サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

※12時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(0925-26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 36件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2004/11/10
  • 出版社: 文芸春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/398p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-745105-0
文庫

紙の本

沈黙者 (文春文庫)

著者 折原 一 (著)

沈黙者 (文春文庫)

税込 639 5pt
ポイント40倍

沈黙者

10/01まで5pt

税込 639 232pt

沈黙者

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.3MB 無制限
Android EPUB 6.3MB 無制限
Win EPUB 6.3MB 無制限
Mac EPUB 6.3MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー36件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

巧みなリードと伏線。ミステリーの楽しさがつまっている

2010/07/03 17:52

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かつき - この投稿者のレビュー一覧を見る

取り調べも、起訴後の裁判でも
氏名、住所などを一切明かさないとどうなるか――。
たった3,000円程度の万引きと
警備員と近くの客への傷害罪で
どんどん自分を追い詰めていく一人の若い男。

彼に語りかける二人称が巧みに物語をリードしながら
一方、埼玉県久喜市で一家残虐連続殺人事件を
クロスカッティングさせます。

こちらも同じ学生の新聞配達者による発見が
物語を盛り上げます。

ミステリーは謎に包まれたまま、
最後に思わぬ展開を見せるのですが
やはり、プロフィールに対して黙秘権を行使し続ける男の話に
切迫感があります。

しかも、これは実話に基づいたフィクションというから驚き。
彼が果たして、どんな刑になるのか、というのは
ひとつの読みどころなので明かしませんが、意外に重い。
警察では素直になりましょう。
頑固者は時として、人生を無駄に過ごします。

驚きに満ちたラストの帰着すると
ミステリーを頭の中で構成し直してしまいます。
すべてが明らかになるまで
複雑な伏線を楽しみました。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

沈黙を守ることの怖さ、それをこういった形で小説に出来るのは、やはりこの人でしょう。それにしても埼玉県、犯罪王国の感が拭えないのは困りものです

2005/12/20 21:06

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

《埼玉県北東部の人口七万の久喜市。新聞配達の学生が巻き込まれた二件の大量殺人事件。奇跡的に助かった被害者の弟が失踪した》
ダチョウ倶楽部ではないですが、掴みが良ければ小説の大半は成功と言ってもいいもの。折原一の推理小説は、どれも冒頭で読者をひきつけずにはおかない点で、それに似ています。それにしてもこの小説の舞台である埼玉県、昔はダサイなどと笑われていたのですが、最近は犯罪が頻繁に起きる場所のイメージが強くなっています。ワールドカップもあったことですし、そろそろ汚名挽回と行きたいところですね。
埼玉県北東部の人口七万の久喜市、そこで新聞配達をする大学生の立花洋輔が事件の発見者です。配達先の鍵の掛からない玄関に不審を抱いた彼が見つけたのは一家4人の惨殺事件でした。一人生き残ったのは同じ大学理科大の学生 田沼ありさです。十七歳の弟省平の行方はようとして知れません。その発見者である洋輔がまたしても出遭ったのが元警視庁署長である吉岡一家殺人事件でした。
平行して描かれるのが、十七歳の少年が引き起こした万引き事件です。彼は事件そのものこそ認めたものの、頑なに名前を明かすことを拒み続け、警察の心証を悪くしたまま留置所の留め置かれます。留置番号池袋警察署39番と呼ばれ、姓名を明かすことを拒み続ける少年は一体誰なのでしょうか。殺人事件との関連は。失踪した省平はどこに。心の傷を乗り越えてありさは再び幸せを掴むことができるのでしょうか。
五十嵐友也のレポートを小説に構成したという形式をとっています。叙述トリックが得意な作家だけに、単純な推理小説ではありません。ただし、古いところでは中町信『新人文学賞殺人事件』、記憶に新しいところでは逢坂剛『水中眼鏡の女』の切れには及ばない気がします。
むしろ構成ではなく、私がもっとも感心したのは、頑なに沈黙を守り続ける万引き少年の描写です。読んでいるこちらの心が痛くなってくる、とはこういう小説をいいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/06/23 18:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/25 18:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/06 16:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/03 01:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/20 12:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/01 20:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/06 16:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/15 10:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/22 16:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/03 05:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/12 14:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/19 12:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/04 20:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。