サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 『大人のための「絵」本』 ~10/28

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.1 354件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2004/10/08
  • 出版社: 文芸春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/177p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-766503-4
文庫

紙の本

パーク・ライフ (文春文庫)

著者 吉田 修一 (著)

【芥川賞(127(2002上半期))】【「TRC MARC」の商品解説】

もっと見る

パーク・ライフ (文春文庫)

税込 550 5pt

パーク・ライフ

税込 469 4pt

パーク・ライフ

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 3.7MB 無制限
Android EPUB 3.7MB 無制限
Win EPUB 3.7MB 無制限
Mac EPUB 3.7MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

パーク・ライフ 7-102
flowers 103-177

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー354件

みんなの評価3.1

評価内訳

紙の本

何故か気になるあの人との緊張感の一部始終

2020/04/29 15:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:隣でジントニック - この投稿者のレビュー一覧を見る

何故だかわからないけど誰かのことが妙に気になることがあります。
その人のことが好きとか嫌いとかじゃない。
自分はその人に共感を感じているのか、それとも違和感を感じているのかも、よくわからない。
その人が自分に共感を感じてくれているのか、自分と距離を置こうとしているのかも、さっぱりわからない。
気になってしょうがないので、果たしてそれが共感なのか確かめたいと思って近づいてみるけど、近づけば近づくほど伺い知れない違和感を拭いきれない。
そんな緊張感のある人間関係を、切れ味良く描いていると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「flowers」も良い作品です

2019/08/31 22:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

2002年上期・第127回芥川賞受賞作の「パーク・ライフ」と1999年に「文学界」に発表された「flowers」の2作品が収録されている。ある評論家はスターバックスの宣伝のような小説のようで面白くもなんともないと散々の評価を下していたので、、読む前はそんなにひどい作品だったらどうしようかと思ったりもしたのだが全くの杞憂で、主人公の男と地下鉄で出会った女の距離感が私には心地よかった。「flowers」は登場人物の中に、職場によく似たダメ人間がいるのでにやにやしながら読んでしまった、私はこの作品の登場人物の方が好きだ、ダメ人間がたくさん登場するから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

吉田修一のスタイル

2018/03/20 09:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジル - この投稿者のレビュー一覧を見る

小説もどこかエッセイっぽい。吉田修一のスタイル

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

普通・・・。

2005/07/14 10:34

6人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

この物語、特に何が起きるわけではない。色々な登場人物が色々なシチュエーションで登場するが、それ以上膨らむわけでは無い。
ハラハラのサスペンスもウットリのラブロマンスも無い。
入浴剤の営業マンが、日比谷公園で一人の女性と出会う。名前も仕事も聞かない。でも会う度に不思議な雰囲気と会話で、短い時間をスタバのコーヒーと共に過ごす。そして、また会いましょうと約束する。
その女性に誘われ、公園で気球を真っ直ぐ飛ばす事に執着している男に
話し掛ける。気球にカメラを搭載し、上空から撮影するのに、真っ直ぐ飛ばないといけないとの事。しかし、何の為に撮影したいのかは、聞いてはいけない。そう・・・聞いてはいけない。
ただ眺めただけでは、刺激の無い日常が眼に写る。そこにいる人々も、何の問題も抱えていそうにない。普通だ。しかしその実、みなそれぞれにストーリィを抱えている。とてもオリジナルな二つと無いストーリィを。普通なんて、実は存在しない。誰にも聞かせることは無いかもしれない。でも、自分にとっては刺激的でとても大事な、物語を、誰もが持っているのだ。そう考えれば、普遍であるように見えるこの世界、刺激的な物語で満ち溢れているわけである。
その象徴が、最後の女性の言葉、「よし。・・・私ね、決めた」に現れている。何を決めたのかは分からない。でも彼女中のストーリィが、一つ大きく動いた、瞬間だったのだろう。
誰しもそんな物語を、胸に秘めている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

共感できる文章に出会えました

2006/09/26 18:44

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のら - この投稿者のレビュー一覧を見る

「パークライフ」は新橋勤務の私にとって非常に馴染み深い日比谷公園が舞台。「flowers」も含め、読み終わったときの爽快感はないけど、読んでいて、なんというか、書かれている文章が心に染み入ってきたり、いちいち共感したりする感覚があります。上手くは説明できないけど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

吉田ワールドだね!

2019/05/31 11:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しんごろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

日常でありそうな話でここで終わりという感じの話2編!『パーク・ライフ』…ちょっとしたきっかけで出会い、徐々に日比谷公園で会う回数を増やしていく。果たしてつきあうのか、それとも…。一方で宇田川夫妻は別れちゃうのか。ここで終わりかい!読み手の想像に委ねられましたね。自分ならハッピーエンドで終わってほしい。『flowers』はザワザワする感じで、まあ、元旦は置いといて、夫婦が熱々から冷えきった感じがなんとも言えないですね。これも結末を委ねられた感じで、ふとしたきっかけで夫婦仲が戻ると信じたいですね。どちらの2編も読後感は個人的に日常的で良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

絶妙な距離感

2015/03/26 11:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:september - この投稿者のレビュー一覧を見る

『flower』より表題作のほうが自分の好みに合っていた。なんていうんでしょうな。端からみると付き合ってるのに、当の本人は全然何とも思ってなくてただの友達として遊んでる感じを、当の本人視点で読んでるみたい(分かりづらい)近すぎず遠すぎずされど追い越すことはなく並ぶこともない距離感に惹かれた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

難しい

2016/01/10 17:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とちうし - この投稿者のレビュー一覧を見る

いまいち、作者が伝えたいことがよみとれませんでした。難しい作品です。
なんか感想もだしにくいです。
またゆっくりよみなおそうかなと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/02/17 10:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/26 01:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/15 06:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/27 02:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/03/30 03:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/23 15:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/09 09:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。