サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

児童書・絵本 全品ポイント5倍キャンペーン ~8/31

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 鉄道と乗り物の読書生活 ~8/26

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.10
  • 出版社: PHP研究所
  • サイズ:20cm/310p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-569-63752-3

紙の本

亡国日本への怒りの直言

著者 前野 徹 (著)

目を覆いたくなる日本人の精神の崩壊。このままでは、国が滅びてしまう。今こそ、日本人の「怒り」の力を結集し、再生のエネルギーを生み出さねば未来はない! 転覆寸前の日本を演出...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

目を覆いたくなる日本人の精神の崩壊。このままでは、国が滅びてしまう。今こそ、日本人の「怒り」の力を結集し、再生のエネルギーを生み出さねば未来はない! 転覆寸前の日本を演出する者を名指しし、その撲滅を提言する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

前野 徹

略歴
〈前野徹〉1926年東京生まれ。日本大学法学部卒業。東急エージェンシー社長等を務めた。現在、アジア経済人懇話会会長、ニュービジネス協議会顧問。著書に「戦後歴史の真実」「日本、崩壊の危機」等。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

日本人と日本の主体性を取り戻せ

2004/12/09 20:53

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヤタガラス - この投稿者のレビュー一覧を見る

 拉致を解決できない、尖閣諸島及び竹島などの領土問題に毅然とした対応ができない、教科書の内容について中国、韓国から内政干渉され、靖国神社についてもしかり。反日、無日政治家の大量発生など、いちいちもっともな主張であり、絶望的な気分に陥ってしまう。真の政治家は石原東京都知事しかいない。
 「日本を救うのもまた、日本人しかいない」と結んでいるが、まさしく怒りの直言であり、実に共感できるし、危機感をもって一人ひとりが日本のために尽くさねばならないと感じさせる内容である。
 既に多くに知識人から語り尽くされている内容が多いが、ジェンダー・フリーについての記述は驚かされる内容である。男女どちらかであることを強制されるトイレは「暴力装置」であると東大教授が述べていること、事実婚を奨励する意図があること、小学校低学年から性交教育を行っていることなど、そんなばかなという論理が大手を振って主張されているという。
 ジェンダー・フリーというばかな理論を提唱している大沢真理東大教授は、男女二種類以外の多くの性を想定すべきと主張しているそうだが、脳科学の知見を踏まえれば性別役割が発達してきたのは極めて自然なことであるというし(詳しくは日本政策センターの「日本再生の旗を掲げて」を参照されたい)、科学的でなくとも、世の中、男と女でできていることは人類普遍の原理である。
 男は男らしく、女は女らしく、人権はもちろん平等で、男女の特質を生かして社会を構築することが自然であり、大事である。男女共同参画社会とは、もっともらしいが大嘘の出鱈目な発想であることがわかる。
 字が大きくて読みやすいし、やさしく書かれており、手軽によめる本である。本書で、悪魔の思想(谷沢永一)、反日で生きのびる中国(鳥居民)、エコノミストは信用できるか(東谷暁)が紹介されているが、読んでみようと思う。また、著者の「新歴史の真実」もお勧めの1冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

時事評論 ランキング

時事評論のランキングをご紹介します時事評論 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。