サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 技術・工学・農学
  4. カラー図解鉄と鉄鋼がわかる本

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

カラー図解鉄と鉄鋼がわかる本
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.11
  • 出版社: 日本実業出版社
  • サイズ:21cm/169p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-534-03835-6
  • 国内送料無料

紙の本

カラー図解鉄と鉄鋼がわかる本 (Visual engineering)

著者 新日本製鉄(株) (編著)

飲料の容器から自動車のボディ、建築資材など、身の回りのあらゆる場面で利用される「鉄」。鉄鉱石の話から製鉄・製鋼のプロセス、溶接やめっきの技術、さまざまな鉄鋼製品の種類まで...

もっと見る

カラー図解鉄と鉄鋼がわかる本 (Visual engineering)

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

飲料の容器から自動車のボディ、建築資材など、身の回りのあらゆる場面で利用される「鉄」。鉄鉱石の話から製鉄・製鋼のプロセス、溶接やめっきの技術、さまざまな鉄鋼製品の種類まで、図と写真を豊富に盛り込んで紹介。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

日本の鉄って、凄いんだア

2005/03/12 22:34

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:塩津計 - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本の鉄鋼産業が空前の活況を呈している。かつて「鉄は国家なり」
と肩で風を切り、経団連会長の座を鉄鋼メーカーが独占し続けて
いた時代も今は昔、斜陽産業と揶揄され、赤字会社がつい最近まで
続出していたのがまるでウソのようである。理由は中国向けに日本の
鉄が売れに売れているからだという。しかしちょっと待って欲しい。
中国政府は過熱する中国経済を冷やすため昨年夏あたりから金融を
引き締め、中国の鉄に対する需要は総量では減少しているのだ。
しかし、しかしである。中国の鉄需要は全体としてかなり減っているが
日本からの輸入は引き続き増えているのだ。その理由は、同じ鉄は
鉄でも中国で作っている鉄、他の国で作っている鉄と日本で作って
いる鉄が、その質において全然違うものだからなのだ。日本は我々が
知らない間に高張力、高性能の鉄を作ることに成功し、こうした高品質
の鉄を作れる鉄鋼メーカーは日本のほかにはほとんど無いという状況を
いつの間にか作ってしまったのである。その具体的内容が本書に書いて
ある。この二十年間に血の滲むような努力を重ねた日本の鉄鋼メーカー
のプロジェクトXを本書を紐解いてとくとごらんあれ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/08/06 12:39

投稿元:ブクログ

日本が誇る新日本製鐵(株)による本です。世界からその技術力に注目され、買収される可能性が最も高い会社の一つではないでしょうか?会社自体、安定株主獲得のために努力をしていますし、日本企業として生き残ってほしいと思います。この本を読むことで、この企業の魅力を発見できると思います。

2010/07/17 12:12

投稿元:ブクログ

鉄ってすごい、と思える部分も少しはありました。
ただ、化学・(物理?)の知識が高校どまりな自分には難しい
部分が多かったです。

2016/08/07 12:09

投稿元:ブクログ

鉄とは何かがよく知れる本。鉄鋼のライン設備について知りたく購入したため、少し思っていた内容とは違った。しかし、鉄に関わる人は一読すべきと考える(機械系の人材は特に)。

2011/12/12 15:41

投稿元:ブクログ

上工程から下工程までさわりの部分を幅広く記述していて鋼とはどういうものかを大まかに捉えるには適した本。一般向けに書こうとしているが、鉄鋼に興味がある人以外は材料系の学部2.3年生くらいの知識がないと楽しく読めないかなといった印象。

2015/06/11 23:06

投稿元:ブクログ

教科書ではなくごく製品として実際に使われるような技術にスポットを当てた本.
鉄鋼業を志望している人は是非.

2015/12/29 20:15

投稿元:ブクログ

地球に鉄が存在するようになり、それが鉄鋼製品として活用されていくまでを追いかける本。新日鉄(当時)の広報誌における連載企画が元になっているそうです。

上司から渡された一種の課題図書として読んだこともあり、最初は退屈だったのですが、高炉の製造プロセスを解説するあたりからがぜんおもしろくなっていきました。炉心コークス層の維持、不純物を除去する複雑な転炉工程、「クラウン」を制御するための圧延プロセスの進化、などなど。さまざまな問題をひとつひとつ解決に至らしめる鉄鋼メーカー技術陣の底力を感じます。

本書で扱われていることは当然ながら理系の世界ですから、化学的な細かいところは理解できませんでした。それでも溶接や表面処理といった関連事項も網羅されていて、読み終える頃には「製鉄」の概要が頭に入ります。よくできた入門書です。やっぱり自分用に一冊買っておこうかな。

2014/12/18 07:04

投稿元:ブクログ

最も身近な金属でありながら、意外と生成過程や特性が知られていない「鉄」本書はその鉄について、元素の成り立ちから最新技術まで丁寧に解説した良書である。化学が好きな人なら特に楽しめると思うが、門外漢が読んでも学ぶことが多く、面白い。鉄の生産プロセスを体系立てて学べると同時に、日本の素材技術がいかに高度であるかもわかる。以下、章ごとのポイントを箇条書きで記す(第7章は鉄に関係する人たちのオムニバスインタビューなので割愛)

