サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

ブックオフ宅本便ページ

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. これがマのつく第一歩!

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

これがマのつく第一歩!(角川ビーンズ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:2004.10
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川ビーンズ文庫
  • サイズ:15cm/190p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:4-04-445213-X
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

これがマのつく第一歩! (角川ビーンズ文庫 まるマシリーズ)

著者 喬林 知 (著)

これがマのつく第一歩! (角川ビーンズ文庫 まるマシリーズ)

473(税込)

ポイント :4pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (9件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

どうなる?ユーリそして…

2004/09/30 22:43

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りいな - この投稿者のレビュー一覧を見る

本作品はNHK衛星第2で放送されている「今日からマ王!」の原作本最新刊になります。本作品は聖砂国外交シリーズ(といったらよいのでしょうか?)の中盤になり物語としては、まだまだこれからといった感じですが、思わぬ展開に息をつく間がありません。

今回恒例の冒頭文はヨザックの思い出でしょうか? ここは物語のヒントとなることが多いので読み飛ばさないようにした方が良いのだろうな…。

話は地球にいるムラケンが渋谷家に訪れるところから始まり
どうやら今回の地球におけるユーリの眞魔国滞在時間は異常のようです。
そして勝利兄ちゃんとちょっとしたバトルをしている間に
勝利兄ちゃんとボブのつながりを知ったムラケンびっくり!
こちらは名づけるとしたらメガネチーム!


※勝利君とボブのつながりについては息子はマのつく自由業!? に
そしてムラケンとボブのつながりについてはお嬢様とは仮の姿! に書かれています。

前巻でムラケン出番なさすぎーとガックリきていたのですが、
今回のシリーズにもムラケンの出番がありそうで嬉しいです!!

本筋チームのユーリ達はサラレギーと共に聖砂国への船の中
やはりコンラッドとユーリそしてヨザック達は微妙な感じです。
はやく元のコンラッド&ユーリに戻ってほしい
サラレギーはなんか陰謀をめぐらせているような気が…
こちらのチームはかなり深刻なムードで話が重いです。

オイテケボリチームのヴォルフ達はギーゼラ達と合流。
そして、なぜかアーダルベルトも…
こちらはギーゼラが本性丸出し&アニシナの謎の薬…おそろしか!
ヴォルフラムは弱っているせいか「じゃり」言葉復活!
とどめは恐怖! ギュンターの秘術…

読み進めて、面白くなったところでムラケン的ツアーコンダクター宣言??
え? まだページがいっぱいあるのになぜあとがき???
理由は書いていたらページ数が多くなり巻を分けることになったとのこと
そして、一冊分丸々本編にすると暗く救いのない話で終わるから
キリのいいところで今回は終了し、短編「マ王陛下の優雅な一日」を入れることにしたそうです。
次の巻はなんと今冬に発売予定だそうです。
タイトルは「やがてマのつく歌になる!」だそうです。
もう今から読みたくて仕方ありません!!

マ王陛下の優雅な一日ではグレタちゃんが超萌えます!
こんなに可愛い娘ほしい!!
本編が深刻な展開なのでこちらのほのぼのした雰囲気は
心が癒されます。確かにこのチョイスは嬉しい!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/19 22:21

投稿元:ブクログ

ようやく新刊げっと。で、読んだわけですが。何だか後ろ三分の一が既に読んだ中身なのが残念…でもムラケン&ショーリのメガネコンビがいい感じだ。ふふ。めがねはいいよ、めがねは。
あ、話? 話は…えーと、次が出ないとなんとも。[2004/10/17読了]

2006/04/07 11:39

投稿元:ブクログ

もう、誰を信じていいのかわかりません。サラが一番怪しいことは怪しいのですが…きっと、サラは聖砂国出身ではないかと思うのですが…それで、コンラット。あなたを信じてもいいんですよね?それとももう、敵国に忠誠を誓う身なのですか?わけがわかりません。もう、ユーリたちがいる船上はシリアスムード一直線。それに引き換え、ギュンターたちがいる船は、ギャグムード…。きっとこれで、平均を取っているんだよね?そうだ、今回はある意味3次元中継的小説だったんですね。ユーリたちがいる船。ギュンターたちがいる船。そして、地球に残っている村田くんたち。次回もこの3次元中継になりそうです。
20060326:読了

2007/07/11 01:53

投稿元:ブクログ

丸マシリーズ第十二巻。本編と短編一本を収録。サラレギーとコンラッド、ユーリとヨザックの四人は貨物船で聖砂国への船旅中。ユーリは船倉に詰め込まれた神族を見つけてサラレギーに詰め寄るが、彼らは奴隷だと言われショックを受ける。さらにコンラッドに荒れ狂う海に突き落とされ・・・。一方、『うみのおともだち』号ではヴォルフラム率いる追跡隊が編成されていた。短編ではユーリの眞魔国での日常と、グレタとの心温まる(?)親子愛。相変わらず珍獣が出てきますが・・・。

2006/03/06 20:41

投稿元:ブクログ

ものっそい、急展開。
こういう展開は一読者の私としては嬉しい限りです。
短編の『マ王陛下の優雅な日々』のグレタと有利の関係もよかったです。

2006/06/17 23:16

投稿元:ブクログ

 巻末に入っていた番外編話が、微笑ましいような頬が引きつるような…。グレタがとっても可愛かったです。人を好きになるのに、好きでいるのに、役に立つとか立たないとか、関係ないんですよね。本編は…ムラケンが凄く一生懸命で…。…お兄ちゃんとのやり取りは低次元でしたけどね。ついでに、『お嬢様』を読んでからこの巻を読む事をオススメします。

