サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 風と暁の娘 パンツァードラグーンオルタ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

風と暁の娘 パンツァードラグーンオルタ
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.12
  • 出版社: メディアファクトリー
  • サイズ:20cm/412p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8401-1162-6
  • 国内送料無料

紙の本

風と暁の娘 パンツァードラグーンオルタ

著者 五代 ゆう (著)

村外れの塔に幽閉されている少女、オルタ。ある日、帝国軍が村を襲う。だがオルタが帝国軍の手に落ちるとき、天空からドラゴンが出現、帝国軍を焼き払う…。ゲームをモチーフとした、...

もっと見る

風と暁の娘 パンツァードラグーンオルタ

2,571(税込)

ポイント :23pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

村外れの塔に幽閉されている少女、オルタ。ある日、帝国軍が村を襲う。だがオルタが帝国軍の手に落ちるとき、天空からドラゴンが出現、帝国軍を焼き払う…。ゲームをモチーフとした、書き下ろし本格ドラゴンファンタジー巨編。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

五代 ゆう

略歴
〈五代ゆう〉奈良県生まれ。「はじまりの骨の物語」で第4回富士見ファンタジア長編小説大賞を受賞。ファンタジー、ホラーの分野で活躍。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ゲーム『パンツァー・ドラグーンオルタ』のノベライズ

2006/03/25 20:53

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kou - この投稿者のレビュー一覧を見る

<厄災の魔女>と呼ばれ、村はずれの塔に幽閉されて育った少女・オルタ。
ある日、彼女を狙って帝国軍のドラゴンメア部隊が村を襲った。村は焼き払われ、オルタも帝国軍の手に落ちようという時、天空からドラゴンが舞い降りた!
オルタを付け狙う帝国が所持する<生命炉>とオルタの関係、「世界を救うために、お前が必要だ」 と言う亜人・アバド、シーカーであった老人によって語られる<旧世紀>の遺物・生命環境制御システム<塔>の破壊と、そこに関わった人間達の物語…オルタに安息の日は訪れるのか?

ゲーム『パンツァー・ドラグーン オルタ』のノベライズ。
ゲームを知らなくても大丈夫です。どんなゲームかということすら知らない私も、思い切り楽しむことが出来ました。
もう素晴らしいです。五代ゆうさんは、そのデビュー作『はじまりの骨の物語』から好きだった小説家ですが、今回、また好きになりました。
<旧世紀>の人類が終焉に際して、星の管理のために遺した科学技術の結晶や、それを実行するための手足としての人工生物群、そして黄昏の時代を生きる人々…というのは、宮崎駿監督の『風の谷のナウシカ』の漫画版を思い出させます。
でもこちらの作品は飽くまでオルタの物語として語られながら、その周囲の人々、オルタを匿ってくれた闇医者バム・リや、ワームライダーの村の長老で元シーカーのポンタ爺、亜人アバドや、オルタを生み出すことになった亜人アゼル達の物語も多重的に描き出されていて、そこに浮かんでくる世界に没頭してしまいました。
分厚くて手に取るのを躊躇していたのだけれど、読んでよかった。本当に面白かったです。

作者は元々このゲームの大ファンで、趣味でノベライズしていたようなのですが、そちらの方も読んでみたいです。
特にアバドやアゼルの物語が読みたい。また書いてくれないかなぁ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

名作ゲームの豪華ノベライズ!!(平凡なアオリで申し訳なさすぎるのですが!!)

2004/12/16 20:44

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆゆは - この投稿者のレビュー一覧を見る

 何が豪華って、そりゃもう装丁から内容の濃さまでが豪華。はじめは「ノベライズでこの価格? ちょっと高いなあ…」と正直思ったけれども、開いてみれば「こりゃ当然だ!」と思いなおしました。じっくりと本の隅々まで見てみることをオススメしますね。著者・イラストの両氏ともパンツァードラグーンのファンであり、気合が入っていることがわかります。愛あふれてます。
 ただただゲームのストーリーを追ったものというわけでもなく、ある程度過去の作品・資料を踏まえた内容で書かれているので、ファンとしては非常に嬉しい限りでした。また、世界観や背景描写も細かく、ゲーム版未体験の方でも充分楽しめる内容だと思います。
 もとのゲームがシューティングであり、あまりに謎の多い話なので(笑)、若干オリジナリティが加わっていますが(この本に限ったことではないですね)、許容の範囲です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

内容紹介

2004/10/26 13:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:メディアファクトリー - この投稿者のレビュー一覧を見る

物心ついたころから村外れの塔に幽閉されている少女、オルタ。ある日、天より帝国軍〈ドラゴンメア騎兵隊〉がオルタの村を襲う。焼き尽くされ蹂躙される村。オルタこそが〈災厄の魔女〉であり、この災いを村に呼び寄せた元凶だと罵り死んでゆく村人。だがオルタが帝国軍の手に落ちるとき、天空からドラゴンが出現、帝国軍を焼き払う! 帝国軍はなぜオルタを狙うのか? ドラゴンがオルタを救ったのはなぜか? そして〈生命炉〉の秘密とは!? 人気ゲームをモチーフとした本格ドラゴンファンタジー巨編、満を持しての刊行! オルタの冒険が今始まる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/07/16 21:57

投稿元:ブクログ

すごくよくできているなぁ、というのがいちばんの印象。ワームライダーの生活が、生き生きとしている。ゲームに出てこない部分も違和感なく埋められていて、読んでいて楽しかった。エヴレーンとの関わりや独自のキャラクターも追加されているけれど、素直に読めた感じ。

2015/03/19 15:59

投稿元:ブクログ

図書館で。この頃平台でよく見かける作家さんなので借りてみました。ゲームのノベライズとはあとがきを読んで知りました。

取りあえずヒロインの持っている銃はなんだろう?装填も補給も必要ないってものすごい便利だけどなんか変。そしてあれだけ迫害されてもヒトを守るとかなんかスゴイ。そしてドラゴンが健気でかわいらしい。あの子が一番魅力的だなあ、うん。そして何考えてるのかよくわからないオルタよりも百人長だかの女騎士の方がキャラ立ちしてる。けど彼女が何であんなにオルタを憎んでいるのかは謎でありました。厄災の娘とか言ってるけどその厄災はアンタ達が攻めこんで虐殺したからでは?何を言ってるんだかって感じで。
そしてちょっと長かったかなって感じでした。アザトだかアバドだか名前が似てるのもこんがらがりますよね…

2011/05/02 21:21

投稿元:ブクログ

造られた人間の生きる意味を探す旅を描いた物語。
感情の描写がとても丁寧で、主人公の心の変化がよくわかる。
独特の世界観を持ちながら、実際にあるかのようなリアルな表現で引き込まれる。
読了感たっぷりの満足の1冊です。

2009/03/27 13:06

投稿元:ブクログ

Xbox360版パンドラのアナザーストーリー。
補完の仕方に違和感がないところがなによりも素晴らしいと思います。

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む