サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 小説の通販
  5. 河出書房新社の通販
  6. プリンセス・ダイアリー 4 ときめき初デート篇の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

プリンセス・ダイアリー 4 ときめき初デート篇
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2004/10/09
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:19cm/261p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-309-20414-7

紙の本

プリンセス・ダイアリー 4 ときめき初デート篇

著者 メグ・キャボット (著),代田 亜香子 (訳)

突然プリンセスになってしまったフツーの女子高生ミアの日記。せっかくマイケルと「いい感じ」なのに、ヨーロッパで公務をこなさなければならないミア。やっと初デートにこぎつけた二...

もっと見る

プリンセス・ダイアリー 4 ときめき初デート篇

税込 1,540 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

突然プリンセスになってしまったフツーの女子高生ミアの日記。せっかくマイケルと「いい感じ」なのに、ヨーロッパで公務をこなさなければならないミア。やっと初デートにこぎつけた二人の前にさらなる障害が…。ラブコメディ。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

メグ・キャボット

略歴
〈メグ・キャボット〉作家。パトリシア・キャボットの名で歴史ロマンス小説を書いたり、イラストレーターとしても活躍。ニューヨーク在住。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価3.2

評価内訳

紙の本

どうなる!?

2017/12/14 22:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

プリンセスの公務とボーイフレンドとのつきあいの両立はたいへんそうだなー。
初デートもいったいどうなるって感じでハラハラ。
頭ぐるぐるプリンセスミア、まあ性格なんだけどなー。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ハードカバーとソフトカバー

2004/12/14 22:32

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tumtum - この投稿者のレビュー一覧を見る

メグ・キャボットの「プリンセス・ダイアリー」シリーズは、本作で4冊目となる。前3冊がすべてハードカバーであったのに対し、この4作目はソフトカバーである。そのため、本棚に4冊並べて見ると、どうしても形態の一貫性の欠如が気になってしまう。別にマニアックにコレクションする類の本ではないのだが、それでも何となく。この本は前3冊から続けて読んでいる人が圧倒的に多いであろうし。

アメリカなどでは売れ線の本は、ハードカバー(表紙に堅い紙を使っている本)とソフトカバー(表紙に柔らかい紙を使っている本;ソフトカバーで、なおかつ、紙質が劣るものはペーパーバックと言われる)が同時に刊行されることが一般的だが、残念ながら日本ではそのようになっていない。ソフトカバーを刊行すること自体は構わないのだが(おかげで前3作よりも200円割安になっているのは確かにありがたい)、並行してハードカバーも刊行してほしかったというのが本音である。

内容については、最後の「ミアの隠された才能」についての記述が、どこか文芸評論家・書評家・教育者に媚を売ったような感じの内容ですっきりしないが、しかし、確かに本シリーズのダイアリーという形態から必然的に導き出される内容であるのは見事であり、総じて良い作品だと思う。星二つにしたのは、主に先述した判型への不満からである。出版社には猛省を促したい。

次作(Vol. 4 1/2)『プリンセス・ダイアリー キャンプで番外編』が楽しみだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/12/05 20:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/03 16:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/18 11:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/14 20:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/05 03:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/14 13:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/24 08:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/25 23:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/25 07:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/27 23:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/12 20:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/18 11:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/01 10:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。