サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 哲学・思想・宗教・心理
  4. 他者と死者 ラカンによるレヴィナス

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

他者と死者 ラカンによるレヴィナス
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.10
  • 出版社: 海鳥社
  • サイズ:20cm/274,6p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-87415-498-0
  • 国内送料無料

紙の本

他者と死者 ラカンによるレヴィナス

著者 内田 樹 (著)

レヴィナスの思想の核心である「他者」論を、ラカンの精神分析理論を手掛りに読み解く。難解なことで知られる2人の哲学者に共通する「分からなさ」が、読解の手掛りを提供し、さらな...

もっと見る

他者と死者 ラカンによるレヴィナス

2,700(税込)

ポイント :25pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

レヴィナスの思想の核心である「他者」論を、ラカンの精神分析理論を手掛りに読み解く。難解なことで知られる2人の哲学者に共通する「分からなさ」が、読解の手掛りを提供し、さらなる謎へと誘う美しい思考のアクロバシー。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

内田 樹

略歴
〈内田樹〉1950年東京生まれ。東京都立大学大学院人文科学研究科(仏文専攻)中退。現在、神戸女学院大学文学部教授。専門はフランス現代思想、映画論、武道論。著書に「街場の現代思想」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

「ラカンによるレヴィ...

ジュンク堂

「ラカンによるレヴィナス」という副題にまずはおののく。ラカンもレヴィナスも、極めて難解な思想家であり、一人一人を読み込むだけでも厖大な労力が必要だからである。しかも二人は、通常はそれぞれ精神分析と倫理学という異なる範疇で論じられる人だからだ。だが、内田の炯眼は、「ほとんど同年齢で、同じ大戦間期にフランスで知的形成期を過ごしてきた二人の卓越した知性が、『今、緊急に取り組まねばならない人間的課題とは何か?』という問いに対して振り絞るように出した答えがまるで違っているはずがない。」ことに向けられる。ラカンもレヴィナスも、ナチスによる虐殺をたまたま免れたユダヤ人であり、一貫して「他者」にこだわり、「他者」を考え抜いた人たちであった。そうした二重奏に、いつの間にかアルベール=カミュや村上春樹が加わっている。近年新書版でベストセラーを続ける内田樹だが、本来の面目躍如はこうしたところにあるのだ。
「同じ一つのことを言うためには二人の人間が必要なのだ。それは同じ一つのことを言う人間はつねに他者だからだ。」モーリス=ブランショは、こう言った。

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「中間的なもの」にとどまる強靱な知性

2005/03/22 13:57

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オリオン - この投稿者のレビュー一覧を見る


 レヴィナスの著書はまだ読みきったことがない。最小限の「蔵書」をモットーにしている部屋の本箱には、ここ数年来、講談社学術文庫の『実存から実存者へ』と『存在の彼方へ』、ちくま学芸文庫の『レヴィナス・コレクション』がほとんど手つかずのまま眠っていて、どうしても「整理」することができない。いつの日にか必ずや耽読することになるであろうという確信がある。というのも、これまでに読んだレヴィナス関連本(たとえば熊野純彦の『レヴィナス入門』と『レヴィナス』、合田正人の『レヴィナスを読む』、小泉義之の『レヴィナス』)がいずれも劣らず印象的かつ刺激的だったからだ。

 昨年『死と身体』に続いて読んだ内田樹の『他者と死者』は、これまでに読みえたレヴィナス本やレヴィナス関連本のなかでも群を抜いたとびきりの面白さだった。それ以来、折にふれては部分的に読み返し、そのつど世界の様相が一変するような驚愕を覚え、しかしすぐに忘れ、また読み返しては随所にちりばめられた叡智の言葉に感嘆することの繰り返しで(なんといおうか、「中間的なもの」にとどまる強靱な知性の膂力に圧倒されたとでも)、軽々に感想文や書評めいた小文を認めて本箱から「整理」することができなかった。

 もうすっかり内田節に魅了されてしまって、「時間論」と「身体論」が論じられるというライフワーク「レヴィナス三部作」の完結篇を心待ちにしつつ、レヴィナスの「師弟論」「他者論」「エロス論」が考察された前作『レヴィナスと愛の現象学』を眺めては禁断症状の予防につとめていた。そうこうしているうちに、ちくまプリマー新書から新刊が出た。(以下、『先生はえらい』へ続く。)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/01/17 00:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/11 23:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/16 02:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/22 05:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/16 00:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/16 07:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/10 10:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/17 12:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

西洋哲学 ランキング

西洋哲学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む