サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『縦横斜めから読む歴史~科学・食・感染症・失われたもの・偽物~』 ポイント5倍キャンペーン  ~1/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 380件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2004/11/16
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/268p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-274912-2
文庫

紙の本

羊をめぐる冒険 上 (講談社文庫)

著者 村上 春樹 (著)

【野間文芸新人賞(第4回)】【「TRC MARC」の商品解説】野間文芸新人賞受賞作1通の手紙から羊をめぐる冒険が始まった 消印は1978年5月――北海道発あなたのことは今...

もっと見る

羊をめぐる冒険 上 (講談社文庫)

税込 616 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

羊をめぐる冒険(講談社文庫)セット

  • 税込価格:1,23211pt
  • 発送可能日:1~3日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【野間文芸新人賞(第4回)】【「TRC MARC」の商品解説】

野間文芸新人賞受賞作
1通の手紙から羊をめぐる冒険が始まった 消印は1978年5月――北海道発

あなたのことは今でも好きよ、という言葉を残して妻が出て行った。その後広告コピーの仕事を通して、耳専門のモデルをしている21歳の女性が新しいガール・フレンドとなった。北海道に渡ったらしい<鼠>の手紙から、ある日羊をめぐる冒険行が始まる。新しい文学の扉をひらいた村上春樹の代表作長編。【商品解説】

目次

  • 第一章 1970/11/25
  • 第二章 1978/7月
  • 第三章 1978/9月
  • 第四章 羊をめぐる冒険I
  • 第五章 鼠からの手紙とその後日譚
  • 第六章 羊をめぐる冒険II

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

ジュンク堂書店難波店

みんなのレビュー380件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

愛しい

2013/05/24 14:25

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:caorinn beta - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分の中での村上春樹は、ここが頂点かな。ここを境にさらに上りつめるそぶりで後退していった、あるいは停滞していった感がある。でもここまでは間違いなく面白い。同年代にはあまり読まれていないけど、この愛しい喪失感は是非周りにも味わってほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

前二作は中編といえる短いものだったが、これは大作である

2017/02/20 22:19

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まなしお - この投稿者のレビュー一覧を見る

鼠シリーズデビュー作の「風の歌に聴け」「1973年のピンボール」に続く第三弾である。前二作は中編といえる短いものだったが、これは大作である。読み応え十分である。村上春樹は最初の二作はあまり評価していないらしいが、私は結構好きである。でも、この作品を読むとそれが分かるような気がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

長編作家村上春樹の誕生

2021/07/28 23:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ichikawan - この投稿者のレビュー一覧を見る

村上春樹初の長編作品にして春樹屈指の名作。春樹を雰囲気だけの軽薄な作家としか思っていない人はこの作品を真面目に読んでみるべきだ。戦後日本が戦中日本の延長にあることを喝破したこの作品は、むしろ現在読んだほうがよりその文脈が理解できるかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

挽歌としての青春小説

2008/06/04 12:30

7人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けんいち - この投稿者のレビュー一覧を見る

「冒険」ははじまっていく。すぐれて村上春樹的な、翻訳という職業についている主人公は、『風の歌を聴け』『1973年のピンボール』以来おなじみのキャラクター・鼠とともに、とある冒険に、ある日突然巻き込まれていく。それは、さしあたりポジティブな装いを持ちながら、しかし、ニヒリズムと感傷に彩られて、現実的にはいささかもポジティブではない。だから、こうした物語の展開を「冒険」と呼ぶことは、それ自体イロニーなのだが、イロニーである限りにおいて、『羊をめぐる冒険』をすぐれた小説と呼ぶことができるだろう。もはや「冒険」が成立しないことを自認しながらも「冒険」をタイトルにまで掲げてプロットを組み立て、その実ひたすらに「喪失」をそれとして体現していく筆法は、文字通りの「挽歌」と呼ぶにふさわしく、そうしてたどり着くのがポジティブなゴールとはとても思えないが、それでもプラス・マイナス・ゼロのフラットな地点にはたどり着けるかもしれない。それならば、そこから、出発することができる。そこにこそ、「挽歌」としての青春小説の意義があるのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

村上作品の代表作!

2016/01/31 11:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品は、村上作品の中でも初期のものですが、筆者の作風がよく出た傑作です。「私は、今でもあなたが好きよ」という短い手紙を残して、姿を消した妻。主人公の夫は、その行方を追っていきます。その頃、ちょうど新しい女性が彼に接近してきたり、また友人「鼠」から北海道にいるという知らせが届きます。北海道を舞台にした主人公の旅が始まります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/01/29 20:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/29 17:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/15 17:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/25 02:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/21 22:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/22 19:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/03 02:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/08 14:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/04/26 16:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/27 23:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。