サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. ラス・マンチャス通信

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ラス・マンチャス通信
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.12
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/269p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-472201-4
  • 国内送料無料

紙の本

ラス・マンチャス通信

著者 平山 瑞穂 (著)

【日本ファンタジーノベル大賞(第16回)】頭の足りない無礼なヤンキーが不幸になるのは当然だ。僕のせいではない。でも、なぜか人は僕を遠巻きにする。薄気味悪い虫を見るように…...

もっと見る

ラス・マンチャス通信

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【日本ファンタジーノベル大賞(第16回)】頭の足りない無礼なヤンキーが不幸になるのは当然だ。僕のせいではない。でも、なぜか人は僕を遠巻きにする。薄気味悪い虫を見るように…。異形の成長小説。第16回日本ファンタジーノベル大賞大賞受賞作。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

平山 瑞穂

略歴
〈平山瑞穂〉1968年東京都生まれ。立教大学社会学部卒業。現在、通信教育関係の企業に勤務中。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価3.3

評価内訳

紙の本

あらかじめ提示された範囲で物語を楽しむのではなく、著者の描いた世界観と一緒に、自分も空想をかきたてていく・・・この作品にはそんな不思議が感じられる。

2007/02/17 20:17

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:どーなつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

第16回日本ファンタジーノベル大賞大賞受賞作。鈴木光司氏の絶賛を浴びた異形の成長小説。
「ファンタジー」のわりに、心躍るようなワクワク感がなく、むしろ不気味で、陰鬱で、毒々しくて、救いようがない。そんな小説でした。
だけど、そもそも「ファンタジー」の意味の一部は「幻想的・夢幻的な文学小説」ということなので、ジャンル分けするなら、確かにこれもファンタジー小説。
最近、ハリポタや指輪物語、ナルニア国などのHITで、「ファンタジー=魔法や剣が出てくる小説」とカテゴリー決めがされがちなのだけれど、そういう万人受けする素敵な冒険物語だけがファンタジーじゃないんだよ、って改めて再認識しましたね。
物語冒頭から登場する奇妙な存在の「アレ」の正体についてや、途中で主人公が襲われる「アレ」についても、結局肝心なところについての補足が一切無し。
冒頭の「アレ」は、姉にただならぬ感心を示し、果てには襲おうとまでしてしまう。だけど、家族は「アレ」については、見ざる聞かざるを貫き通す。何故か、それが決まりになっている。物語途中に登場する「アレ」は、冒頭の「アレ」と同じ存在であるのかはわからないけれど、「アレ」が潜む家についての記述などを読むと、とても禍々しくて気分が悪くなる。そして主人公自身も「アレ」に襲撃されることになる。
人間じゃない、ってことは分かる。だからひょっとしたらエイリアンとか、異物体とか、そういう系統なんだと思う。だけど、それはこっちが想像する範疇であって、物語の中で「アレ」の正体やこの世界に存在する意義については一切語られていない。
例えば、UFOが不時着してやってきたのか、それとも化学実験が失敗して産まれた存在なのか・・・。
だから逆に想像力が沸きたてられる。あらかじめ提示された範囲で物語を楽しむのではなく、著者の描いた世界観と一緒に、自分も空想をかきたてていく・・・この作品にはそんな不思議が感じられる。
物語じたいは、すごく遠い未来の世界ではなく、自分たちと平行して息づいているパラレルワールド的な世界観といったイメージを受けました。
最後の最後まで虚無感が漂っていて、読後感はあまり良好とはいえなかったのだけれど、なにかしら心に残る部分があったように思う(だからこうやって書評を書いたわけなのだけど)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

世間とのギャップが世界を異形に変える

2005/03/15 14:05

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:せどり三等兵 - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本ファンタジーノベル大賞はその名前から連想するイメージと受賞作品の傾向がズレていると感じるのは私だけだろうか。私は国産小説に対して使われる「ファンタジー」という言葉からは、なんだかメルヘンなお花畑のような、エルフやドワーフ、剣や魔法などをイメージしてしまうのだが、この賞にてそのような作品は少ない。もっとも、この賞は懐が深く一概に「この賞の受賞作品はこういう傾向だ」なんてことは言えないのだけれども、少なくとも本書と一般的に「ファンタジー」という言葉から連想されるイメージとはズレがあるように思う。

