サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2004.11
  • 出版社: 評論社
  • サイズ:21cm/138p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-566-01331-6

紙の本

ソフィーと黒ネコ (評論社の児童図書館・文学の部屋)

著者 ディック・キング=スミス (作),デイヴィッド・パーキンズ (絵),石随 じゅん (訳)

ソフィーは一度決めたら何だってやり抜く女の子。ある日、庭に黒ネコがやってきました。大のネコ嫌いのお父さんに隠れて、ソフィーはトムと名前を付けて、こっそり飼っていましたが…...

もっと見る

ソフィーと黒ネコ (評論社の児童図書館・文学の部屋)

税込 1,430 13pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ソフィーは一度決めたら何だってやり抜く女の子。ある日、庭に黒ネコがやってきました。大のネコ嫌いのお父さんに隠れて、ソフィーはトムと名前を付けて、こっそり飼っていましたが…。「ソフィーとカタツムリ」に続く第2弾。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ディック・キング=スミス

略歴
〈キング=スミス〉1922年イギリス生まれ。農業、小学校教師を経て、現在は執筆活動に専念。「子ブタシープピッグ」でガーディアン賞を受賞。著書に「魔法のスリッパ」「奇跡の子」など。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

型破りの女の子と存在感のある黒ネコ

2010/03/09 23:27

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wildcat - この投稿者のレビュー一覧を見る

ソフィーと黒ネコの原題は、"Sophie's Tom"である。

ちょうど猫事典を引くように『キャット・ウォッチング1』と
『キャット・ウォッチング2』を楽しんでいるのだが、
そこに関連する項目を見つけた。

ひとつは、「なぜ、雌ネコは "Queen"とよばれ、雄ネコは"Tom"と呼ばれるのか」
もうひとつは、「なぜ、黒ネコは幸運をもたらすのか」。

黒ネコって幸運をもたらすのか?

読んでみると、イギリスでは黒猫は幸運をもたらすといわれ、
アメリカでは縁起のいいのは白猫、縁起の悪いのは黒猫であるといわれるらしい。

『キャット・ウォッチング』の著者であるデズモンド・モリスもイギリス人なら、
本書もずっと農業に従事してきた著者が書くイギリスの児童文学である。

雄ネコはトムだし、黒ネコは幸運なのだ。

女牧場マンになりたい5歳のソフィーは、クリスマスの日に生まれた。

お誕生日とクリスマスが同時のお祝いで、
双子の兄達にはかわいそうだと言われているけれど、
ソフィーはそんなことは気にしない。

お誕生日もクリスマスも楽しみなのだ。

目下の願いは、牧場のおもちゃじゃなくて、本物のペットがほしいということ。

でも、5歳ではまだ小さいからダメと言われ・・・。

ふてくされて庭を歩いていると黒ネコが現れる。

クリスマスの残りをあげると、ガツガツとした食べっぷり。

きっとオスだと思ったソフィーは、黒ネコをトムと名付けるのだった。

ソフィーはトムを自分のネコにしたいのだけど、お父さんは大のネコ嫌い。

「黒ネコは幸運のしるし」で「右がわから来たら、特に」と言っても、
お父さんのネコ嫌いを知っているお母さんもトムが家にいることは許してくれない。

お父さんはある条件が整ったらネコがいてもいいといい・・・・。

ちょっと変わり者のソフィーの学校生活とネコのいる暮らし。

ソフィーは従来の児童文学のヒロインとはちょっと違った型破りな存在で、それがおもしろい。

本書は、『クリスマスの猫』と同様に、
タイトルに猫がいるが、主人公は猫というよりも人間というタイプの本である。

トムはその行動を細やかに描写されるわけでもなければ、自己内省もしない。

その意味で、猫本、ではないだろう。

だが、タイトルに猫がいる本は、
その主人公にとって猫が大きな意味を持つということである。

猫をめぐって主人公たちが協力し合ったり成長したりするような。

『クリスマスの猫』と『ソフィーと黒ネコ』はそういったタイプの本になる。

そして、この黒ネコ・トム。

細やかに描写されるわけでもなければ、
「ノォウ!」とゴロゴロゴロぐらいしか言わないのに、
かなりの存在感、なのである。

やっぱりタイトルに君臨するだけのことはある
ということは読んでいただければ分かると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/12/27 15:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。