サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

クリスマス ポイントUPキャンペーン(~12/25)

[12/1~12/25] 年末年始福引キャンペーン	~1/13

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

誘拐ラプソディー(双葉文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 148件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.10
  • 出版社: 双葉社
  • レーベル: 双葉文庫
  • サイズ:15cm/421p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-575-50970-1
文庫

紙の本

誘拐ラプソディー (双葉文庫)

著者 荻原 浩 (著)

誘拐ラプソディー (双葉文庫)

税込 796 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー148件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

人生に行き詰まり子供を誘拐した男が繰り広げる逃走劇が魅力の痛快ユーモア小説

2010/02/04 19:08

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:toku - この投稿者のレビュー一覧を見る

<あらすじ>
借金と前科だけで根性なしの伊達秀吉は、面倒を見てくれていた工務店の親方を殴ってわずかな金と車を奪って逃走した。
自殺しようとするものの、なかなか踏ん切りがつかず、いつのまにか奪った車の中で寝ていた子供・伝助を誘拐することを思い立った。
しかも伝助の家はかなりの金持ちらしい。
賭け事で負けっぱなしの秀吉は、今までの負けを帳消しにするとんでもないツキが巡ってきたと大喜びするが、実は「とんでもないツキ」だった。

<感想>
いきなり描かれている、主人公の自殺をためらう様子で、どんな小説か想像できる。
死のうとするが死にたくないので理由をつけて死なない、まるで子どもが夏休みの宿題を先延ばしにしているようである。
秀吉の自殺を逡巡する様子が目に浮かんで人物像ができあがり、のっけから引き込まれるユーモア小説である。

本書は、子どもを誘拐したことから始まる、危険な人物たちからのユニークな逃走劇や、誘拐した子どもとの暖かい関係が魅力の作品。
追う側追われる側と切り替わる場面が、ハラハラドキドキを助長させ、次から次へと展開していく話はまったく飽きない。そして一気に読み終えてしまう。

また、これで逃走劇も終わりかと思ったところで、再び起こるアクシデントは嬉しい誤算。
裏表紙にある通り『たっぷり笑えてしみじみ泣ける』物語だ。

ヤクザやチャイニーズマフィアは「なかよし小鳩組」のノリ。
秀吉のドジさと優しさは「ハードボイルド・エッグ」の主人公を思わせ、伝助は「母恋旅烏」の寛二を思わせる。

これらの作品が好きなら読んで間違いはない作品だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

永遠のヒーロー、クレヨンしんちゃん。それを髣髴とさせる少年が現れた。これがまた、可愛い。その名は伝助。宮部みゆきの『ぼんくら』を連想させる楽しさ満載

2004/10/12 22:16

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

《賭け事が好きで、サラ金に借金をした38歳の伊達秀吉。自殺を試みるものの、矢張り怖くて仕方が無い。車に無断で入り込み眠っている少年を見ているうちに起死回生のアイデアが》ユーモア小説。

たった一人の登場人物が、その作品の価値を決めることがある。宮部みゆき『ぼんくら』がいい例だが、それに匹敵する少年が現れた。

競輪、競馬、賭け事と聞けば心が騒ぐ伊達秀吉。名前こそ勇ましいが、至って度胸が無い。16歳で鑑別所、22歳で刑務所に入り、二年前に三度目の勤めを終えて出てきたという事実が何の重みも持たない軽い男。元犯罪者である自分を雇ってくれた親方を殴ってまでして強奪した金も賭け事で泡と消え、これまで、と自殺を決心するが、理屈をつけては先延ばし。

そんな秀吉の前に転がり込んだ六歳の少年。塾に行くのがいやで、道端に止めてあった車に入り込んで眠ってしまった無邪気な篠宮伝助。で、でんすけ〜?一体全体、だれがこんな名前をわが子につける?そんなどこか懐かしいような子供らしい子供と頓珍漢な会話をしているうちに秀吉に浮かんだ悪心。

伝助はどうやら金持ちの家の一人息子。父親の職業は「ボーなんとか」という企業のオーナーらしい。少年の携帯を利用し、まず母親の篠宮多香子に連絡を入れる。要求金額は、話しているうちに段々大きくなって五千万。刑務所で仲間から伝授された方法を思い出しながらの誘拐劇が始まった。

