サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 芸術・アート
  4. ヒトを呼ぶ市民の祭運営術 定禅寺ストリートジャズフェスティバルのまちづくり

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ヒトを呼ぶ市民の祭運営術 定禅寺ストリートジャズフェスティバルのまちづくり
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.10
  • 出版社: 学陽書房
  • サイズ:19cm/240p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-313-81412-4
  • 国内送料無料

紙の本

ヒトを呼ぶ市民の祭運営術 定禅寺ストリートジャズフェスティバルのまちづくり

著者 菊地 昭典 (著)

仙台4大祭りの一つ、定禅寺ジャズフェスティバルの急成長をヒントに、全国の地域が元気になるような、市民がつくるまちづくりの姿と形を探る。ヒト・街・アイデアの新ユニットで、オ...

もっと見る

ヒトを呼ぶ市民の祭運営術 定禅寺ストリートジャズフェスティバルのまちづくり

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

仙台4大祭りの一つ、定禅寺ジャズフェスティバルの急成長をヒントに、全国の地域が元気になるような、市民がつくるまちづくりの姿と形を探る。ヒト・街・アイデアの新ユニットで、オンリーワンのお祭りをつくろう!【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

菊地 昭典

略歴
〈菊地昭典〉1947年仙台市生まれ。中央大学卒業。仙台市在住。脚本家。映画、テレビのドラマ、ドキュメンタリーの脚本構成を数多く手がける。作品に「遙かなるダモイ」「長江」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

真価が問われるのはこれから

2005/04/10 17:58

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:後藤和智 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」(以下「JSF」)をご存知だろうか。JSFは、毎年9月の第2土曜日・日曜日に、仙台を中心に全国からさまざまなジャンルの音楽家たちが集まり、仙台市街地のいたるところで演奏が行なわれるという、もしかしたら世界一の規模を持つのではないか、と思えるほどの音楽会である。平成16年の時点で第14回を迎えた、歴史の浅いフェスティバルであるのだが、このフェスティバルの開催期間中は定禅寺通に交通規制が敷かれるようになるなど、その重要度はきわめて高い。
このフェスティバルを運営するのは、自治体(仙台市や宮城県)ではなく市民による運営団体である、といったら読者諸賢はどう思われるだろうか。しかし、このフェスティバルは、実際に市民の有志によって運営されているのである。
この企画が始まったのは平成2年である。その目的は、平成元年に政令指定都市となり、さらに仙台空港の開港も控えた仙台市のアピールであり、そのシンボルである定禅寺通を音楽で満たすことはできないか、という企画であった。当初は定禅寺通沿いにある141ビルの運営する会社に事務局を設置しており、第4回までは事務局中心の体制を採用していた。また、当初からJSFの実行委員にはさまざまな人が入れるようになっており、実行委員への参入も多くあった。
ところが実行委員会が変容していくにつれて、あるいは財政難などの構造的な理由から、実行委員会の内部から不満が出始めた。そして、第5回以降は、事務局——実行委員会という体制から、実行委員会が独立して企画から運営まで行なう、というスタイルになった。そして、回数を重ねるごとに、市民の注目は増し、参加者数も増加して、JSFは定禅寺通という枠を飛び出して中心市街地全体に広がるようになった。また、JSFは「ストリートジャズ」というジャンルの開拓でもあった。具体的に言えば、狭いジャンルとしてのジャズではなく、本来ジャズが持っていた旺盛な自己表現の精神の解放である。さらにJSFにおいては、街に来た人が参加者として楽しめるようにと、フィルムケースに乾いた珊瑚の欠片を入れた小型のマラカスを配布する、という画期的なアイディアが第8回から導入された。
実行委員は、このフェスティバルが「イヴェント」ではなく「祭り」であることを強調する。その理由は、「イヴェント」は数字や結果を期待するものであるのに対し、「祭り」はたとえ収益がマイナスであってもそれを支える人たちがいる限りやり続ける、というもの。そしてJSFは、仙台市の観光案内に仙台市の重要な祭りの1つとして取り上げられるようになるほど、仙台にとって欠かせないものとなった。さらに、JSFをモデルとして、宮城県石巻市、高知県高知市、青森県弘前市などが街を挙げての音楽祭を始めている。
無論、激増した来場者の動員など、課題も多い。さらに最近の仙台には、新球団「東北楽天ゴールデンイーグルス」の誕生という、極めて重要なサプライズがあった。それによって仙台への観光客は確実に増加するだろう。そこにJSFは、そして仙台の都市計画はどう関わっていくか。いかにして仙台の魅力を発信するか。JSFの真価が問われるのは、おそらく第20回を開催したときではないかと思われる。
さらに本書を通じて、多くの人が「市民の祭」の重要性を実感してほしい。都市再生は、ひとり資本の論理のみによって行われるものでは決してないからだ。
評者のブログはこちら

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/08/28 10:13

投稿元:ブクログ

仙台での音楽祭の実行・運営について書いてある。市民による音楽祭の企画が、いかにして日本最大の規模にまでなったか。

日本最大のジャズフェスティバルは、その後「とっておきの音楽祭」などのいくつもの似た音楽祭を派生するまでになる。

予算不足解消のアイデアで、カンパをしてくれた人にフイルムケースのミニ楽器をあげるアイデアがおもしろかった。

ジャズ ランキング

ジャズのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む