サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

9/1 全員もらえる!200万ポイント山分けキャンペーン(~10/18)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2004.10
  • 出版社: メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/260p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:4-8402-2838-8
文庫

紙の本

Alice (電撃文庫)

著者 川崎 康宏 (著)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「ではアメ公に教えてやろう。日本には核よりも恐ろしいものがある!」

2004/11/02 00:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:成瀬 洋一郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 近未来の東京。人心は荒み、ハイテクと銃器ばかりが溢れた街。
 その街を疾駆するのは少女アリス。過去の薬害事件で生まれたメビウスチルドレンの1人だ。学費と生活費を稼ぐ為に、今はちんけな探偵事務所でアルバイトをしているが、その驚異的な回復能力と戦闘力から狂犬アリスと恐れられている。
 アリスの上司、ボー・ボー。下目黒不動尊前探偵事務所の所長であり、カナダ国籍を認められた5頭目のグリズリー。日本文化の良き理解者。
 彼女らの今の仕事は迷い猫探し。いなくなった飼い猫を探すだけのはずが、簡単に銃撃戦が起こり、あっという間に死体が2つできあがった。襲ってきたのはサイバネティックス企業のエージェント。この猫探しの背後に何があるのだろうか……。

 可愛い美少女が銃を乱射し殴り合い、死体が山のようにできる話です。ハードボイルドというよりは、ハリウッドのアクション映画のフレーバーかな。主人公アリスは平気で敵を撃ち殺すくせに、好きな男の子に話しかけるのは難しいという、一歩間違えればただの二重人格になるキャラですが、それが実に生き生きと暴れ回っています。
 しかし、この作品最大のクライマックスは、米海兵隊員にして最強の殺し屋<爆雷王>バズ・ガイガンとボーボーの一騎打ちでしょう。変幻自在の不死身の怪人と、北米最大の生物との対決だけでもこの本を買った価値はあったと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

アクションコメディ

2005/09/02 21:53

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぬほがち - この投稿者のレビュー一覧を見る

なかなか面白い展開だったけど、ちょっと何かが足りない感じ。アクションはいいのだけれど、ちょっと心情描写とか、心象描写とか。技量的に足りないのか、コメディ要素を重視してその部分を敬遠したのか。どちらにしてもそこらへんが小説として不足。
ギャグについては、これは個人差ありかなと。かなり「シュール」なので、ツボな人には笑いが止まらない作品となりそうですが、かなり打率は低そう。「ボクはちょっと他人とは笑いのツボが違うのですよ」という人向けかな?勿論諸所に面白い場所はあったけど。全体的にもう一押し、といった作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/21 21:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。