステリー集。

2008/06/30 11:45

投稿元:ブクログ

まず表紙の絵が好き。笑
短編集で、オススメは「深海魚」
香子という女性が、裏切った男に対して行う愛の儀式。ちょっと怖いかも。

2010/06/13 10:16

投稿元:ブクログ

9つの壊れた愛。

久しぶりに女性の泥々とした恋愛ものに手を出した。
短編である事と、柴田よしきさんだからそんなにひどくないだろう、という読みが当たってホッとした。
泥々、というよりは、「狂って、壊れた愛」という方が正しいか。
恋愛とはある種そういった狂気をはらんでいる部分が無きにしもあらずだが。壊れているけど、そんなに汚くない。

ちょっとテイストの違うのが「花のゆりかご」。
京都に越した「私」と近所に住む老婦人の話。
これは母の愛の向く先・・・という事なのか。

2009/10/04 09:18

投稿元:ブクログ

背表紙から抜粋。
『「猫は水が嫌いなのに、どうして魚が好きなんでしょう?
 女の子は辛いこと、苦しいこと、めんどくさいことなんかみんな嫌いなはずなのに、なぜ、いつも恋を追い掛けているのでしょう?」(「あとがき」より)
 不倫、万引き、覗き、睡眠障害……。日常を生きるために、恋をまっとうするために、普通に?壊れて?しまう?あたし?たちをストレートに描く九編。』



あとがきにある、「猫は〜」にひかれて手に取ってみた。

中を開くと、そこには様々な、クセのある色恋が広がっていて、おもしろい。
腹黒い恋愛の駆引き、きっと僕には真似できないな。と思いながら、読み進めていくうちに読み終わってしまった。

印象に残ってるのは、ストーカー女の話とか友人に夫を取られてしまう女の話とか、オチでギクリとさせられる話。

最後の話の余韻が、透き通った水色のふわんとした感じで、読後、深く落ち込ませないでくれてよかった。
是非、狂った恋愛好きな方にオススメ。

2012/01/12 21:38

投稿元:ブクログ

「壊れた女」であること

"この本を手にしたあなたも、「壊れた女」であるか、「壊れた女」に惹かれてしまう人なのだろう。"

とは、解説にあった文章。

うん、まぁおもしろかった。


けど、そんな言うほど怖くもなく、難しくもなく、何も考えずに暇つぶしに軽く読める本だった。

2016/01/30 19:21

投稿元:ブクログ

柴田さんの良いところが表現されていた。善人でも悪人でもない主人公はある意味リアルだと思う。
生きていく切なさ、悲しさ、苦しさ、、、大げさじゃないストーリーの中につまっていました。

2011/02/07 03:55

投稿元:ブクログ

女の子は辛いことや苦しいことが嫌いなハズなのに、
なぜいつも恋を追いかけているのでしょう?
恋をまっとうする為に少しずつ壊れていく「あたし」たちを描いた、
恋愛サスペンス短編集。

***

サスペンスっていう文字を見落として買っちゃった。
あんまりサスペンスものは読みたくなかったけど。
なかなか楽しませてもらいました。

でも怖かったよー。
でも一歩間違えば誰でも「あたし」になる可能性はあるから、
それを考えるとまた怖い。
26年生きてきてそれなりに色んなタイプの女の子を見てきたけど、
いい意味でも悪い意味でも「こえ~!」ってほとんど思ったかも。

話はガラっと変わって。
今までは男友達の方が楽でいいかも~って思ってたけど、
やっぱ女友達っていいなっていうのを痛感する今日この頃。
そしてやっぱり私は友達運がいいって再認識した。

昨日みんなでごはん食べてる時、
友達の頼んだチキン南蛮が気になって「味はどう?」って聞いて、
さっわやかな笑顔で「うん、不味いよ!」って答えられた時には、
うわーこいつ大好きだーって思った。
女友達いいわー。

2012/01/24 19:42

投稿元:ブクログ

猫は水がきらいなのに、どうして魚がすきなんでしょう?女は辛いことがきらいなのに、どうして恋をするのでしょう?不倫、万引き、ストーカー・・・"壊れた"女9人が主人公。後味が悪い。でもつい読んでしまう。私は「化粧」が好きです。夫の浮気、姑との衝突に悩み、生活を壊してしまう女。最後、姑とのラストのやりとりが好きでした。でもそんなに印象に残る本・・・・ではなかったかな。

2016/11/28 09:21

投稿元:ブクログ

なんでこれ借りてきたんだろう。と、謎のチョイスですが、やはり中身もそんな感じでした。

短編だから深く掘り下げるのは難しかったのかもしれないけれど、恋愛としてもなんだか中途半端。ミステリーとしてもうーーーん。という少々先が見える展開。

あとがきに、狂った女の恐怖。

と、ありますが、まま女は狂ってるところがありますしねぇ。私も私の友人やら周りの人間見渡しても、もっと恐ろしい女多いです。

静かに狂う女ってのは恐ろしいもんですょ。



だもんで、この小説に出てくる女も狂ってるは狂ってるが、まぁなくもない。という、そんな風に思うわけで、狂った女から見ればさほどの感慨もないものでした。笑

光文社文庫 ランキング

光文社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む