サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

ブックオフ宅本便ページ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ゆめつげ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 81件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.9
  • 出版社: 角川書店
  • サイズ:20cm/285p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-873559-4
  • 国内送料無料

紙の本

ゆめつげ

著者 畠中 恵 (著)

江戸は上野の端にある神社で神官を務める粗忽な兄としっかり者の弟。兄に夢告の能力があるという噂を聞きつけて舞い込んだのが、大店の行方不明の一人息子の行方を占ってほしいという...

もっと見る

ゆめつげ

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

江戸は上野の端にある神社で神官を務める粗忽な兄としっかり者の弟。兄に夢告の能力があるという噂を聞きつけて舞い込んだのが、大店の行方不明の一人息子の行方を占ってほしいという依頼だったのだが…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

畠中 恵

略歴
〈畠中恵〉1959年高知県生まれ。名古屋造形芸術短期大学ビジュアルデザインコース・イラスト科卒業。2001年「しゃばけ」で日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞してデビュー。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー81件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

若だんなシリーズとはひと味違った時代劇

2004/12/20 18:49

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちょも - この投稿者のレビュー一覧を見る

 畠中恵さんの新作。若だんなシリーズとは別物だが“百万の手”の様な現代物ではなく時代劇。やはりこの方にはこちらの方があっているように思う(現代物もまだ百万の手一作だから決めつけは出来ないけれど)。
 若だんなシリーズとは異なり妖怪変化の類は出てこないが主人公で小さな神社の禰宜を務める川辺弓月には不思議な力が備わっている。タイトルからも想像できるかも知れないが“夢告”すなわち、夢によって未来を占うことが出来る。
 ことの発端はこの夢占いを行ってほしいというある大家からの依頼。大火でひとり息子を行方不明にしてしまってから約十年。今になって大火の時に拾ったコドモがそうではないかと一度に三人も名乗り出た。この三人の中から本当の息子をゆめつげで見てやってほしいというのがその依頼。しっかり者の弟を連れて弓月は三人の待つある神社に向かうのだが…。
 幕末という激動の時代とその時代における神官という特殊な立場が絡んでやけに話が大きく展開していく。少々暴走気味かなと思わないこともなかったがその分展開が早く一気に読めた。若だんなシリーズのようなほのぼのとした感じではなく切った張ったのシーンでは“ちゃんと”死人も出るし、弓月はゆめつげを行うたびに血を吐く始末。といっても別にホラーやスプラッタではなくちょっとのんびりした性格の弓月を叱咤激励するしっかり者の弟との掛け合いはなかなか面白い。また、三人から本人を判定する手段としてある著名なミステリーと似たような手法が出てくるところは(話の本筋とは関係ないところなので)ご愛敬か。本作の終わり方だと次回作、シリーズ化を期待するのはちょっと難しいかも知れないが(といってもないとは言い切れない雰囲気)。弓月シリーズか若旦那シリーズかそれとも完全な新作か、次回作が早く読みたくなることには変わりなし。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

内容紹介

2004/09/02 15:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:bk1 - この投稿者のレビュー一覧を見る


江戸は上野の端にある、小さな社で神官を務める弓月と信行の兄弟。神主である父を支えて、つつましく暮らしている。
粗忽な兄としっかり者の弟という、世間ではよくある組み合わせの二人だが、兄・弓月には「夢告(ゆめつげ)」の能力があった。
「夢告」とは神社が行う神託のひとつで、夢の中で神が語りかけてくるものとされている。いわば神の啓示である。人間の力では解き得ない謎に答えを与えてくれるものである。ただ、弓月の夢告は、どこかすっとぼけていて、いなくなった猫を探してほしいと頼めば、とっくに死んで骨になった猫をみつける、という具合なのだった。
そんなある日のこと、遥かに社格の高い白加巳神社の神官が、弓月の夢告を借りたい、と申し込んできた。大店のひとり息子の行方を占ってほしいのだという。自分の夢告に自信はまったくないものの、家の雨漏りの修理代でも貰うことができれば…と、信行に付き添われおそるおそる白加巳神社に出向いた弓月だったが……。
迷子探しのつもりが、幕末の神社機構の改革に絡む陰謀に巻き込まれる二人。果たしてここから無事に戻れるのか?
時代小説の醍醐味とサスペンスのどきどき感が味わえる快作。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/09/21 13:18