【Ⅰ.鉄の生い立ちと、鉄鋼製品ができるまで】
・鉄は、宇宙の誕生と同時に始まった核融合の最終の姿で、構造的に最も安定した元素(原子の質量が最も軽く、結合エネルギーが最も強い)
・鉄は地球重量の34.6%を占め、その可採埋蔵量は約2320億トンと、他の金属に比べて格段に多い。

【Ⅱ.鉄鉱石から鉄を生み出す】
・自然界で鉄(鉄鉱石)は「酸化鉄」(Fe2O3)の形で存在しており、これを高炉の中でコークス(石炭を蒸し焼きにした燃料で、炭素を含む)を混ぜて加熱させることにより還元反応を起こし、純粋な鉄(Fe)をつくる。
・高炉ではコークス炉ガス(COG)と呼ばれる55%もの水素を含むガスが発生しており、COGから取り出された水素を、FCVの燃料として活用する研究が進められている。

【Ⅲ.鋼を生み出す】
・高炉では炭素を主成分とするコークスで鉄鉱石を還元するため、そこで生まれた銑鉄には炭素分が多く(約4.5%)含まれており、このままでは粘りがなくもろい。このもろさの原因となる炭素・リン・硫黄・ケイ素などの不純物をできるだけ取り除いて(※)つくられた粘りのある強靭な鉄のうち、特に炭素濃度が2%以下のものを「鋼」という。
※昔は「鍛冶」のように、鉄中の不純物を叩いて取り出していた。今のように高炉で温度を上げて鉄を液状化できれば、比重差で分離除去できるため、叩く必要がない。
・どのようにして銑鉄中の不純物を取り除くかというと、銑鉄に、炭酸カルシウムを混ぜて酸素を吹き付ける。こうすることで炭素、ケイ素、リン、マンガンなどが酸化して、できた酸化物は炭酸カルシウムと結びついて安定化し(スラグ)分離できる状態となる。

【Ⅳ.形を造り込む】
・鋼片をロールで薄く伸ばすのが「圧延」と呼ばれるプロセスだが、ただでさえ硬い鉄を、変形させるために大きな圧力(幅1mmあたり2トン!)をかけてローラーに巻き込むので、そのままやるとロールが変形し、鋼片も歪んでしまう。そのため、鋼片に触れるロールと圧力をかけるロールの中間にさらにロールを増やしたり、高度な形状計算モデルに従ってロールをシフトさせて歪みを防止するシステムを導入したりして、多品種・少量生産にも対応できるようにしている。

【Ⅴ.鉄と鉄をつなぐ】
・鉄は、あらゆる溶接法(溶融溶接、圧接、ろう接)が適用できる唯一の金属であり、溶断も簡単にできる(鉄は酸化すると融点が低くなるので、酸素ガスを吹き付けて熱を加えると簡単に切れる。鉄以外の金属は酸化すると融点が上がるので、ガス溶断ができない)ので、最も使い勝手の良い金属である。
・溶接は、電気を流して金属と金���を溶かしてくっつけることにより、原子レベルで融合させるものである。造船業などで用いられる大入熱溶接(超大電流で一気に溶接する)は、生産性は高いが、そのままだと溶接部分の結晶が大きくなって脆くなるが、チタン酸化物を加えると結晶の成長が止まって安定する。これは日本が世界に誇る溶接技術である。

【Ⅵ.軟らかくて強い、そして錆びない鉄を!】
・鉄の加工においては、「高い強度」と「良加工性」という相反する特性の両立が求められる。
・鉄の結晶はきちんと並んでおらず、必ず配列が乱れた部分(これを「転位」という)を持つ。鉄に力を加えると、この「転位」が力を吸収しながら移動し、その乱れが伝わり変形していくので、鉄を変形させる力は安定した結晶構造のものを変形させるそれの1000分の1で済むといわれている。
・炭素や窒素が転位部分に集まると、転位が妨げられて固くなり、変形しにくくなる。鋼材に残った炭素や窒素を化合物に変えて無害化することにより、可塑性を保ったのがIF鋼(Interstitial Free)である。このIF鋼の登場によって、過酷な加工を必要とする自動車のボディの一体成形が可能となった。その他、硬い部分と軟らかい部分を混在させたDP鋼(Dual Phase)や、力を加えた時だけ結晶格子が伸びて一瞬変形するがすぐに硬くなるTRIP鋼(Transformation Induced Plasticity)など、より加工のしやすい鋼材も開発されている。
・鉄は大気中で水や酸素と反応し、酸化して錆(FeOOH)になる。錆を防ぐために一般的なのは表面に亜鉛のめっき加工を施すことである。めっきには、鉄より先に酸化する物質を使った「犠牲防食」と鉄よりも腐食しにくい物質を使った「バリア型防食」がある。
・日本の自動車用鋼板は、鉄の表面に亜鉛と鉄の合金でできた層をつくってめっきする方法(合金化処理溶融亜鉛めっき鋼板;GA)が主流である。ただしこの手法を用いると、鉄の濃度が小さいと加工性が弱くプレスしにくくなり、反対に鉄の濃度が高すぎると脆くなりめっきが剥がれやすくなってしまうので、適正なバランスになるよう化学反応をコントロールする技術が必要である。
・亜鉛は限りある資源であり、将来的には亜鉛に替わるめっき材料の開発が求められる。