サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ドーキンスvs.グールド

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ドーキンスvs.グールド(ちくま学芸文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.10
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま学芸文庫
  • サイズ:15cm/187,19p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-480-08878-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ドーキンスvs.グールド (ちくま学芸文庫)

著者 キム・ステルレルニー (著),狩野 秀之 (訳)

ドーキンスvs.グールド (ちくま学芸文庫)

1,080(税込)

ポイント :10pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (3件)
  • 星 1 (0件)

ドーキンスvs.グールド

2006/09/14 17:06

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:緑龍館 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 現代の進化論生物学を代表する二人の学者、オックスフォードのリチャード・ドーキンスとハーヴァードのスティーヴン・J・グールドの研究上の論争や立場の相違を比較分析した本です(グールドは2002年に他界していますが)。専門書ではなく、科学啓蒙家としてのドーキンスとグールドの一般読者向けに、中立的な立場から平易な俯瞰を提供したものです。ページ数も多くなく(文庫本で200ページくらい)内容も要領よくまとめてあり、ドーキンスとグールドのファンには是非お奨め。著者はニュージーランドのヴィクトリア大学の哲学教授で、専門は生物学の哲学、解説によるとこの分野ではよく知られた研究者のようです。
 グールドは断続平衡説(進化は漸進的に進行するのではなく、長期の安定期の後の比較的短期 ‐数万年‐ の期間に生じる)で、ドーキンスは『利己的な遺伝子』の理論で著名な学者です。ふたりは学説における意見の相違も多いのですが、また共通した認識もかなりある(個人的には共感を抱く部分もけっこうあるが、決して仲良しではない、というような関係だったみたい)。しかし本書を読むと、細部に関する認識の相違というよりも、「進化」というもの自体に対する見方や評価、「科学」というものに対する姿勢においてかなりの隔たりがあったようだということを、改めて納得できます。「適応」や「淘汰」を一番に重視し、「科学」に対して全幅の信頼を寄せているドーキンスと、進化における「偶然」の役割を大きく評価し、歴史や社会状況の影響と制限を受けざるを得ない科学の限界に、常に警鐘を鳴らしていたドーキンス。わたしとしては、二人の業績や著作はともにすごく魅力的だけれど、人間としての魅力はやはりグールドかな。 
 ドーキンスの『利己的な遺伝子』や『ブラインド・ウォッチメーカー』は昔読んだことがあるのですが、『延長された表現型』はまだ未見だったので、読みたくなって検索してみたらなんと絶版ではないか。でも『日本の古本屋』を探したら結構まだ手に入る。一冊注文してしまった。

→緑龍館・読書日記

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/12/03 01:38

投稿元:ブクログ

本のタイトルの割には、別にドーキンスさんとグールドさんは、言うほど進化論的には対立していない、むしろ科学哲学的な対立があるのと、学説の対立をあおるような周りの学者の存在が、この二人の「対立」であるのだなぁ、とこの本を読んで思いました。ていうか、この本の「解説」読めば済んでしまう気が…。

2010/10/05 18:29

投稿元:ブクログ

第1部 開かれた戦端
第2部 ドーキンスの世界
第3部 ハーヴァードからの眺め
第4部 論争の現状

2011/03/31 10:58

投稿元:ブクログ

ひと通り読んでみて理解しにくいなぁ,と思ったら,監訳者が「分かりやすく編集し直しました」とのこと.
そのまま,訳してもらえればもしかしたら理解しやすかったのかな?

内容的には面白かったです.


再読必須

2011/12/21 19:26

投稿元:ブクログ

生物進化論の2大巨塔の戦いを書いた本です。

本質的には分かり合いながらも学説がぶつかり合う2人について説明されており、生物学者のちょっとした息抜きにはなる一冊です。

2014/12/01 03:04

投稿元:ブクログ

ダーウィニズムを受け継ぐ二人の著名な研究者であるリチャード・ドーキンスとスティーブ・J・グールド。
重なる部分もありつつ、反発する意見もある両者の間での意見の違いと、各々の論点を基に、進化論を再考する、という内容です。

薄さの割に濃い中身で、かなり複雑な議論がなされていたと感じました。一方でやはり両者の意見の正当性を確かめるにはある程度時間が必要であり、それまでの議論は好き嫌いに近くなってしまうのではないか、と感じた部分があります。
もっとも、これは巻末の冗長な解説が印象を強くさせているのかもしれません。

なんというか、科学の世界には意見の対立なんてあって当然ですし、わざわざ取り上げるのにゴシップ的な要素も感じてしまいます。専門家でない身分としては、こういうところから離れて純粋に進化論の本を読む方が楽しいだろうと思いました。

2014/03/09 14:56

投稿元:ブクログ

生物進化の両極とみなされがちな二人だが、一言で説明できるような違いは無い。当然ながら両者が肯定する議論が大部分をしめる。しかし微妙だが決定的な世界観の違いがある、というそういう話。

2015/02/01 11:55

投稿元:ブクログ

ドーキンスは、進化生物学が解明すべき問題は生物の適応の複雑さであるとし、生物の進化は小さな変化と自然淘汰の累積であるとする外挿主義(漸進進化説)をとる。
他方グールドは、大雑把に見たときに生物のかたち(異質性)が長い歴史の中で大きく変化していないという事実や、進化の途上にある中間種の化石が発見されないという事実に注目し、生物の進化は短期間の急激な変化と長期にわたる均衡状態の連続であるとする断続平衡説をとる。

著者は中立的な視点に立ち、両陣営の主張の妥当性を検討する。両陣営とも自説の根拠を過大評価しているところがあり、また批判の応酬は微妙にすれ違っているように見えることが少なくないという。

ドーキンスとグールドのさまざまな主張を比較検討した上で、著者は最後に、進化についてはドーキンスに近い考えをもっていることを明かしつつ、一方で生物の大量絶滅や種分化に関する議論の妥当性についてはグールドに軍配を上げている。

ドーキンスとグールドの違いは、言ってしまえば、観察される事実を眺める角度の違い、どのような事実に比重を置くかの違いによるものだと言えるだろう。歴史解釈の違いによる論争にも似ている。

生成文法を学んだ身としては、ドーキンスらの外挿主義は適応の過程を合目的的(結果ありき)に捉えているように思うのでグールドの方を支持したい。
生物進化は種分化の進行の歴史ではなく、最初期に爆発的に生み出された種の異質性の収斂の歴史であるという見方も納得できる。これに対するドーキンス陣営からの批判(“多様性”と“異質性”の区別への懐疑など)も無視できるものではないが、グールドの主張を完全に退ける根拠にはならないように思う。

2013/03/10 11:20

投稿元:ブクログ

繰り返し読んでみても
対立のポイントがわからない…
両者の意見は排他的ではない。
この本でもそういう見解はある。
私にはそれが結論に思うのだが、
本書はそれを結論とはしていない。
ように見える。
でもその結論がよくわからず、
結局著者は何を言いたいんだ!?
となってしまいました…

ちくま学芸文庫 ランキング

ちくま学芸文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む