サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

福音館書店 ボローニャ国際児童図書展「最優秀児童書出版社賞」受賞記念 私が選ぶ、『世界中に薦めたい福音館の本』+福音館書店全品ポイント5倍

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

シルエット(講談社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 96件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.11
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/185p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-274926-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

シルエット (講談社文庫)

著者 島本 理生 (著)

シルエット (講談社文庫)

453(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

シルエット 7-139
植物たちの呼吸 141-157
ヨル 159-171

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー96件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

十代の頃の恋を思い出させてくれる本です。あなたは最近恋の仕方を忘れている方にオススメ。心の震えを取り戻せます。

2004/11/15 14:22

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エルフ - この投稿者のレビュー一覧を見る

十代の頃は今思うと人との別れが上手く出来なかったような気がします。
それでも人を好きになり、別れることなど思いもせずに相手の領域に飛び込んで行き、一時の幸せに喜びを感じ、また離れていく瞬間に絶望を感じる。
その感じ方の表現がとても上手い作品なんですよね。
会社の昼休憩中に読みきったくらい短い作品なんですが、どっぷりとこの物語に浸かってしまいました。

好きなうちに別れてしまった相手というのは心の中にいつまでも住み着いているもの。
主人公の「わたし」の心の中にはずっと冠くんがいて、それでも時が経つにつれ隣には「せっちゃん」という異性がいるようになる。
同じだけど違う「好き」という感情。
自分の全てのパワーを向けて「好き」になる相手と自然と隣にいることで「好き」になる相手。
多分思春期ってこういう人の好きになり方ってするような気がします。
懐かしさやほろ苦さを思い出させてくれる作品でした。

著者のあとがきより
「他人というのは異物だから、絶対に溶けあうことのない部分がある以上、深く受け入れようとすると、どうしても苦しまなければならない。その息苦しさや、それでもだれかを強く必要とする気持ちを、この本から感じ取っていただけたら嬉しい。」

十七歳でこういう文章が書ける島本さんは注目せずにはいられない若手作家さんです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/12/14 10:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/01 20:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/19 02:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/18 00:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/13 01:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/27 22:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/31 11:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/15 22:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/26 20:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/09 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/08 10:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/01 10:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/14 10:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/25 19:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

講談社文庫 ランキング

講談社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む