サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 25件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.10
  • 出版社: 光文社
  • サイズ:18cm/312p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-334-07583-5
新書

紙の本

龍臥亭幻想 上 (Kappa novels 御手洗潔シリーズ)

著者 島田 荘司 (著)

90年代の本格シーンに屹立する長編傑作「竜臥亭事件」から8年。つねにミステリー界の最先端を疾駆する巨匠・島田荘司が、満を持して放つ書下ろし長編! 吉敷竹史と加納通子の運命...

もっと見る

龍臥亭幻想 上 (Kappa novels 御手洗潔シリーズ)

税込 964 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

90年代の本格シーンに屹立する長編傑作「竜臥亭事件」から8年。つねにミステリー界の最先端を疾駆する巨匠・島田荘司が、満を持して放つ書下ろし長編! 吉敷竹史と加納通子の運命は…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

島田 荘司

略歴
〈島田荘司〉1948年広島県生まれ。武蔵野美術大学卒業。81年「占星術殺人事件」でデビュー。著書に「魔神の遊戯」「三浦和義事件」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー25件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

龍臥亭再び

2006/02/20 23:44

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピエロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

あの龍臥亭の事件から八年、事件にめぐり合わせた人々が、再び龍臥亭へと集う。作家の石岡和己も招かれるが、そこで待っていたものは、過去の事件に負けないくらいの、土地に残る伝説に彩られた不思議で恐ろしい殺人事件だった。
島田荘司のミステリ、一時はかなりハマって続けざまに次々と読んで読み返してをしていたのですが、ここしばらくご無沙汰でした。で、久しぶりに読んでの感想は、やっぱりおもしろかった〜。ミステリというと、トリックやら犯罪の動機やらが重要なポイントなのですが、そんなのは抜きにして、あの独特の雰囲気づくりの上手さは超一流、そこに浸れるだけで、もう十分に満足してしまいます。
本作では、作者の生み出した二大探偵、御手洗潔と吉敷竹史が、出会いはしませんが同じ事件の謎を解く。ファンにしてみれば、もうたまりません。また、『龍臥亭事件』から島田ワールドの住人となった犬坊里美が司法試験に合格、弁護士になるつもり、刑事事件をやるかどうかはわからないと語らせていますが、もしかしたらこの先、吉敷警部と協力して、あるいは刑事と容疑者の弁護人として対立、などといった事件も読めるのでは、と期待がふくらみます。
今後の島田ワールドの展開がとても楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/12/01 01:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/02/03 17:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/08 23:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/03 21:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/03 02:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/07/05 12:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/07 14:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/14 20:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/07 18:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/23 01:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/17 00:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/31 09:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/25 15:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/18 00:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。