サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

7周年施策(ポータルページ)(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫の通販
  4. SF・ミステリー・ホラーの通販
  5. 早川書房の通販
  6. ハヤカワ文庫 NFの通販
  7. 物理と数学の不思議な関係 遠くて近い二つの「科学」の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

物理と数学の不思議な関係 遠くて近い二つの「科学」(ハヤカワ文庫 NF)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.12
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 NF
  • サイズ:16cm/500p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-15-050295-1
文庫

紙の本

物理と数学の不思議な関係 遠くて近い二つの「科学」 (ハヤカワ文庫 NF <数理を愉しむ>シリーズ)

著者 マルコム・E.ラインズ (著),青木 薫 (訳)

物理と数学の不思議な関係 遠くて近い二つの「科学」 (ハヤカワ文庫 NF <数理を愉しむ>シリーズ)

税込 1,123 10pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

何故数学は物理学の将来を準備しているか?

2006/10/07 20:26

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:萬寿生 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 物理学は、ある物理量とある物理量の定量的な関係を解析し説明する学問である。定量的関係を表現するには数学が必須である。数学は物理学の道具であるとともに、その基礎である。ガリレイ以前は、物理学と数学との必然的関係はなかった。それ以前は、物理学は定量的ではなく定性的な部分が多かったためであろう。ニュートンが自分の力学を表記するためには、自分自身で微積分学を作り出す必要があった。ところが、マックスウェルが電磁気学を大成した時、アインシュタインが相対性理論を作り出した時、ハイゼンベルグやシュレディンガーが量子力学を記述した時、それに必要は数学は既に存在していた。現代物理学の素粒子論、超ひも理論、M理論においても、同じである。これはまことに不思議なことである。何故数学は物理学で将来必要となるものを事前に用意できているのであろうか。この本は、この疑問に答えているわけではない。
 これまでの物理学の歴史において必要とされた数学が、どのようなもので誰によって研究され、どのように物理学に適用されてきたか。ニュートンから現代の準結晶、量子カオス、ポリマー、フラクタクル、といったものまで、多くの事例をもとに、その応用の不思議な関係を紹介している。過去の事実関係を解説しているだけで、数学と物理学の必然的関係性についての解析はないようだ。ちょっと幻滅だが、興味を大いにそそられる内容ではある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/11/05 21:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/23 15:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/24 11:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/21 02:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/12 14:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/24 13:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ハヤカワ文庫 NF ランキング

ハヤカワ文庫 NFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。