2007/01/12 15:27

投稿元:ブクログ

毎度おなじみ高校生㋮王のおれ、渋谷有利は、護衛役のヨザック、小シマロン王サラレギー、そして大シマロンの使者コンラッド、という微妙なメンバーで、神族たちが住むという聖砂国への船旅を続けていた。ところがそこにハプニングが・・・・・!一方、地球に取り残された親友の村田健は、いつもと違う(=すぐに帰ってこない)おれを心配して、ついに大胆行動を起こしてしまう。−−−で、これからおれたち、どうなっちゃうの!?

2007/07/10 23:16

投稿元:ブクログ

人間関係の繋がり(伏線?)が色々と明らかになってきましたね。サラは段々とヤな奴になっていくようで、見ていてちょっとイラッとします。そんな中で番外編の短編が癒しでしたが、こんな穏やかな眞魔国はとても遠い昔のことに思えました(特に次男/笑)

2008/01/27 01:57

投稿元:ブクログ

聖砂国に向かう船でのお話。一方地球では村田と有利の兄勝利がバトってます。
番外編1本あり。グレタとユーリの親子愛の物語ってカンジかな?ユーリはいいパパだ。

2007/03/02 22:54

投稿元:ブクログ

あんまりサラは好きではありませんねぇ…。
私が好きなのはユーリを抜かせば、ヴォルフと村田なんですよ!
ということで、村田のほうの記述がお好みです。
あ、そして未だに私はよく次男の考えが分かっていないんですけれども…。

2008/05/03 11:36

投稿元:ブクログ

面白い事が起こってます。あとがきが半ばにあります…。初めての体験です。
センターカラーはありましたが、コレは…ビックリです。

ユーリ、酷い目に遭ってます…
コンラッドと折角の再会にもどうしたもんだか。
しかもその間 ムラケンとショーリ のユーリへの愛が…?
地球と魔界の同時進行で進んで行きます。
しかもムラケンが居る事によって 時差 が出てきているし。
サラの裏、コンラッドの想い、ユーリの悩み。
話的に大きくなっているから世界観もその分大きくなっている。

ただ、あとがきにもあるように『話を真ん中から切るとすっごく暗い話で切らないといけない』と。
なので本編は非常に頁数は少ないです。

後半は『マ王陛下の優雅な一日』と違う話があります。
みんなみんな元気な一日。
優雅というより 日常 に近いような気がします。
グレタもギュンターもコンラッドもヴォルフも元気。
黒くてデカイ…『蝉』なるものもやってくる。
毒女アニシナもギーゼラも勢ぞろい。

2009/12/30 08:35

投稿元:ブクログ

p.65【「美熟女戦士ツッゥーエリ(上王)、次にまとめてお仕置きよ!」(鞭と決め台詞の練習中)】
【「あのケバい女だけはカンベンしてくれ」「ケバいとは失礼な。『若づくり』と言え!」】

2012/12/14 21:31

投稿元:ブクログ

聖砂国編の2巻目。本編はちょっと短めに終わって短編との二本立て。

ユーリと次男とヨザックのやりとりが切なくて切なくて…なんでこんな事になっちゃったんだろうかと思わずにはいられないです。
一方地球では眞魔国へ行こうと必死の村田とどこか間抜けな感じに見えるボブが初接触。やっぱり村田は転生を繰り返しているんだなーと。おにーちゃんの愛なら本当にユーリの所に飛べそうなのが怖いですね(笑)
ギュンターの暴走っぷりは相変わらずだけど、ギーゼラ軍曹まで暴走気味でクライスト家の行く末が心配です。

短編はユーリとグレタ親娘のお話。ブブブンゼミこと巨大Gが出てくる絵面を想像するとちょっと背筋が…ですが、いつも通りの楽しいドタバタ劇。

2010/06/23 20:23

投稿元:ブクログ

聖砂国編その2
ユーリとコンラッドが仲良くないとなんだか落ち着かない・・・
ヨザックのイケメン度がガンガンあがるな~

2010/07/03 10:55

投稿元:ブクログ

村田とボブ、勝利が接触する巻。
「奴隷」の概念がない現代日本では信じられないことだけれど、サラレギーの国小シマロンでは当たり前のように奴隷がいて、サラはその生活が普通だと思っている。そんな生まれながらの王様サラレギーと、一般家庭で育った魔王ユーリの違いに歴然とする。
本巻は、軍曹ギーゼラの巻。今まではそれなりにきれいだった彼女のイメージが崩れていく。そして、ギュンターも(もう崩れているけど)。アーダルベルトはギーゼラと顔なじみのようなので、今後どういうエピソードが書かれるのか楽しみである。
ヴォルフラムがますます男っぷりをあげている。「陛下を小シマロンに渡してはならない」というセリフがよかった。最初はユーリのことを全然認めていなかったのに、すごく変わったなと思った。ヴォルフラムの活躍に期待。
番外編、なかなか楽しめた。アニシナのすごく飛んでいる仮説が当たっているのがすごい。

角川ビーンズ文庫 ランキング

角川ビーンズ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む