サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.10
  • 出版社: 中央公論新社
  • サイズ:20cm/426p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-003578-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

アマゾニア

著者 粕谷 知世 (著)

家族を殺された怨みを抱く女戦士・赤弓。想い人に未練を残す守護精霊「森の娘」。復讐と再会が森の部族の平和な暮らしを揺るがす…。濃密な生命と精霊に満ちた密林に展開する、魂の喪...

もっと見る

アマゾニア

税込 2,200 20pt

アマゾニア

税込 2,200 20pt

アマゾニア

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS XMDF 874.7KB
Android XMDF 874.7KB
Win XMDF 874.3KB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

家族を殺された怨みを抱く女戦士・赤弓。想い人に未練を残す守護精霊「森の娘」。復讐と再会が森の部族の平和な暮らしを揺るがす…。濃密な生命と精霊に満ちた密林に展開する、魂の喪失と再生の物語。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

粕谷 知世

略歴
〈粕谷知世〉1968年愛知県生まれ。大阪外国語大学イスパニア語科卒業。「クロニカ」で第13回ファンタジーノベル大賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

アマゾンの森に遊ぶ楽しさ

2006/05/30 12:49

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つきこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

“女同士はややこしい”。その言葉は嘘ではないけれど本当でもない。女だけの世界は意外と居心地のいいものだ。しかしそこに“男”がからむと途端にややこしくなるから面倒なのである。
時は16世紀、黄金を夢見て無謀にもアマゾンの森に迷い込んだイスパニア人の男が二人。
男子禁制のはずのアマゾネスの部族に二人の西洋人(しかも男)が迎えられたことから彼らの世界は大きく変わっていく。ただでさえ生まれるはずのない男の子をめぐって部族内が紛糾していた矢先、さらなる厄介事の発生はそれまで平穏に保たれていた秩序を崩壊させ、ひとつの不和が次の不和を呼び次々と災いがやってくる…とまぁこんな感じで物語は進行していくのですが、とにかく面白い!
強いて分類すればファンタジー?精霊は出てくるし、戦いはあるし、世界は破滅しそうになるけれど、今までに読んだどんなファンタジー小説ともその趣は異なっていて(大体アマゾンのジャングルが舞台の小説自体とても珍しいだろう)大人が読んでも楽しめる物語に仕上がっています。初恋くらいでジタバタする尻の青いお子様が世界の救世主になるような、間違ってもそんな物語ではありません。
例えば物語の幕開けは、長年の宿敵である“オンサの部族”を壊滅へと追いやった戦勝気分も抜けきらぬ“結びの宴”からスタートするのですが、この“結びの宴”とはぶっちゃけ戦に勝ったお祝いにご褒美として“泉の部族”の女達の体を他部族の男達に与えるというもの。こういう儀式がさらりと描かれる辺りが大人向け、冒頭から読者を驚かせてくれます。
“結びの宴”に“お宿りの儀式”などいかにも神話的な儀式の数々が繰り広げられる上に登場人物達の名前が、赤弓に夢見鳥に“影の三つ子“岩影・草影・沼影!なんと素敵な名付け方なのでしょう。この辺りでまず今後の展開を思ってわくわくしました。
そして泉の部族の女達はもとより彼女達を取り巻く男達、カイマン—鰐—の頭被りをした鰐の部族(この部族長がまたかっこいいのだ!)や亀の部族、猿の部族の面々の何と個性豊かで魅力的なことか!いいぞ、かっこいいぞ、強いぞ!読み進むほどにこの後はどうなるの???と頁をめくる手を止められない、そんな快感を久しぶりに味わいました。
奔放な想像力で紡ぎ出された物語を心ゆくまで堪能することのなんと幸せで楽しいことか。
“現実とは全くかけ離れた世界に想像の翼をはばたかせる楽しみ”をお求めの方は是非お試し下さい。読後感もすっきり爽快。あぁ楽しかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

著者コメント

2004/10/18 17:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:粕谷知世 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 アマゾン河のアマゾネス(=女戦士)の話。この「アマゾニア」を一言で表すなら、こうなります。そして、この物語の主人公・赤弓は女戦士の部隊長。ただし、彼女は事情あって自分の女性性に目覚めていないので、その言動は救いがたいほど色気に欠けています。周りの女性がやきもきするのを尻目に「部族を守る戦士が、母になる儀式なんか受けられるか」と放言する始末です。
 この赤弓に、恋人を待って何千年も生き続ける精霊や、大人になりたくない思春期の少女、他部族の男たち、あるいはスペイン人征服者が絡んで引き起こす悲喜劇を、楽しんでいただければ幸いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/06/17 02:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/07 16:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/03 01:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/18 23:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。