サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

寡黙な華(SHY NOVELS(シャイノベルズ))

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

寡黙な華 (Shy novels)

著者 榎田 尤利 (著)

「では、接吻の作法を教えてやろう」 桜林院侯爵家の跡取り候補として、三峯邦彦は桜林院家を訪れ、数年ぶりに従兄の千早の姿をみつける。幼い頃は実の弟のように可愛がってもらった...

もっと見る

寡黙な華 (Shy novels)

929(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

寡黙な華

918 (税込)

寡黙な華

ポイント :8pt / 紙の本より11おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「では、接吻の作法を教えてやろう」 桜林院侯爵家の跡取り候補として、三峯邦彦は桜林院家を訪れ、数年ぶりに従兄の千早の姿をみつける。幼い頃は実の弟のように可愛がってもらったが、いつしか千早は姿を消していたのだ…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

寡黙過ぎた男のお話

2013/09/16 17:56

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はにーとーすと - この投稿者のレビュー一覧を見る

櫻林侯爵家の嫡男、千早(受け)と櫻林院侯爵家の跡取り候補、邦彦(攻め)のお話です。
幼いころほんの1年間だけ一緒に暮らした幼馴染の2人。
18年ぶりに再会した千早と邦彦でしたが、立派に成長した邦彦に気が付かない千早。
そしてそれを責める邦彦。そんなところからお話は始まります。
邦彦視点と千早視点をうまく絡めながらの展開です。
簡単に言えば邦彦の執着愛のお話です。
邦彦視点で語られる場面が多いので千早への愛ゆえの行動の執着なのが手に取るように分かります。
邦彦って千早よりも寡黙過ぎて自分の気持ちを伝えません。千早に強引に迫ります。
でも、その行動の理由が全く分からない千早からしたら怖いですよねぇ。
その気持ちのズレから起こる様々なすれ違い。
読者側からは手に取るように二人の気持ちが分かってとても読みやすいお話でした。
執着愛ですがそんなに重たくもなく、さらさらっと最後まで読めます。
途中無理やり押し倒してしまうシーンがありますので苦手な方はお気を付け下さいね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/07/13 11:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/15 08:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/19 10:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/25 01:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/20 20:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/20 02:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/19 19:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/28 09:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/10 15:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/05 20:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/11 22:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る