サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生
  • 発売日:2004/08/28
  • 出版社: 偕成社
  • サイズ:20cm/342p
  • 利用対象:中学生
  • ISBN:4-03-726710-1

紙の本

タトゥーママ

著者 ジャクリーン・ウィルソン (作),小竹 由美子 (訳),ニック・シャラット (絵)

【ガーディアン賞(2000年度)】全身に色とりどりのタトゥーを入れたマリゴールドは、気まぐれで、お酒が好きで、働くのはきらい。おねえちゃんは、おこってでて行っちゃったけど...

もっと見る

タトゥーママ

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【ガーディアン賞(2000年度)】全身に色とりどりのタトゥーを入れたマリゴールドは、気まぐれで、お酒が好きで、働くのはきらい。おねえちゃんは、おこってでて行っちゃったけど、あたしにとっては世界一すてきなお母さんなの…。少女の母親への愛情を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ジャクリーン・ウィルソン

略歴
〈ウィルソン〉1945年イギリス生まれ。ジャーナリストを経て作家に。児童書を中心に、犯罪小説、脚本なども手がける。スマーティーズ賞、ガーディアン賞などを受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「それでも大好きだよ、マリゴールド」という、ドルの声が聞こえるようです。

2004/12/11 03:45

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:花の舟 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 マリゴールド、スター、ドル(ドルフィン)の3人家族の絆を描いた物語。
 悲惨にも卑屈にも描こうと思えば、いくらでもそう描ける要素が溢れかえっているのに、この明るさと強さと、清らかさは何なのでしょう。作者ジャクリーン・ウィルソンの、人間への信頼が揺るぎないものであるからこそ、描き得た物語だと思われます。
 10歳のドルが語り手となって、風変わりなママ、自分より先に大人びていく姉・スターとの齟齬、貧しく切羽詰まっているはずなのに、どこかあっけらかんとした暮らしの様子などが、ユーモアを交えながら描かれていきます。
 ドルとスター(13歳)は異父姉妹。タイトルからわかるように、ママのマリゴールドは全身タトゥーだらけの、気持ちの赴くままにしたいことをする、無責任な人物。なのに、どうにも魅力的な人物として、物語の中から立ち上がってきます。例えば、彼女のタトゥーは、悪ぶるためのものじゃない。一つ一つ大切な自分なりの意味が籠められています。本人は至って真面目で、純な心根で生きたいように生きていることが、読み手にある種の心地よさをもたらすのだと思われます。私などは、いい母いい妻いい嫁たらんと無理をして、夜叉のような貌になっていると自覚しつつも、自分可愛さに保身に回ることが常ですもの。
 ある日、マリゴールドは永遠の恋人として恋い焦がれていたミッキーとの再会を果たし、そこからこの家族の至難の時が始まります。
 彼の娘であるスターは、本当のパパの出現に舞い上がり、ミッキーと意気投合して、世間体の悪いマリゴールドを見捨てるように、彼の元へ身を寄せてしまいます。これまではママの代わりにドルの世話をし、やりたいことも我慢してきた経緯があるのです。13歳ともなれば、もう充分大人や親を批判し、世間の目で「平均」以下か以上かを見分ける事ができるのです。誰がスターを責められるでしょうか。
 ドルの立場は、微妙にみそっかす的なものになってしまいますが、ドルは、ちゃんとわかっているのです。ミッキーという男が、恋人も娘も、まるでアクセサリーのように、自分を飾る都合のいいものとして見ている人間であることを。
 見捨てられたマリゴールドの精神が、徐々に歪み始め、ドルの心配をよそに最悪の事態が起こります。ここからラストまでは、ぎゅっと心臓を掴まれるような、緊張の連続でした。
 たった一人のママのため、たった一人の友人・オリヴァー(男の子)の助けを借りながら、ドルの奮闘はもの凄かった! 一時的に里親として、面倒を見てくれたジェインおばさんが、素敵な人だったことが救いでした。
 シリアスでシビアな展開なのに、目を塞ぎたくなるような閉塞感がないのは、ジャクリーン・ウィルソンの力量ですね。ドルと私が一体になり、ラストまで駆け抜けたような充実感を味わいました。
 スターも、ミッキーの本性を知って戻って来ました。鼻にダイヤのピアスをしていましたけれど。それを見たマリゴールドが何と言ったと思います? まるで、フツーのお母さんのように…。
 もう、憎いほどジャクリーン・ウィルソンの手中に墜ちて、親子、家族、そういった絆の不思議さ、強さに、改めて思いを致したのでした。家族だから、ではなく、人として惹き合うものを確かめられたドルたち。ママを「どんなふうでも大好きだよ」と思う、ドルとスターをぎゅうっと抱きしめたい気持ちで一杯になりました。
 最後に、マリゴールドのタトゥーが、各章のタイトルの上に配されています。なかなか、可愛かったり、意味深だったり、章の内容を示唆していて、面白いですよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

