サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 「エコノミック・アニマル」は褒め言葉だった 誤解と誤訳の近現代史

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「エコノミック・アニマル」は褒め言葉だった 誤解と誤訳の近現代史(新潮新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.9
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮新書
  • サイズ:18cm/182,6p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-610084-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

「エコノミック・アニマル」は褒め言葉だった 誤解と誤訳の近現代史 (新潮新書)

著者 多賀 敏行 (著)

「エコノミック・アニマル」は褒め言葉だった 誤解と誤訳の近現代史 (新潮新書)

734(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

「エコノミック・アニマル」は褒め言葉だった―誤解と誤訳の近現代史―(新潮新書)

648 (税込)

「エコノミック・アニマル」は褒め言葉だった―誤解と誤訳の近現代史―(新潮新書)

ポイント :6pt / 紙の本より86おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

一次情報に当たれ

2005/02/22 10:29

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:高杉親知 - この投稿者のレビュー一覧を見る

何気なく手に取ったが、なかなかの掘り出し物だった。分量が少ないのが残念である。書名に出ている「エコノミック・アニマル」は、かつて日本の経済力に対する批判の言葉として、新聞やニュースでたびたび目にした言葉であるが、英語では批判の意味合いは無いという。驚いて英語辞書 (The American Heritage) で animalを調べてみた。すると確かに、語義の一つに A person having a specified aptitude or set of interests (特定の能力や関心を持つ人) とあり、例として、音楽の天才を musical animal と評した文が挙げられている。そうだったのか、悪い言葉ではなかったのか。つまり economic animal とは経済に優れた人という意味なのだ。

また、日本人は「ウサギ小屋」に住んでいると指摘したヨーロッパの報告書が話題になったことがあった。狭くて汚らしい印象がある、とてもいやな言葉だ。ところが元のフランス語では、政府系公団が作る中低所得者用の画一的なアパートのことを、ウサギ小屋を意味する cage a lapins と呼ぶのだそうだ。つまり元の文は日本人は都営や市営のアパートに住んでいると言っているだけなのである。「ウサギ小屋」は単なる誤訳なのだ。

著者も指摘しているが、日本人は批判されるのが大好きなのだろう。褒め言葉は忘れられて、批判ばかり流布してしまう。それにしても、当該言語の能力を持つ人が一次情報に当たることがいかに大事なことか。この当たり前のことが、この国のマスメディアではあまり顧みられず、誤訳の可能性がある二次情報を垂れ流しているのは情けないことだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/05/16 02:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/02 23:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/13 00:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/18 14:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/21 13:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/20 16:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/06 22:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/28 19:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/19 14:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/07 05:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む