投稿元:ブクログ

弓月は若旦那に似てます。頼りない兄と、しっかり者の弟。このコンビはほのぼのとしていて、とてもよかったです。

2004/10/15 13:18

投稿元:ブクログ

時は江戸時代末期。とある小さな神社の神官兄弟がとある事件に巻き込まれます。兄の弓月がみる夢のお告げ(夢告−ゆめつげ−)がしめすものとは?

頼りない兄をささえる、しっかりものの弟。頼りないようにみえて、きめるときにはきめる兄。しかも時代は江戸時代。畠中恵さんが得意(?)とする設定ではありませんか?!!
登場人物の魅力的には『しゃばけ』、『ぬしさまへ』、『ねこのばば』の若旦那たちには及ばないもののしっかり読ませてくれます。若旦那シリーズ(?)は短編ですが、『ゆめつげ』は単行本一冊丸々長編なので、その点でも読み応えある作品かと。

長編だからテンポが悪くなるとかは全くなく、午後9時から読み始めてから午前1時に読了と一気読み。めちゃめちゃドキドキしてしまう作品ではありませんが、畠中恵ワールド健在で安心してオススメできる一冊です。

2004/10/27 13:24

投稿元:ブクログ

10/21購入。10/26読了。お気に入りの作家さんの新作。1日で読んでしまった・・・もったいない。

2004/10/21 01:19

投稿元:ブクログ

『しゃばけ』シリーズで大ブレイク中の著者が贈る、軽妙な和風ミステリ!
江戸は上野の端にある神社で神官を務める粗忽な兄としっかり者の弟。
兄には夢告の能力があった。
その噂を聞きつけて舞い込んで来たのが、大店の行方不明の一人息子の行方を占ってほしいという依頼だったのだが……。
との事らしいです。
まだ読んでないので積ん読で。

2005/01/07 19:39

投稿元:ブクログ

 畠中 恵さんの時代物。しゃばけや、ねこのばばで出てくる妖怪たちは今回は一休み。
 代わりに、夢告と呼ばれる、夢で見えぬものを見る能力を持つ神官が主人公。
 その能力をかわれ九年前に行方不明になった新太郎という名の子を探すように頼まれる。
 話が進むにつれ、人が殺されてしまうが、生臭さを感じさせないのはこの作者さんの特徴だろう。謎解きとしては、何が謎かしっかりと提示されないまま話が進むので、少々退屈はする。神社に関する難しい単語が出てくるのも、退屈さを助長されてしまう。だが、終盤あたりで、やっと筋が見えてきて、「おぉ!」ではなく「なるほど」「あぁ、そうだったんだ」と思う。では、何が読み進める力をあたえるかと言えば、主人公の体調だ。
 夢告は体に負担がかかる、と説明されているが、主人公は中盤から終盤、ずっと死にそうだ。いつ、ぶっ倒れても反応しなくなってもおかしくない。主人公の弟も夢告をしては現実に帰れない兄をよく殴る。瀕死の状態になると流石に心配する。
 そんな瀕死の主人子の視点で読むので、読んでるほうが余計な心配をしてしまう。
 頼りない主人公がお好きな方、時代物で微ファンタジーがお好きな方。ねこのばば、ぬしさまへでは何か物足りなかった方、おすすめです。