登場するのは、泣く子も黙る社長 篠宮智彦の下に集まる傘下企業の面々。組長の妻に想いを寄せるチェリー、せっかくの人質に息子の面影を見てしまう王、一人成績を上げようと、休日にも係らず黒崎を叱咤する栗林巡査部長。伝助の父親で社長の篠宮智彦、息子を智彦に殺され復讐を誓う香港マフィアの王宗華、久しぶりの家族サービスに燃える埼玉県警暴力班の黒崎係長が三つ巴になって奏でるラプソディ。
 
たしかに秀吉は偉大かもしれない、でも四百年の時を越えて、この小説で異彩を放つのは、なんと言っても圧倒的な存在感を見せるクレヨンしんちゃん、こと小さな伝助。「ふぁ〜」「コケコッコー」「トレントレン」「ンガッ」「けぽ」などコミックで見たような言葉はまだ甘い。「エスエヌプレー」「ウンウンウンコ」も序の口。

彼の口からこぼれる奇妙な幼児語が実に活き活きとしている。自分が子供の頃って、この位、物を知らなかったよなと肯かせる。ただし、腰巻の謳い文句「思わず涙する」はいただけない。ラストですら、こみ上げるのは苦笑。いや、もしかして出版社が言いたかったのは、笑い涙?

宮部みゆきの『ぼんくら』以来の納得できる子供の造型に拍手。こんな子供なら、男の子嫌いの我が家だって歓迎だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人生はオーケセラセラでいきましょ。抱腹絶倒の快作。

2007/11/24 22:09

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よし - この投稿者のレビュー一覧を見る

いやー、楽しかった。絶妙の主人公と子どもの会話。久しぶりにケラケラ笑った快作でした。

賭け事が好きで、サラ金に借金をし、挙句にお世話になっている親方を殴って飛び出た伊達秀吉。自殺を試みるものの、その勇気もない。車に無断で入り込み眠っている少年篠宮伝助を見て誘拐を思いつく。 

実はこの少年の父親は「ボーなんとか」という会社のオーナーである。実はその筋のオーナー(組長)なのです。総力を挙げ、追う組長以下、その筋の人たち。そして、香港マフィア。それに警察。三つ巴の戦いはまさにラプソディ。
この作品はなんといっても、主人公が誘拐する伝助。まさに子どもの中の子ども。
「ふぁ~」「コケコッコー」「トレントレン」「ンガッ」「けぽ」などの言葉は最初、とっつきにくかったが、次第に効果が現われ、終わりはいい味になってきます。

伝助との逃走劇で自殺をしようとした秀吉の気持ちが「生きていりゃあ、いいこともある。悪いことばっかりじゃない」と変わってくるんです。伝助が希望を与えるんですね。秀吉の弟の面影を感じつつ。そして芽生える友情。
ラストはちょっぴり、涙ものですが、明るく爽やかに終わっています。

人物全てが個性的。そして、スーパー少年、伝助が本当にいい。
そう人生は「オーケセラセラ」でいきましょう。
ストレス解消間違いなしの快作「誘拐ラプソディー」。荻原さん上手すぎです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

上質のユーモア犯罪小説でした。

2016/06/09 14:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

小説を始め、映画やTVドラマでもよくある

シュチュエーションなんですが面白く読めました。

逆にこの設定で書こうと考えただけでも

萩原浩氏の自信のほどが伺えるようです。

大げさで派手な演出ばかりにならずに

ちょーどいいタイミングでユーモアも絡め

最初から最後まで楽しめる上質な作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ストーリー展開が面白すぎる!

2016/02/18 08:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品は、荻原氏の特徴がよく出ている作品です。「誘拐」という犯罪がモチーフになっていながら、登場する人物たちの面白さとユニークさに知らず知らずのうちに笑ってしまっている自分自身を発見します。主人公(誘拐犯)の伊達秀吉という人物はもちろんですが、誘拐された小学生、篠原伝助も非常に愉快な設定になっています。誘拐犯である秀吉と伝助を追う様々な関係者、そこには伝助の不思議な家族、それに中国系マフィア、さらに警察などが含まれます。さて、彼らがどのような行動をとるのか?そして、彼らは一体どのような関係なのか?非常に楽しめること間違いなしです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/07/15 10:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/12 17:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/26 09:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/17 11:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/02 14:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/03 16:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/23 13:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/22 14:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/16 02:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/13 00:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

双葉文庫 ランキング

双葉文庫のランキングをご紹介します一覧を見る
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。