サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. スポーツの通販
  4. 球技の通販
  5. 晶文社の通販
  6. ディナモ ナチスに消されたフットボーラーの通販

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.10
  • 出版社: 晶文社
  • サイズ:20cm/240p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7949-6636-9

紙の本

ディナモ ナチスに消されたフットボーラー

著者 アンディ・ドゥーガン (著),千葉 茂樹 (訳)

ウクライナという祖国やチームのため? ナチスへの抵抗? 勝ったら命の保障はない、第二次世界大戦、占領下のゲーム。ディナモ・キエフVSナチスの伝説の試合の真実を、丹念に掘り...

もっと見る

ディナモ ナチスに消されたフットボーラー

税込 2,310 21pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ウクライナという祖国やチームのため? ナチスへの抵抗? 勝ったら命の保障はない、第二次世界大戦、占領下のゲーム。ディナモ・キエフVSナチスの伝説の試合の真実を、丹念に掘り起こした渾身のノンフィクション。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

アンディ・ドゥーガン

略歴
〈ドゥーガン〉イギリスのジャーナリスト。マーティン・スコセッシやロバート・デ・ニーロの伝記など、映画に関する著作もある。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

勝つことが許されない試合とは

2006/06/18 03:15

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ろこのすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

今春、チョン・ミョンフン指揮で、ウクライナの作曲家ムソルグスキーの『展覧会の絵』を聞いて感動したのを覚えている。
その中の「キエフの大門」は比類なき建造物への畏怖と憧憬がこもり、壮麗で圧倒的な頂点が築かれ素晴らしかった。
さて、このキエフは歴史上常に争いと占領にさらされた地域である。
ウクライナはソ連の「パン籠」と呼ばれるように肥沃な土地を有し侵略者たちの格好の餌食となった。
1941年ヒトラー率いるナチス・ドイツは不可侵条約を破りソ連を攻撃。
ソ連を占領し隷属させる「バルバロッサ作戦」がはじまり、キエフも作戦初日に爆撃を受けた。
本書はキエフのサッカー・チーム「ディナモ・キエフ」の選手たちがナチス・ドイツに占領され、自由を奪われ、飢餓状態のなか、ドイツ軍チームと「勝つことが許されない」試合をし、その後、死の谷に送られるまでの運命を克明に記したノンフィクションである。
ナチス・ドイツはウクライナ占領後、キエフ市民を御しやすくするためには従来のスポーツイベントを復活することを思いつく。
スポーツによるプロパガンダの開始である。
「ディナモ・キエフ」の選手たちは戦争で傷ついたぼろぼろの体をひきずりながら、一人また一人と集結し「FCスタート」というチームを作り試合をする。
最初は親ナチ派の地元民族主意義者と、次は駐留ドイツ軍チームと、次にはドイツの援軍らと試合をし、それら全て「ディナモ・キエフ」が勝利した。
選手たちは倉庫でみつけた真っ赤なジャージーを身につけ出場。
キャプテンのトゥルセヴィッチは「わたしたちには武器はない。だが、ピッチの上では戦って勝利を得ることもできる」「ファシストたちにこの色を屈服させることなどできないことを思い知らせるんだ」とスピーチ、選手たちは奮い立つ。
彼らの快進撃に意気消沈していた市民たちが勢いづき自信をとりもどしてくる。
ドイツにとって、サッカーの試合はキエフ市民への懐柔策にすぎなかったのが全て叩きのめされ一転。
アーリア系民族は身体的完璧さによってスポーツでも優越性をもつとしたヒトラーは色をなし、ドイツチームは何としても勝利を収めなければすまなくなった。
ついに「勝つことが許されない」試合の日はやってくる。
勝ったら命の保障はない運命の日。5−1で「ディナモ・キエフ」は勝利。
三日後の再戦でも5−3で勝利。
試合に臨む前にナチス・ドイツが提示した条件。
その条件に選手たちがどのように反応し、試合はどのようなものだったかは本書のハイライト。
その後選手たちは逮捕され収容所に送られ、何人かはそこで殺された。
「勝つことが許されない」試合になぜ彼らは勝つことだけを目ざしたのか。
収容所から生き残ったわずかの選手や試合をみた当時の人たちの証言をもとに描かれた本書はスポーツ・ノンフィクションでもあり、歴史ノンフィクションでもある。
ナチス・ドイツによるウクライナ攻撃の惨状と死の谷での虐殺を知る手立てとなったのは本書が歴史ノンフィクションとしての側面も併せ持つものである。
不幸にも、スポーツが政治や民族問題とも深く関わった中で、「ディナモ・キエフ」の選手たちがみせた死をも恐れない「誇り」はすがすがしい読後感をあたえる。
今まさに、W杯がドイツで開催されている。
ソ連崩壊後、ウクライナは独立国家としてW杯に悲願の初出場である。
ドイツとの対戦はいかに?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/03/25 19:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/04/24 07:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。