2005/02/22 13:10

投稿元:ブクログ

うーん。残念。簡単だった分、つまらない…。否、面白いかもしれない。でもちょっと期待が大きすぎたんだろうか?もうちょい人間描いてほしかったなぁ。なんか、起きた事柄を描いている観が…。畠中恵さんは、時代物の温かくってそしてひょうひょうと生きているとっても素敵なキャラクターを作るのが上手いと私は勝手に思っているのだが、今回はそれがあまりうまく使われていなかったような…。時代と、神官の話とか、織り交ぜちょっと社会的にした当たりの狙いはわかるのですが…。
やっぱりしゃばけとかみたいな、人情たっぷり感がみたい!と、期待していたので、ちょっと物足りなかった。

2004/12/04 01:08

投稿元:ブクログ

舞台を現代においた「百万の手」では首を傾げさせられましたが、江戸末期を舞台にしたこちらは佳作。
兄弟のやりとりや、事件と、解決とその後の始末のつけ方まで、綺麗にまとまっていて、なおかつ浸れるだけの余韻を残してます。
結局のところ、わたしはこの作者の人物の温かい書き方が好きなので、どんなに構成が甘かろうとも読むと思うのですが。

2004/11/18 15:09

投稿元:ブクログ

実は時代ものは苦手だったりするんだけど、これはかなり楽しめた。
暗い時代背景の割りにはテンポが良く快活だから、サクサクと
読み進めることができる。

それに主人公がとてもユニーク。
頼りないんだけど、芯が強く正義感に溢れてる。
まさしく、読者が肩入れしちゃう要素たっぷり。
「夢告」という占いの興味深さや、幕末という時代背景に
絡めて物語が進行する様子もすごい楽しめた。
続編を期待したい小説。

2008/03/12 16:58

投稿元:ブクログ

表紙の不思議なデザインに惹かれて、通学のお供に。

主人公・弓月のゆめつげは妙に当てにならない代物。猫を探してくれと依頼されれば死んだ猫が見つかる。
でもある日、大きな依頼が舞い込んできて…

読んでいてはらはらしました。
あちこちで血が流れ…ちょっと痛々しい
読み終わると「ああ、そうなのか」と納得しつつ、なにか胸につっかえるようなすっきりしない後味。謎かけされた気分です。

2006/10/03 23:21

投稿元:ブクログ

舞台は幕末のミステリー。「夢告」という特殊能力を持った神官が主人公のファンタジーで、なんで敢えて幕末なんだと思ってたら、最後で「そう来たか」と思いました。そういう方面に興味のある身としては、目からウロコが落ちた気分です。
何より神官兄弟の掛け合いがいいです。もうちょっと信行(弟)の出番があってもよかったんじゃないかと。

2009/12/10 18:40

投稿元:ブクログ

夢の中では見えざるものが見える……はず? 大江戸・不思議・騒動記!小さな神社の神官兄弟、弓月と信行。しっかり者の弟に叱られてばかりの弓月には「夢告」の能力があった。が、それは全く役に立たないしろもの。ある日、迷子捜しの依頼を礼金ほしさについ引き受けてしまうのだが……()なかなか、ハラハラドキドキの物語。次第に暴走し始める夢がとんでもないことに!?

2006/05/04 03:58

投稿元:ブクログ

「しゃばけ」シリーズでおなじみ、畠中恵さんの作品。でもしゃばけを念頭において読むと、ちょいとギャップが…。特にはじめの方は、わけも分からず人が殺されていくというミステリー。すごく優しくて良い人のはずだった彰彦さんもなんだかあやしげに思えてくるし。唯一の救いは弓月のとぼけたキャラくらい。そこに少しだけしゃばけに通じるものが見えるかもしれない。

2006/08/03 20:57

投稿元:ブクログ

・レビューではわりと評価が別れるようですが、面白かったと想います。なんてナイスな兄弟。シリーズにしてくれたら嬉しいけど無理だろうなあ。ラストもわりと好みです。早々に弟にはバレそう(笑)・短編の方が面白いとか言われるが、まあそのへんはね…。夢の描写の不安定な感じが、うまいとおもいました。