サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

7周年施策(ポータルページ)(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 暮らし・実用の通販
  4. 健康・家庭医学の通販
  5. 筑摩書房の通販
  6. 脳はなぜ「心」を作ったのか 「私」の謎を解く受動意識仮説の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

脳はなぜ「心」を作ったのか 「私」の謎を解く受動意識仮説
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 25件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.11
  • 出版社: 筑摩書房
  • サイズ:20cm/235p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-480-84265-9

紙の本

脳はなぜ「心」を作ったのか 「私」の謎を解く受動意識仮説

著者 前野 隆司 (著)

意識とは何か。意識はなぜあるのか。死んだら「心」はどうなるのか。動物は心を持つのか。ロボットの心を作ることはできるのか。「心とは何か」という疑問の答えに挑んだ野心的な書。...

もっと見る

脳はなぜ「心」を作ったのか 「私」の謎を解く受動意識仮説

税込 2,052 19pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

意識とは何か。意識はなぜあるのか。死んだら「心」はどうなるのか。動物は心を持つのか。ロボットの心を作ることはできるのか。「心とは何か」という疑問の答えに挑んだ野心的な書。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

前野 隆司

略歴
〈前野隆司〉1962年山口生まれ。東京工業大学大学院修士課程修了。キヤノン入社。超音波モータや精密機械の研究開発に従事。現在、慶応義塾大学助教授。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー25件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

脳の「コペルニクス的転回」

2004/11/22 00:05

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BM1 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「我思う、ゆえに我あり」といったのは、有名な哲学者のデカルトですが、「我」はどこで考えているのでしょうか? 体全体で考えているわけではありませんよね。では脳? 脳のどこ? …考えると際限ない、哲学的な疑問です。
本書は、このような「心」についての疑問に答える本です。

・心とは何だろうか?
・心はどこにある?
・なぜ<私>だけが<私>なのか?
・「私」は主体的に考えているか?
・心を持つのは人間だけ?霊長類は心を持たない?
・心を持ったロボットは作れる
(以上、本書目次タイトルより)
 このような哲学上の大命題ともいえる疑問に、すべて答えてしまおうという、たいへん野心的な本です。

 本書中の言葉を借りていえば、「コペルニクス的転回」で、脳に対する考え方を変えることによって、すべてわかってしまいます。すべての疑問にうまく説明がつくようになります。あたかも天動説を地動説にすることにより天体の動きをすっきり説明できるように。

 たぶん、心の疑問が解き明かされる第3章までは一気に読めてしまうと思います。近年の科学書でこんなにナットク感のある書物は久しぶりです。「わかる」ことの爽快感があります。

 読むとわかりますが、この本に書かれている「説」は、(書かれた時点では)学会などでもまだ未発表の、従って世間一般では非常識な「説」です。また、「人の心のような難しいものがそんな簡単にわかるか?」と疑問に思う方もあるでしょう。
 しかし、決してトンデモではないですし、たぶん間違っていない「説」だと思います。なぜって分かってしまうんです。そういうことってありますよね? 一度聞いてしまうと当たり前だけれども、聞くまでは、なかなか思いつかないことって。それだけシンプルで分かりやすく説得力のある「説」だということです。また、最新の「説」なので周りの人に自慢できるでしょう。

 この本の著者の前野さんという方は、バリバリのエンジニアで、ロボットの研究をしているうちにこの本の考えに至ったようです。今後のご活躍に期待してやみません。いや、今後活躍されること、間違いなしです!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

納得!

2004/12/07 17:19

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コネクショニスト - この投稿者のレビュー一覧を見る

一気に読みました。とても面白く刺激的でした。お勧めです。
ハードプロブレムにかすりもしない,という感想を書いている人がいますが,私自身は,この本を読んで,ハードプロブレムはコンピュータクオリアやニューラルネットワークによって解ける,という納得感を持ちました。(<私>の問題も,クオリアの問題も同様に納得できました。)
昔からの,哲学者対コネクショニスト,チャーチランド対チャルマーズという対立図式に茂木健一郎対前野隆司というのが加わった感じがします。そもそも両者はキリスト教対イスラム教(いい例ではないですが)のように相容れない所があるので,これからも両者の論争は平行状態を続けるのでしょうが,昔から後者の立場に立っていて哲学者の心脳問題論議に疑問を感じていた私には,よくやった,いけいけ,という感じでした。哲学者の議論を待たずしても素朴心脳一元論で人間の心は説明できる,という話なので(まちがっていたらすみません),前者の人から見ると(キリスト教徒が,イスラム教徒はよくわからん,と攻撃するのと似て)全体として受け入れがたい(?)のかもしれませんが,後者の立場から見ると,わかりやすく説明されていて,すっきり整然と理解できました。
また特に,意識はエピソード記憶をするために,進化の中で作られた,という仮説はとても納得でき,面白い説だと思いました。ただ,<私>は永遠,というところだけは,論理としてはわかっても,実感としてはまだ理解できていません。人間の根本のところなので深いですね。
それから,自分が他人とつながっている図14は,仏教の胎蔵界曼荼羅そのものだと思いました。構図的にも,意味的にも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「『錯覚』ですべて解決」という錯覚

2004/12/04 01:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カスタマー - この投稿者のレビュー一覧を見る

機能主義的な「心」の解釈について解説した本です。
とても読みやすくまとまっていますが、
冒頭に出てくる、永井均的なの問題や、
茂木健一郎的なクオリア問題については
まったくかすりもしないままで終わってしまいます。
(著者は解答を与えていると信じているようですが。)

要は、意識とは無意識の演算結果をモニタするだけの存在である、
というよく聞く話で、や、クオリアや、時間の感覚などは
すべて錯覚だ(無意識がそう錯覚するよう仕向けている)、
というお話です。
では、そのような錯覚を体験する主体はなんなのか、
というのが心脳問題の核心なわけですが、
意図的にかどうかはわかりませんが、そこには全く触れていません。
また、そのように錯覚させるメカニズムはどういうものか、
というのもまた別の興味深い問題ですが、それについても
「まだよくわかっていない」で済ませてしまっています。

ということで、「すべては錯覚である」で
心の問題をすべて解決したと著者は豪語しているわけですが、
そのレベル(機能主義のレベル)で満足な人にとっては、
読みやすくていい本だと思います。
一方、いわゆる「ハードプロブレム」の解決へは何の寄与もないので
そちら方面を期待される方には何も得るものはないと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/06/07 08:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/29 00:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/12 19:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/11 14:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/11 16:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/05 23:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/21 23:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/21 13:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/30 23:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/06 12:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/14 09:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/29 15:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

家庭医学一般 ランキング

家庭医学一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。