サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 有栖川有栖の鉄道ミステリ・ライブラリー

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

有栖川有栖の鉄道ミステリ・ライブラリー(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.10
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/391p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-191308-X
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

有栖川有栖の鉄道ミステリ・ライブラリー (角川文庫)

著者 有栖川 有栖 (編)

有栖川有栖の鉄道ミステリ・ライブラリー (角川文庫)

720(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

青いスパンコール オースチン・フリーマン 著 7-35
地図にない町 フィリップ・K.ディック 著 37-60
メビウスという名の地下鉄 A.J.ドイッチュ 著 61-94

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.7

評価内訳

2010/06/23 08:07

投稿元:ブクログ

(収録作品)青いスパンコール(オースチン・フリーマン)/地図にない町(フィリップ・K.ディック)/メビウスという名の地下鉄(A.J.ドイッチュ)/高架殺人(ウィリアム・アイリッシュ)/4時15分発急行列車(アメリア・B.エドワーズ)/泥棒(雨宮雨彦)/江ノ電沿線殺人事件(西岸良平)/0号車臨時列車魔法(江坂遊)/田園を憂鬱にした汽車の音は何か(小池滋)/箱の中の殺意(上田信彦・有栖川有栖)

2004/11/11 22:42

投稿元:ブクログ

鉄道に関するミステリアンソロジー。ミステリといっても、怪談風なものやエッセイ、犯人当てミステリー、ショートショートなど気楽に楽しめるラインナップが揃っています。ラストの犯人当て短編、正々堂々した「読者への挑戦」なのは、さすが有栖川さんだと納得です。

2005/11/24 18:29

投稿元:ブクログ

有栖川有栖編、です。全然鉄道ミステリファンではないのに何故か買っちゃいましたが、結構面白かった。探偵役がいるような話は少ないけど、世にも奇妙な物語にありそうな面白さでした。

2006/12/15 22:43

投稿元:ブクログ

アンソロジーですが、有栖川先生の嗜好がありありと感じられるため、つい「随筆」にカテゴライズしてしまいました。

2008/10/21 05:39

投稿元:ブクログ

『青いスパンコール』
オースチン・フリーマン
ソーンダイク博士シリーズ。
列車ないでの撲殺。放牧された牛。

『地図にない町』
フィリップ・K・ディック
地図にない町に降りると言う人物。謎の町。

『メビウスという名の地下鉄』
A・J・ドイッチュ
走行中に消えた地下鉄。バラレルワールド。

『高架殺人』
走る電車に撃ち込まれた銃弾。銃弾が発射された部屋から発見された死体と放火。

『4時15分発急行列車』
アメリア・B・エドワーズ
電車の中で出会った男は3ヶ月前から行方不明になっている男だった。「幻の男」の謎。

『泥棒』
雨宮雨彦
戦争中に隠された機関車に隠された金塊の謎。

『江ノ電沿線殺人事件』(漫画)
西岸良平
江ノ電を使った犯罪。

『0号車/臨時列車/魔法』
江坂遊
ショートショート。ちょっと幻想的な話。

『田園を憂鬱にした汽車の音は何か』
小池滋
田園になる謎の汽車の音。エッセイからの抜粋。
『箱の中の殺意』
有栖川有栖・上田信彦
同窓会で帰省した駅での殺人事件。貨物列車で運ばれてきたと思われる死体の謎。

2015/06/01 04:29

投稿元:ブクログ

鉄道とミステリーだなんて、好みのおかずを一緒に出された感でタイトルだけで手にとってしまった一冊。ではあったが、食べあわせの好みは出てしまったか、作品によって読後感、満足感にばらつき有。海外翻訳作品はやはり苦手かも。

2015/09/23 23:18

投稿元:ブクログ

〈鉄道〉をテーマにしたミステリ小説・漫画アンソロジー。

オースチン・フリーマン「青いスパンコール」
フィリップ・K・ディック「地図にない町」
A・J・ドイッチュ「メビウスという名の地下鉄」
ウィリアム・アイリッシュ「高架殺人」
アメリア・B・エドワーズ「4時15分発急行列車」
雨宮雨彦「泥棒」
西岸良平「江ノ電沿線殺人事件」
江坂遊「0号車/臨時列車/魔法」
小池滋 「田園を憂鬱にした汽車の音は何か」
上田信彦・有栖川有栖「箱の中の殺意」

解説・有栖川有栖

2015/04/05 19:25

投稿元:ブクログ

鉄道ミステリーというわりには謎解きの要素はあまり見られなかったので、少し物足りない感じがした。また後半の部分は文庫本としてのせる必要があったのかが疑問に感じる。

2016/08/28 21:53

投稿元:ブクログ

有栖川有栖さんの作品は読んだ事がないのですが、加納朋子「魔法飛行」文庫版解説や汀こるもの「パラダイス・クローズド」における煽り文句など、本人の著作外のところで幾度か名文・名フレーズに接しています。要はこの方、人を褒めるのが抜群に上手いのですよね。

さて、そんな有栖川さんが選りすぐりの鉄道ミステリを集めたのだから、これが面白くないわけがない。本格的なトリックを駆使した作品から、「これミステリなの!?」と首をかしげたくなる作品まで。特に後者は面白いですね。「地図にない町」や「メビウス~」の、予想もつかない展開にドキドキ。自力で探そうとしても絶対に出会わないであろう作品で、こんな妙策が読めるのがアンソロジーの魅力です。

各篇の冒頭に掲げた有栖川さんの紹介文も、簡潔でありながら作品の魅力を上手く読者に提示しています。良き編者による良き作品群。一読の価値あり、でした。

角川文庫 ランキング

角川文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む