しかし、本書はどのような作品なのか?と聞かれれば、やはり「ファンタジー」と答えざるを得ない。ただし、この場合の「ファンタジー」は言うなれば、広義のファンタジーであり一般的に思われている直球ど真中のファンタジーではなく、レイ・ブラッドベリやガルシア・マルケスやH・P・ラヴクラフトなどの作品に対して使われるような「ファンタジー」であろう。つまり国産小説の「ファンタジー」ではなく、海外の一部の幻想文学について充てられる「ファンタジー」である。

そういうわけで、本書は普段から海外文学を読んでいるような人、本棚に翻訳物の国書刊行会や早川文庫が並んでいるような人こそすんなりと読めるのではないだろうか。

本編は主人公視点での物語となっている。だから、主人公が知り得ない情報は描かれていない。一章にて登場する「アレ」の正体は本文中では明かされないし、ファンタジー担当の他のキャラクターや小道具に関しても曖昧なままに置かれる事が多々ある。拡散させたまま放置されるそれらのキャラクターや小道具が物語の雰囲気を決定付け、全体に暗く不気味な空気を漂わせる。同時にその曖昧さが解釈の幅を広げ、読者によってはそこらの純文学顔をした作品よりもずっと深く広い世界を得られるだろう。

本書はエンターテインメントといよりはむしろ純文学的な性質を持たせた作品であると言える。そういう意味では本来読むべき人には知れ渡らずに忘れ去られる危険性がある。「国産のファンタジーなんぞに興味は無いよ」という方にこそ読んで欲しい1冊だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一つ一つの文章は、良く出来ていると思うのだが、異様である。これがファンタジーなのだろうか?。

2005/09/11 19:37

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:萬寿生 - この投稿者のレビュー一覧を見る

なにがどうなっているのか、良く分からない。これが、日本ファンタジーノベル大賞受賞作品なのか。これがいったいファンタジーなのだろうか。違和感を感じる。一つ一つの文章は、良く出来ていると思うのだが。異様である。日本SF大賞受賞作の傀儡后を読んだ時と同じような印象を受けた。粘液質、偏執狂的内容に思えてならない。このような内容のものが最近は受けがいいのであろうか。無力な子供達を襲うような異様な犯罪が増えてきていることと、対応しているのであろうか。私自身が年を取り、ついて行けなくなってきたということだろうか。
何故このような思いに捕われるのか。ともかく説明不足なのである。登場人物、登場する異様な生物、それらの間の関係、主人公がおかれる状況、その場面転換、それらの全てにおいて、説明が足りない。読む側は欲求不満になる。それが作者の文体であり、狙いなのかもしれないが。それらに絡む謎の一つ一つについて、続編を書くつもりなのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/02/01 18:50

投稿元:ブクログ

 作品解説(帯より)僕は常に正しく行動している。姉を犯そうとした「アレ」は始末されるべきだし、頭の足りない無礼なヤンキーが不幸になるのは当然だ。僕のせいではない。でも、なぜか人は僕を遠巻きにする。薄気味悪い虫を見るように――
 第16回日本ファンタジーノベル大賞 大賞受賞作

 …ん?(帯を確認し、再度読み始める)………あれ?(帯にある「鈴木光司氏絶賛」を再確認する)…おかしいなあ。……いや、ひとりごとですので気にしないで下さい。
 この作品は終始一貫して一人称で描写されていますので、周囲で起こる不可解な出来事は、主人公が自分で謎を解明するか、あるいは周囲の人物が主人公に説明する意外に、読者がそれを知ることは出来ません。にも関わらず、主人公の性格は「我関せず」。ラストだけは、キレイにまとめている印象を受けましたが、「アレ」「施設」「次の奴」他、ほとんどの謎が謎のままで終わってしまうので、かなり不完全燃焼。どうせなら最後の最後まで、不安定な世界観を描き続けたら良かったのではないだろうか。

2005/02/17 12:25

投稿元:ブクログ

〈68年生まれの誇り!〉すごい! この得体の知れ無さ、奇っ怪さ、居心地の悪さ。新人といっても僕と同い年で全然若くないけど、こんな作品を書く人が出てきて、勝手ながら誇らしく思う。ただ現実に吹き溜まっているだけなのに、いつのまにか非現実が侵食してくる不気味さ、悪夢を見ているようでもあり、逆に覚醒させられているようでもあり。でも嫌な読後感はなし。すばらしいです。

