サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 21世紀サバイバル・バイブル

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

21世紀サバイバル・バイブル(集英社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.11
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/355p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-747761-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

21世紀サバイバル・バイブル (集英社文庫)

著者 柘植 久慶 (著)

21世紀サバイバル・バイブル (集英社文庫)

669(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

題名のとおりです。

2016/05/30 07:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たかちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

天災、動物被害、火災、電線病と風土病、航空機事故、鉄道事故、
海難事故、強盗、通り魔、ストーカー、カード詐欺、ネット詐欺、
テロ、核、化学兵器等への対処法が網羅されています。
コンパクトにまとめられています。。購入する価値は多いにあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/02/24 14:22

投稿元:ブクログ

ありとあらゆる天災、事故、疫病、テロなどを想定したサバイバルの書です。
最後まで飽きさせないで読ませてくれ、繰り返し読める本でもあります。
公的機関は大惨事から身近な惨事まで含めて「初動において」一般人を助けられない。結局は自己の力を頼みとするしかないという事を改めて感じました。

2008/12/01 00:00

投稿元:ブクログ

飽きずに読めるし、内容も興味深いので面白い。
自分に危害を加える者には容赦ない対応をする事を、くそ真面目に語っているのがすっごい面白かった。
やりすぎじゃろーって笑えた。

2011/03/20 05:50

投稿元:ブクログ

これを読む直前【東京マグニチュード8.0】というアニメを視聴し、
地震、緊急時にどういう行動を取ったらいいのか、
又、どういったものを買い揃えておけばいいのか最低限の知識は欲しいと思いamazonにて定価で購入。

地震の本かと思いきや、様々な過酷な環境で生き抜く為のアドバイスや、用意しておくべきものなどが記されている。
この本を買ったお陰で緊急時の防災用具などを買うきっかけになった。
【読了】うーん、良い予備知識は得られたけど行き過ぎな内容な気が。でも防災ってそういう事なんだけどね。
あと筆者の自宅周辺の車のナンバーを暗記したり、泥棒の手首は切り落とせ!てな内容は賛同出来ないかな。行き過ぎ。

2013/01/23 12:29

投稿元:ブクログ

緊張感のある文体でよかった。さすが元傭兵だけある。毎日彼のように張りつめた生活をしていたら疲れそうだが、地震や大雨等の災害や天災だけでなく、ABC兵器や海外で輩に絡まれたとき、テロに巻き込まれたとき、航空機事故に巻き込まれたときなど…平和ボケした日本人は読むべし。
特に役立ったのが、航空機事故(特殊部隊突入時含む)における姿勢のとり方。
その一つ、シートベルトをしてはいけない(シートベルトをするのなら体とシートベルトの間に枕やブランケットを挟み込む)との由。シートベルトを着用した故、寸断されてしまった死体を沢山見てきた筆者ならではの提案だろう。防災研究家の上っ面な文章よりも数倍説得力のある文章だった。

2014/03/17 19:15

投稿元:ブクログ

○この本を一言で表すと?
 元傭兵が書いた積極的(攻撃的)サバイバル・マニュアルの本


○この本を読んで興味深かった点・考えたこと
・非常時には非常時の振る舞いがある、という点をかなり追求した本で、自らを害する者を徹底的に排除することを推奨している本でした。今の日本で実践すると過剰防衛として訴えられそうな内容ですが、犯罪者の権利より自分の生存権を優先するのであれば、個人的にはアリかもしれないなと思いました。

・18の分野で最悪のケースを想定してその時どう動くかということが書かれていて、極端ではありますが、最低のラインを想定して動けばかなり生存確率が上がりそうだと思いました。

・自然災害だけでなく犯罪や詐欺、金融トラブルについてまで書かれていていろいろなケースで考えさせられました。

・「こうした方が良い」と一般に言われている行動についてもいくつか疑問が提示されていました。飛行機のシートベルトは墜落時には危険だということが聞いたことがありましたが、シートベルトと自分の体の間にクッションとなる物を挟むことや、座席の上で独自の対ショック姿勢を取ることは、確かに良さそうだと思いました。当たり前のこと、誰もが行っていることでも一旦疑ってみて、考えるという習慣は重要だと思いました。

・個人的には過剰防衛以外の件でも確率の低いことに対して労力が見合っていないと思える過剰対応と思えることもいくつかありましたが、この辺りは何を重要視するかの個人の感覚も関わってきそうだと思いました。

2017/03/28 23:56

投稿元:ブクログ

2001年1月に発行された本書が書かれたとき、9.11も3.11もまだ起こっていなかった。

1台風と豪雨
2地震
3噴火・雷・竜巻・雪崩

自然災害の多い日本で生きていくために、一番大事なことは何か。
それは冷静に対処すること。
そのためには日ごろから準備をして、対処のイメージを作ること。
準備というのは防災グッズを用意するのももちろん、正しい知識を持つことも大事。

最初の3章だけでも読む価値あり。
文庫になっているようなので、見つけたら買おうと思うほど。

そして
17各種のテロ

“現在この原理主義者の代表的人物は、アフガニスタンにいるビン・ラディンだろう。(中略)指導者―ビン・ラディンの命令が、ニューヨークの中心部での自爆なら、乗員乗客全員を道連れにして、迷いもせずマンハッタンへと突っこんでゆくだろう。”

金融トラブル、コンピュータ関連の問題、医療問題と、多岐にわたって指摘される危機と、それに対応する術は、あまりに細かすぎていちいち覚えてはいられないけれど、とにかく事実を見きわめる目と考える頭と行動できる身体をもたなければならないことはわかった。

あと、頭を守るのはもちろん、呼吸の確保も大事。
両肘を顔の前で交差して、鼻と口がふさがれないようにするといいのだそうだ。
何を忘れても、これだけは覚えておこう。