サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 偽りの館 叔母殺人事件

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

偽りの館 叔母殺人事件
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.9
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/356p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-212599-4
  • 国内送料無料

紙の本

偽りの館 叔母殺人事件

著者 折原 一 (著)

広大な公園に接して立つ三階建ての洋館。建物は周囲に不気味な威圧感を与えていた。人が住んでいれば、また違った印象があるかもしれない。「お、ば、さ、ん」 訪問者は建物の奥へ呼...

もっと見る

偽りの館 叔母殺人事件

2,052(税込)

ポイント :19pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

広大な公園に接して立つ三階建ての洋館。建物は周囲に不気味な威圧感を与えていた。人が住んでいれば、また違った印象があるかもしれない。「お、ば、さ、ん」 訪問者は建物の奥へ呼びかけた…。書下ろしミステリー。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

折原 一

略歴
〈折原一〉早稲田大学卒業。編集者を経て1988年「五つの棺」でミステリ作家としてデビュー。「沈黙の教室」で日本推理作家協会賞を受賞。著書に「冤罪者」「失踪者」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.0

評価内訳

多分、この作品は折原のベストではない。でも、いかにも折原らしく、読ませるミステリではある。しかし、最近の男は本当に女の色香に弱い、いや、昔からか

2004/12/24 19:12

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

正直言って、好きになれないブックデザインである。著者に折原の名前がなければ、パス、ごめんなさいとでも言いたくなる装幀 妹尾浩也(イオル)、装画 石田 黙「夜明け」。ま、下手なデザインというのではなくて、あくまで趣味が合わないカバー画に対する不満であって、誰のせいでもない。言わせてもらえば、写実的な絵画のもつ不気味さが出てしまった感じである。

でだ、実はこの暗さ、お話に無関係に存在しているのではない。この物語、いかにも折原の小説らしく屈折しているのである。人間もだが、構成もねじれている。だから殺人事件が起きるんだ、といわんばかりである。小説は、プロローグに続いて、第1部 叔母殺人計画(一 殺意、二 実行)、第二部 叔母殺人事件(一 二重人格、二 冬の風)、エピローグとなる。

舞台となるのは、一週間前まで、警察の「立入禁止」の黄色いテープが門前を塞いでいた都内の家である。訪れた人間に聞えたのは死んだはずの被害者の声。そして捕らえられた殺人者の「弁護士を呼んで」の願いで幕を開ける。

ノンフィクション作家である33歳の私が、仕事の場所に選んだのは、ついこの間「叔母殺人事件」の舞台となった、市内の中央公園に隣接して建つ昭和初期建設のレトロな三階建ての洋館である。敷地は100Mx100M、10000平米の広大なもので、事件さえなければ不動産屋垂涎の的となりそうなもの。

物好きにも、そんな家に住もうという私の狙いは、ズバリ、事件そのものを作品にしようというものである。そしてひょんな古都から雇うことになったのが、司法書士の事務をやっていて今は失業中の長沼絹代29歳。秘書ではなくハウスキーパーとして働いてもらうことになる。そして息子の名倉智樹を訪ねてきた老婆名倉敏子をも結局は料理人として雇うことになる。

でだ、一週間前に起きた事件の被害者は清瀬富子、自ら衣料会社を起こし、60歳の若さで引退した社長である。息子は出奔したまま行方知れず、後継者のないのが不満な彼女が白羽の矢を立てたのが、姉の息子で、東京の場末のアパートに暮らしていた役者志望の名倉智樹32歳。その彼を私立探偵を雇って甥を探し出し、家に引き取ったことが事件に繋がっていく。

遺産を餌にした意地悪な試験。智樹は与えられたお金でネット上での株取引を始めるが、ビギナーズラックで元手が増えたのも束の間、失敗が口を開けて待っていた。そんな智樹を慰めるのは女中の春とその娘で料理人をしている30過ぎの美咲である、借金の返済を条件におばの家で働く美咲に心を奪われた智樹。彼の動きを観察する叔母。芽生える殺意。

これで十分だろう。叙述推理の名人、折原のテクニックを堪能して欲しい。読み終われば、ああそうかと納得である。最高の一冊、ではないけれど、ここまで組み立てることのできる作家が何人いるか、と問われれば、やはり折原が第一人者、としか言いようがない。ただ、メタミステリ大流行の昨今、構成で驚かせることはかなり難しくなっているのも事実。たまには、明るい叙述ミステリでも書いてはいかがなものか、折原さん。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/05/04 15:07

投稿元:ブクログ

なるほどーそういう展開かぁ。

すごくおもしろいっっっってわけではないんだけど、ふむふむ面白いなぁくらい?

展開が読めるようで何となくこうじゃないかな?みたいなのはあったんですが、そのさらに1歩上でした。

ただ大どんでん返しを期待してたので、そこまでではなかったのは残念かも。
間からなんとなくモヤモヤ匂わしてるので、その感じがちょっと気持ち悪くもあります。
騙されるなら全く気づかなくて最後にあー!っていうのがよかったかな。
でもこの人の本、なんかそういうのありそう。

おばさんの替え玉にはビックリしました。


@図書館本

2004/12/03 19:42

投稿元:ブクログ

いつもの折原マジック。絶対に仕掛けがあるのはわかっているんだけど、そのすべてを見破ることはできなかった。アレとアレはアレなんだろうなとか、アレはアレだろうと思いながら読んでいたが、最後に真相が!うーん、こんがらがりそうなとこもあるけど、やっぱり折原はいいな。

2006/08/13 15:47

投稿元:ブクログ

二重人格もの?と読み進めるが おば おば おば ここに答えが・・・ 折原さんのものとしては軽めに読める一冊かな

2010/12/27 12:04

投稿元:ブクログ

う~ん。
期待はずれ。。

どんなどんでん返しがあるかなーと思ってたんだけど、いたって普通だった。

2009/12/29 21:51

投稿元:ブクログ

まあはなっから○○トリックだ、てのは分かってるわけだし。折原作品読み慣れた人ならたいした驚きもないかなあ。人間関係の絡まりに関しても、だいたいの見当はついたかも。真相が明かされてみても「ああやっぱりそうだったのね」という印象。タイトルの罠にははまったけれど。
それでも遺産をめぐる争いの中でいったい誰が勝利をおさめるのか。このサスペンス部分でかなり読み進められる作品。さすがにこういうオチになるとは思わなかったなあ。折原作品あまり読み慣れていない人にはお薦めしたいかも。

2010/11/04 10:31

投稿元:ブクログ

なかなか面白いし、いつもどおり先が気になってどんどん読めたのだが、カラクリが割りと早く見抜けてしまったので★4つ。

2013/07/03 17:38

投稿元:ブクログ

真理描写は相変わらずうまいものとおもうが、この人はどうも、同一人物や、最後のドンデンが大変に好きなようだ。