子どもから大人まで全ての年代の方々に読んでいただきたい作品です!

2004/10/14 22:41

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナカコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「刺青をしてるお母さん」って聞いただけでちょっとひいてしまいますね。ちょっとコワイ人なのかな?って。 この本の主人公、小学生のドルフィンのお母さんマリゴールドは、ちっともコワイ人ではありません。かなり精神的にムラがあってひやひやさせられるけど、若くて美人でおしゃれで絵を描くのがうまいドルフィンやお父さんの違う姉スターが心から愛しているお母さんです。もちろん周囲の人たちは、体中に刺青をした生活保護を受けている未婚の母を普通だとは思っていません。わたしも近所にそういう家族がいたら近寄ろうとしないかもしれません。でもこの本の著者と訳者のおかげで、わたしはこの「ふつうでない」家庭の母と子の愛情や葛藤を我が事のようにいらいらしたり、喜んだり、心配したり、涙を流したりしました。だって、程度の差はあれ、誰の親でもこどもから見てちょっと困ったところはあるでしょう? またこどもを持つ人は、完璧な親にはなれるものではない、自分もちょっと困った親だと自覚している人も多いのでは? 私自身も子や親とのかかわりの中で日々葛藤しているし、自分がかなり困った人間だと思うことがよくあるので、時には母の立場から、時には娘の立場からこの本を興味深く読みストーリーにすっかりハマりました。
 きっと全ての年代の方々が共感できる作品だと思いますので、幅広い年代の方々に読んでほしいです。特に後半のドルフィンにとって長ーい一日の描写は大人の人の胸をうつでしょう。わたしは涙なくしては読めませんでした。小学生の皆さんは、ドルフィンの想像力にとっても楽しませてもらえるでしょう。「魔女の服」を着たドルフィンはその豊かな想像力でいじめっ子や、ヤな先生をやっつけたりします。そのあたりの描写は本当に愉快です! それから欲しくてたまらなかったけど欲しいと言えなかったお人形と想像の世界で親友になったりするところもあります。小学生の皆さんもそんな想像をしたこたがきっとあるでしょう? 中学生の皆さんは、思春期のスターのふるまいがかっこよく見えたり、ときどき子どもっぽさが抜けきれてなかったりするところに苦笑するでしょう。ボーイフレンドができるところも興味しんしんでしょう。
 またマリゴールドにとっての刺青の価値や意味が何なのか、お楽しみに! 挿絵もとっても楽しめます。
 訳者の小竹さんのあとがきを見ると、この作品はウイルソンさん自身が自分の作品の中で一番好きな作品なんだそうです。本当にいろいろな点で素晴らしい作品です! 日本語訳もとっても自然で、訳書にありがちな意味不明なつながりもないのでスムーズに楽しく読み進められます。オススメです!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ぶっとんだ母親

2016/02/02 22:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ぶっとんだ母親で驚きました。
それでも親子の愛情が感じられてよかったです。
はらはらする展開でこの家族はいったいどうなるんだろうと一気に読めました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/10/17 19:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/22 22:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/09 16:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。