サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

痕跡 下(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.12
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/361p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-274948-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

痕跡 下 (講談社文庫)

著者 パトリシア・コーンウェル (著),相原 真理子 (訳)

痕跡 下 (講談社文庫)

771(税込)

痕跡(下)

648(税込)

痕跡(下)

ポイント :6pt / 紙の本より123おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価3.3

評価内訳

2005/03/22 09:55

投稿元:ブクログ

プロットが弱いし、マリーノ以外の(昔からの)登場人物に生彩がない。手抜きなのか? 警察署長シリーズも面白くなかったが、それよりさらに悪い。狼男シャンドンと刺し違えて、次作でピリオド という予定なのかと、勝手に思ってしまう。

2008/03/02 23:10

投稿元:ブクログ

もしや、今回の主役はマリーノですか?! 展開はシリーズの初期に比べてお粗末な感は否めませんが、だんだんとキャラの内面を掘り下げるほうに力を入れてきているのかしら? また、シリーズに行き詰って活路を求めた?涙。 マリーノが最後で活躍したので、終わりよければすべて良し。

2005/02/03 07:59

投稿元:ブクログ

シリーズなんと13作目になるということに正直に驚いた。そこまできていたら確かに、設定や展開など、目新しさを出しにくいのはやむを得ないか。最新作から過去数作は、ある種の定型パターンができているような気がしなくもない。次に期待。

2005/03/26 22:09

投稿元:ブクログ

被害者の舌から摂取されたのと同じ微物が二週間後全く別の場所で亡くなった成人男性の遺体からも検出され事件は混沌とし始める

2005/06/01 20:49

投稿元:ブクログ

5年前スカーペッタはリッチモンドの検屍局長を追われてフロリダで法医学コンサルタントをしている。
後任の検屍局長から協力の依頼があり、マリーノと一緒にリッチモンドに行く。
彼女の姪のルーシはFBIをやめてコンサルトの会社を立ち上げているがルーシーの家でも不審な動きがあった。

お風呂に持っていったら、ポチャンと浸かってしまって、泣く泣く書店で新冊を買って図書館に返却した本。文庫本でよかった。

2005/10/02 18:32

投稿元:ブクログ

下巻はもうちょっと面白くなるかと期待したのだけど、地味に終わってしまった。スカーペッタもマリーノも作者や読者と同じだけ年を取ってきているので、かつての勢いがなくなっているみたい。

2008/10/19 20:30

投稿元:ブクログ

マリーノがなんだか可哀想。ず〜っとスカーペッタに男として見られないまま過ごす人生なのかしら。(2005-01-27)

2008/03/14 15:48

投稿元:ブクログ

ハマッて読んでたのが高校生の頃だからか、今のが楽しく読めた気がする…
前に読んだのもまた読んでみようかな〜

2008/06/28 12:36

投稿元:ブクログ

手元にあるパトリシア・コーンウェルの作品はこれが最後の1冊。
古巣のリッチモンドで事件解決に取り組むケイ・スカーペッタだが、実際に事件の謎解きはスカーペッタと彼女を取り巻く人々によって行われていく。
この一連の「検屍官シリーズ」は、一見、検屍官という設定の下に行われる謎解き推理小説のような趣ではあるが、実はそうではなく、特殊な立場、状況に置かれたあるアメリカ女性の生き方、心理描写がメインなのではないかと思った。
それはケイ・スカーペッタという登場人物を借りた作者パトリシア・コーンウェルの私小説に他ならないのではないかと…
穿ち過ぎかもしれないが、そう思って読むと少しばかり現実味を帯びてきて、登場人物が立体的になってくるから不思議である。
というわけでsoylistaさんから送っていただいた「検屍官シリーズ」と「警察シリーズ」全11冊を全部読み終えたのは、昨年暮れから1月にかけてのことだった。
本当に楽しませてもらった。
soylistaさん、ありがとうございました。
有効利用をという彼女の申し出をありがたく受け、これらの本は同じLAに住むavocadoさんの元に届けることになった。

2011/01/01 13:16

投稿元:ブクログ

久しぶりに登場人物が片仮名だと、物語を理解する事に苦しむ。日本人だと、まだ男女の区別も即解るし、登場人物とダブらせて、そのストーリーの位置付けが把握出来る。
しおりに登場人物の明細が印刷してあり、大変助かった(^-^)
この物語は、シリーズ化しているようで、主人公の賢さと強さが魅力であると、かんじた。他のシリーズだと、より人情味溢れる描写が書かれているらしいが、私としては大変面白かった。
日本の推理小説だと最後に犯人が解り終わるが、これは犯人が解って解説しつつ、まだ物語が進むので、ちょっぴり違和感があった(~_~;)かな

2012/12/14 21:11

投稿元:ブクログ

おおよその概要はわかりましたが、私の理解力不足か、外国との習慣の違いからなのかイマイチぴんときませんでした。

2015/08/04 23:41

投稿元:ブクログ

美人で超天才でヘリの操縦が出来て、超お金持ちなルーシーがどうしても好きになれない…。
いかにもな設定はともかく、性格や行動が破綻してるよな…。
天才ならではの苦悩とか、そういうんじゃないし。
面白かったのは、泥酔してやらかしたマリーノがケイに聴取されるとこ。かわいそうに(笑)

2008/09/21 21:14

投稿元:ブクログ

うーん。つまんないなー。なんだ?どうしちゃったの?あの今までの、スリルと、ハラハラドキドキ感はどこにいってしまったのか…。残念です。

2013/04/23 20:32

投稿元:ブクログ

≪あらすじ≫
1本の電話が始まりだった。法医学コンサルタントのケイ・スカーペッタは、死因不明の少女の遺体を調べるため、5年ぶりにリッチモンドの地を踏んだ。そこでは事件へのFBIの関与が明らかになる一方、かつてケイが局長として統率した検屍局が、無残にも破壊されつつあった。この町で何が起きているのか?
                            (BOOKデータベースより)

2015/04/21 23:01

投稿元:ブクログ

なんかなぁ、オドロオドロしい物語になってきたな。なんか残念だ。もっと奥深いミステリーだと思っていたのに。