サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

お見世出し(角川ホラー文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.11
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川ホラー文庫
  • サイズ:15cm/200p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-376901-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

お見世出し (角川ホラー文庫)

著者 森山 東 (著)

【日本ホラー小説大賞(第11回)】【「TRC MARC」の商品解説】

お見世出し (角川ホラー文庫)

473(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

お見世出し

454 (税込)

お見世出し

ポイント :4pt / 紙の本より19おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

お見世出し 5-61
お化け 63-144
呪扇 145-193

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

妖しい雰囲気を持つ古都で語られる恐ろしい三つの物語

2010/02/05 18:38

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:toku - この投稿者のレビュー一覧を見る

同じ森山東氏の作品「デス・ネイル」と同様、おどろおどろしい表紙のイラストがたまらない。
本書は3編の短編小説を収録しており、どれも京都を舞台に3人の語り手が自身が体験した物語を語っていくという形式で書かれている。
古都の持つ妖しい雰囲気を存分に取り込んだ物語が魅力的である。

『お見世出し』
夢にまで見た舞妓となった少女綾乃は、店を訪れた客にお見世出しまでに体験した恐ろしい話を語り出した。
綾乃は30年前に死んだ舞妓見習い「幸恵」と瓜二つだったのだ。

ホラー定番の結末ではあるが、語り手の体験を第三者が聞く形式で進められる物語は、読者を怪談を聞いている立場に置き、通常のホラー小説よりも物語を楽しむことができた。稲川淳二の怪談を聞いているような心境である。
自分が体験しているような直接的な怖さはないので、好みが別れるだろう。

『お化け』
京都の節分に花街で行われる芸舞妓の「お化け」を題材にした物語。
主人公の芸妓が体験した、「鬼」のように意地悪な芸妓の話を語っていく。

節分に欠かせない鬼が物語を作り、京都という土地の妖しさと、芸妓(女)のドロドロとした部分が描かれている。
しかしあっけらかんとした芸妓の締めくくりで、怪しい雰囲気とドロドロしたものが消えてしまっているのが残念。

『呪扇』
扇子屋の主人が語る「呪扇」の物語。
呪扇とは文字通り呪いの扇子。「祝い」の人を幸福にする扇子の力を生かすために、「呪い」の扇子を作るのだが、祝いの度に対で呪いの扇子を作っていたらキリがない。
そこでまとめて100年に一度、大きな呪いの扇子を作り供養して燃やす。しかし呪扇は開いても、見ても、使ってもいけないのだ。

そんな呪扇の作り方が異常に細かく書かれているのだが、分かりづらく映像が浮かんでこない。
しかし呪扇製作はグロテスクなので、映像が浮かばなくて良かったかもしれない。それでも気分が悪くなりそうだった。
しかも大呪扇、小呪扇、2つの呪扇の作り方が丹念に書かれているので、もうマイッタという感じだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

怖い。。

2016/10/15 01:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:プロビデンス - この投稿者のレビュー一覧を見る

う、もう怖い、うへー、やめて、というのがジュセンです。お見世出しもお化けも異次元京都の雰囲気がよく出てました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/12 22:16

投稿元:ブクログ

3編入っているどの作品も妖しく、哀しく。京言葉で、耳元で
囁かれているような。是非次も祇園を舞台にした作品読みたいです。

2004/12/05 01:31

投稿元:ブクログ

ハリウッド進出も噂される森山東第一作。
ただひたすら「呪扇」を読むためだけに買え。
この水準を常に超える作品を作り続けるのなら、ハリウッドなんて目じゃないと思いますが>スケキンさんにいさん

2006/11/03 20:54

投稿元:ブクログ

京都祇園を舞台にした舞妓さんのホラー。中でも『呪扇』がものすごく残酷というか想像してて鳥肌がたつような描写の連続ですごかった。
第11回ホラー大賞短編賞受賞

2007/11/29 21:22

投稿元:ブクログ

※お見世出しとは、京都の花街で修業を積んできた少女が、
  舞妓としてデビューする、晴れ舞台のこと。

表紙が怖そう。。。だったので、読んでみました。
出張で京都にきたサラリーマンが、
ホームバースタイルの「お茶屋」で、
舞妓から聞かされた不思議な話とは。。。

酔いの回り始めたサラリーマン2人を前に、
舞妓が、ひとり語りを始めると言う設定がいい。
じわりじわりと彼女の話に引き込まれ、
華やかで、怪しい世界を堪能することができました。
ちょっぴり怖くて、京都の雰囲気を楽しめる物語。

2008/10/09 03:14

投稿元:ブクログ

舞妓さんが主人公の和風ホラー。これは怖かった。人の暗いとこを上手く見せつつ、理解できない(得体の知れない)領域に持って行ってる。つまり、怪談してた。ホラー好きなら買って損しないと思う。

2010/01/29 21:26

投稿元:ブクログ

ホラー小説大賞短篇賞受賞作品。
京都の花街を舞台とした、和風ホラー。「怪談話」と言ったほうがしっくりくるかな。京ことばが妙に耳(目?)に馴染む感覚で、雰囲気にするすると浸りこめる。で、浸りこんだところでじわりと恐怖が……巧いなあ。しかしそのわりに高い評価を得られなかったのは、この上を行く過去の某作品の存在があったからだそうで……なるほど。連想しますね。
ゆったりと静かな恐怖の表題作から、少し怪物的ホラーの要素を持つ「お化け」、そして凄惨な「呪扇」、というこの構成も見事。恐怖が加速する感じだなあ。

2011/03/08 16:13

投稿元:ブクログ

感想はブログでどうぞ
http://takotakora.at.webry.info/201102/article_8.html

2011/09/28 21:24

投稿元:ブクログ

面白かった!
私はそんなにぼっけえ、きょうてえ思い出さなかったけどなぁ。
惜しい作品でしたねホラ大。

最後の呪扇が私の大好きなエログロホラーで本当に面白かった!
舞妓さんと京都とホラーという素敵な組み合わせの素敵なホラー小説でした。

2011/09/16 15:17

投稿元:ブクログ

「芸妓さんと遊びたいなあ」
ぼってえ、きょうてえとかぶってる感じした。
ホラー大賞ってそういうの多い。

2012/03/14 11:55

投稿元:ブクログ

 京都を舞台にしており、舞妓や扇屋といった日本文化の雰囲気を存分に味わえる3つの短編和風ホラー。呪扇は私の読解力がないせいか、いまいち図が浮かばなかったので残念でした。

2013/09/05 00:18

投稿元:ブクログ

短編三品。
『お見世出し』:「ほほう」。
『お化け』:「ふーん」。

『呪扇』:「へ? う、うわあああああああやめてやめてやめてぎゃあああああああぁあああああああああああああああぁあああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

2016/08/21 17:16

投稿元:ブクログ

『お見世出し』『お化け』『呪扇』の3篇からなる京都花街ホラーは思った以上に楽しめた。舞妓、芸妓、扇子職人がそれぞれの篇で淡々と恐怖譚を語るのだがパターンが一緒なのでやや面白味に欠ける。しかしそれ以上にはんなりとした京言葉や花街の世界観が魅力的で、その雰囲気にグッと引き込まれた。登場人物の悲しい過去の件でちょっとホロっと来たかと思えばラストで切れ味のある怖さで落とすパターンも気に入った。『呪扇』の残虐的な展開も予想外で、さらりと語る怖さが余韻を引く。

角川ホラー文庫 ランキング

角川ホラー文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む