サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ドーキンスvs.グールド

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ドーキンスvs.グールド(ちくま学芸文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.10
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま学芸文庫
  • サイズ:15cm/187,19p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-480-08878-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ドーキンスvs.グールド (ちくま学芸文庫)

著者 キム・ステルレルニー (著),狩野 秀之 (訳)

ドーキンスvs.グールド (ちくま学芸文庫)

1,080(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (3件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ドーキンスvs.グールド

2006/09/14 17:06

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:緑龍館 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 現代の進化論生物学を代表する二人の学者、オックスフォードのリチャード・ドーキンスとハーヴァードのスティーヴン・J・グールドの研究上の論争や立場の相違を比較分析した本です(グールドは2002年に他界していますが)。専門書ではなく、科学啓蒙家としてのドーキンスとグールドの一般読者向けに、中立的な立場から平易な俯瞰を提供したものです。ページ数も多くなく(文庫本で200ページくらい)内容も要領よくまとめてあり、ドーキンスとグールドのファンには是非お奨め。著者はニュージーランドのヴィクトリア大学の哲学教授で、専門は生物学の哲学、解説によるとこの分野ではよく知られた研究者のようです。
 グールドは断続平衡説(進化は漸進的に進行するのではなく、長期の安定期の後の比較的短期 ‐数万年‐ の期間に生じる)で、ドーキンスは『利己的な遺伝子』の理論で著名な学者です。ふたりは学説における意見の相違も多いのですが、また共通した認識もかなりある(個人的には共感を抱く部分もけっこうあるが、決して仲良しではない、というような関係だったみたい)。しかし本書を読むと、細部に関する認識の相違というよりも、「進化」というもの自体に対する見方や評価、「科学」というものに対する姿勢においてかなりの隔たりがあったようだということを、改めて納得できます。「適応」や「淘汰」を一番に重視し、「科学」に対して全幅の信頼を寄せているドーキンスと、進化における「偶然」の役割を大きく評価し、歴史や社会状況の影響と制限を受けざるを得ない科学の限界に、常に警鐘を鳴らしていたドーキンス。わたしとしては、二人の業績や著作はともにすごく魅力的だけれど、人間としての魅力はやはりグールドかな。 
 ドーキンスの『利己的な遺伝子』や『ブラインド・ウォッチメーカー』は昔読んだことがあるのですが、『延長された表現型』はまだ未見だったので、読みたくなって検索してみたらなんと絶版ではないか。でも『日本の古本屋』を探したら結構まだ手に入る。一冊注文してしまった。

→緑龍館・読書日記

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/12/03 01:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/05 18:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/31 10:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/21 19:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/01 03:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/09 14:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/01 11:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/10 11:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ちくま学芸文庫 ランキング

ちくま学芸文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む