サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

7周年施策(ポータルページ)(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

世界の大学危機 新しい大学像を求めて(中公新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.9
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公新書
  • サイズ:18cm/238p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-12-101764-1
新書

紙の本

世界の大学危機 新しい大学像を求めて (中公新書)

著者 潮木 守一 (著)

世界の大学危機 新しい大学像を求めて (中公新書)

税込 842 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

先進4カ国の大学事情が1冊で分かる

2004/10/26 19:45

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:越知 - この投稿者のレビュー一覧を見る

昨今、「大学改革」に明け暮れる日本の大学であるが、いったい何が目的の「改革」なのか、本当に「改革」で大学は良くなっているのか、まともに検証した本は、実はほとんど出ていない(ついでに言うなら、新聞雑誌でもこの問題を掘り下げて報道しているものははなはだ少ない)。「改革」が自己目的化して、何だか知らないけど制度をいじっていないと外部から批判されるから、という奇妙な不安に、大学関係者は駆られているようだ。
 こういうときは、海外に目を転じて、外国の大学事情をじっくり観察し、それから改めて自分を振り返るのも悪くなかろう。
 折よく、『世界の大学危機』が出版された。著者の潮木氏は長らく名大教育学部教授を勤め、『アメリカの大学』『ドイツの大学』等の好著を次々と世に送り出した実績がある。本書には英独仏米、つまり先進四カ国の大学史と最新事情が手際よくまとめられており、日本の大学と比較しながら各国の高等教育のあらましを一冊で知ることができる。
 例えば、ヨーロッパ大陸の大学、つまり独仏の大学は、中等教育修了試験(ドイツのアビトゥーアとフランスのバカロレア)合格をもって大学入学資格としている。また、両国では大学とは原則的に国立または州立であり、授業料は無料もしくはそれに近い額で、私立大学は存在していなかった。そこまでは共通している両国は、しかしそのあとの政策で違いが生じる。ドイツは大学間には格差はないという建前(実際、日本のような露骨な大学間格差はないのだが)を守るために大学の増設に努力したが、それも限界に達し、高額な授業料をとるビジネス私立大の設置を認めるにいたった。
 一方、フランスでは大学とは別にエコール・ノルマルなどの少人数エリート校があり、国家や大企業の頂点に立つ人材の育成はそこで行うので、大学にはカネをかけず、大学進学者激増による教育条件の悪化を放置してきた。バカロレアをとれば大学に入れるシステムだから、学生数はうなぎのぼりにならざるを得ないわけだ。一度日本を見習って大学入試を導入しようとしたが、学生の猛反対で実現しなかったという。つまり、ヨーロッパ側でも日本の高等教育から長所を吸収しようとしていたのであって、高等教育大衆化に伴う悩みは、様相こそ違え、どの国にも存在するのだと分かってくる。
 米国では、大学の財産運用に関する記述が否応なく目に付く。これは日本で国立大学の独立行政法人化に際してそうした方面の利点が強調されていたからだが、その点で最も成功しているハーヴァード大では、資産運用および寄付金収入が学生一人あたりで500万円を超えているという。これに対して、日本ではかなり資産運用で実績を上げている慶応ですら21万円程度なのである。もっとも米国の私大でもハーヴァード大のような例はごくわずかであり、日本の私大として最も伝統ある慶応の例を見ても、資産運用と寄付金で大学を支えるという発想そのものが実は米国の例外的なエリート私大を見ただけででっちあげられた代物だったことが明らかにされている。
 今の日本の大学を批判するにせよ擁護するにせよ、先進国の基本的な大学事情を知った上でないと始まらない。本書はそのための最低限の足がかりを提供してくれる良書と言えるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

各国の大学が直面する課題がわかる!

2016/05/25 08:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

現在、我が国では大学の改革が急ピッチで進んんでいます。これには様々な要因がありますが、少子化、大学全入、さらにグローバル化といった社会的な要素も無視できません。世界に目を向けても、それは同じです。世界各国でも高等教育の改革が進んんでいるのです。本書は、こうした世界各国の高等教育が直面する問題や課題を取り上げ、それに対する各国の施策を概観しています。これらの施策は、我が国の将来的な大学改革にも大きな示唆を与えてくれるものとなるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/08/27 11:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/15 21:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/30 18:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/08 09:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/15 00:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。