2005/05/07 16:54

投稿元:ブクログ

ストーリーで読ませるというより、現実と幻想の入り混じった不思議なリアルさが魅力。抑えたタッチで描き切っておりみごと。

2007/09/24 17:14

投稿元:ブクログ

こんなに気持ち悪くて、こんなに理解できなくて、こんなにイライラする小説は初めてでした。日本ファンタジーノベル大賞大賞受賞作は二度と読まないように気をつけます。

2007/04/18 21:16

投稿元:ブクログ

ファンタジー小説大賞受賞作ですが、剣とか魔法とか、そういう“いかにも分かりやすい”ファンタジーではなく、そこはかとなくファンタジー…そういう作品だと感じました。漠然と。

世界設定や時代背景、そういうものが全く説明されていないので何も分かりません。そもそもこの舞台が地球なのかすらハッキリしません。でも読み進めるのが苦とか、面白くないとかではないんですよね。読んでいる最中はむしろ心地良かったです。それがなぜだかは分からないんですけど。

うーん、これ以上は書けません。ハマる人はハマる作品だと思います。私は…どうだろう。

2006/09/10 01:30

投稿元:ブクログ

何とも言えない不思議な読み心地。まるで、夢の中と現実をさまよっているような得体のしれない感覚はくせになりそうでもある。

2007/05/01 19:59

投稿元:ブクログ

第16回日本ファンタジーノベル大賞大賞受賞作です。ものすごく暗い、ねっとりとした空気を持つ世界観が魅力的。

2007/05/06 18:38

投稿元:ブクログ

僕は常に正しく行動している。姉を犯そうとした「アレ」は始末されるべきだし、頭の足りない無礼なヤンキーが不幸になるのは当然だ。僕のせいではない。でも、なぜか人は僕を遠巻きにする。薄気味悪い虫を見るように―。
カフカ+マルケス+?=正体不明の肌触りが、鈴木光司氏の絶賛を浴びた異形の成長小説。第16回日本ファンタジーノベル大賞大賞受賞作。

2007/09/14 22:56

投稿元:ブクログ

ファンタジーと言うよりも。。。
なんだか、ホラーっぽいというか、なんだか、不思議な物語でした。

冒頭から、不思議な生き物が家の中を徘徊してて、
何これ?!。。。と思いきや、
どんどん、話は別の物語へと進んで行くし。。。
????とは思いつつ、途中でやめられない。
怪奇な世界へずんずん引き込まれてゆくのです。

何か、スッキリしない読後感ではあるけれど、
いろいろ楽しめたから、まっいっか。

2008/05/03 01:20

投稿元:ブクログ

 のっけから読み者を引き込ませる「アレ」の生態。「アレ」とは何だろうかという疑問がまず読み手に去来する思いではないだろうか。「アレ」とは主人公にとっての「アレ」であり、それは憎むべき存在であり、家族は存在そのものすら認めていないということを手がかりに読み進めていく。
 そして章を重ねる毎に「アレ」(=黒い染み)が主人公にもあるのだということが読み解かれていく。その手法はとても面白い。また、各章の終点と始点の微妙なズレがこの世界観を表しているように感じた。カフカのそれとは違い、きちんとエンターテイメントしている。

2014/01/23 13:22

投稿元:ブクログ

こわい、とにかく怖い。誰がとかではなく、人間のこわさに引き込まれていく感じで、こわい。ともすれば自分にも降りかかりそう、と思ってしまうこわさを感じました。また、物語の始まりは唐突なのに、なぜか入り込みやすく、終わりは尻切れな感じなのに、満足感のある作品だと思いました。運命なのか?わかっていても断ち切れない何か、幸せを生む反面、恐ろしさも秘めている。そう考えさせられた作品でした。

2010/10/01 21:59

投稿元:ブクログ

各章の途切れ方が短編っぽくもありながら、先を急ぐ手を止められないという長編の魅力もある。でも序盤に出てきた、私がこの世でいっとう苦手なスカトロジー描写に一時は心が折れかけたのも事実。言うなればホラーものが苦手なのに誰よりも率先して怖いものを見たがる、例のマゾじみた嫌悪と同じなんだけど。それは。
こういう限りなく現実世界と近い場所に引かれたパラレルな直線上にあるファンタジーは、しばらく人間不信の気持ちを起こしてくれるからやっぱり好きだなー。結局は生きてる人間が一番怖いっていう、お約束。

そういえばこのエロとグロの書き方からして女の人なんだろうなあ、と勝手に思い込んでいたら男性作家なのだと先ごろに知ってびっくりした。