サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

2/4~エントリー【HB施策】『DEATH NOTE』描き下ろし読み切り『ジャンプSQ. 2020年3月号』掲載記念プレゼント企画エントリーページ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

No.6 #3(YA! ENTERTAINMENT)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 82件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生 中学生
  • 発売日:2004/10/09
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: YA! ENTERTAINMENT
  • サイズ:19cm/205p
  • 利用対象:小学生 中学生
  • ISBN:4-06-212585-4

紙の本

No.6 #3 (YA!entertainment)

著者 あさの あつこ (著)

「NO.6」の研究員に連れ去られた沙布。ネズミはその事実を紫苑に隠す。彼らは成功率がほとんどない仲間の救出に向かうのか、それとも…? 疾走する近未来サバイバル小説第3弾。...

もっと見る

No.6 #3 (YA!entertainment)

税込 1,045 9pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

「NO.6」セット 11巻セット

  • 税込価格:11,550105pt
  • 発送可能日:購入できません

「NO.6」完結セット 10巻セット

  • 税込価格:10,50595pt
  • 発送可能日:購入できません

「NO.6」セット 8巻セット

  • 税込価格:8,36076pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「NO.6」の研究員に連れ去られた沙布。ネズミはその事実を紫苑に隠す。彼らは成功率がほとんどない仲間の救出に向かうのか、それとも…? 疾走する近未来サバイバル小説第3弾。【「TRC MARC」の商品解説】

おまえさんの負けだよ。ここじゃ、守らなきゃならないものを持っちまったやつは生き残れないのさ。そういうおまえも、無事に春を越せるのか……。

「西ブロック」でイヌカシに仕事を紹介された紫苑。「NO.6」の研究員に連れ去られた沙布。紫苑の母・火藍からの緊急メッセージを受け取ったネズミはその事実を紫苑に隠す。ネズミの心の葛藤……。彼らは成功率がほとんどない仲間の救出に向かうのか?それとも……。疾走する近未来サバイバル小説 待望の第3弾!


【商品解説】

著者紹介

あさの あつこ

略歴
〈あさのあつこ〉岡山県生まれ。「バッテリー」で第35回野間児童文芸賞を受賞。著書に「テレパシー少女「蘭」事件ノート」シリーズなど。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー82件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

いずれは…現在でも…

2004/11/26 12:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テノール - この投稿者のレビュー一覧を見る

#1.2を読み、楽しみにして#3をついに手にしていっきに読み終わり、ウーンとうなっているところです。#2のあとがきで、どう進むべきか、あさのさん自身の悩みが伝わってきて、私自身も自分だったら…と考えてきました。そういう意味では、やっぱり、性急には突き進めないんだと、納得しているところです。紫苑が、ネズミも含めて、死ぬことなく、No.6を変えていけることが、特にヤングを含む児童書という枠で考えると展望の中に入っていると良いと思います。ただ、#1から感じていましたが、No6も西ブロックも、決して、もう近未来ということでなく、現在地球上に存在しているのではないかと思うのです。人間どうしが、大切にしあえない、考えられないような事象が山と起こっている現在、ある意味でこれは、現在に警鐘を鳴らしているんだと思うのです。現在をみつめ、明るい未来を考える若者を育てる力をこの本はもっていると思います。#4を期待しています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

細かな心の動きを書いてあるのは素晴らしい。でも待ちに待って進んだのがほんの数日なのはちょっとガッカリ。

2004/12/14 13:47

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エルフ - この投稿者のレビュー一覧を見る

壁1つで「No.6」と他の地域は裕福と貧困、生と死に分けられている。
ネズミに助けられた紫苑が今いる西ブロックでは誰もが「生き延びる」ことに必死。他人の心配などしたこともない人々ばかり。
甘いと言われようが飢えに苦しむ子供がいれば手を差し出してしまう。当然のように食べ物は奪われ逆に痛い目に合う…それでも紫苑は変わらずにいる。
そんな紫苑と出会うことでイヌカシもネズミ同様に少しずつ変わっていくのだった。

さて今回中心となるのはネズミの心の動き。
「No.6」を憎み崩壊を目指すネズミにとって紫苑は危険な存在。頭では切り離せと警告が鳴っているのにあの晩、窓を開けた紫苑に出会ってしまったネズミは、紫苑を忘れられずまた離れられない運命だとも感じている。

物語の設定はかなり面白い、近未来を設定していながら現代にも少し当てはまる部分もある。
ただ#2と比べるとそれぞれの心理描写が丁寧に書かれている分物語が全く進まない。これがかなりじれったい。
沙布が拉致されてから3日程度の事柄が一冊に書かれているためこの巻を飛ばして読んでも物語が通じるのではないかと思うくらい進展自体は全くない。
必要といえば必要な彼らの心の動き、躊躇いなのだが、ここまで綿密にネズミの心の葛藤を書かれると後の展開が一通りしかなくなってしまうような気がしてしまうのだが…。
紫苑はNo.6の人々を救うことを望み、ネズミはNo.6の人も含め全てをを破壊することを望む。
いつか対立しなくてはいけない二人、そしてそこが一番の見所なのにこの時点で既に答えが出ているのではないだろうか。
また個人的に何が不満かと言うと「あとがき」で著者は「テロリスト」の言葉を前回から使っている。果たしてネズミは「テロリスト」に当てはまるのだろうか?

おそらくネズミ自身の生まれの秘密やNo.6誕生の秘密・蜂に関することなど謎が解けるたびに違った風景を見せてくれるのだろう。この部分はかなり期待しているのだが、何分次作が出るまでにまたかなり間があるのが辛い。
期待して読んで物語が進まないのは辛いので出来たら次作ではもう少し物語が進んで欲しいものだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/01/27 12:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/13 20:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/31 14:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/19 13:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/23 14:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/19 10:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/14 17:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/17 15:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/24 23:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/22 08:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/15 00:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/20 00:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/11 22:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ファンタジー・SF ランキング

ファンタジー・SFのランキングをご紹介しますファンタジー・SF ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。