サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アバラット 2
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生
  • 発行年月:2004.11
  • 出版社: ソニー・マガジンズ
  • サイズ:22cm/571p
  • 利用対象:中学生
  • ISBN:4-7897-2414-X
  • 国内送料無料

紙の本

アバラット 2

著者 クライヴ・バーカー (著),池 央耿 (訳)

アバラット、ひとつの時間にひとつの島、昼と夜がせめぎあう世界。退屈な町チキンタウンを捨てたキャンディは、果たして運命の子か、禍のしるしか…。ファンタジー大作第2弾。迫力あ...

もっと見る

アバラット 2

3,024(税込)

ポイント :28pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

アバラット、ひとつの時間にひとつの島、昼と夜がせめぎあう世界。退屈な町チキンタウンを捨てたキャンディは、果たして運命の子か、禍のしるしか…。ファンタジー大作第2弾。迫力ある挿絵も著者自身による。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

クライヴ・バーカー

略歴
〈クライヴ・バーカー〉イギリス生まれ。作家、アーティスト、映画プロデューサー・監督、ゲーム作家として活躍。2002年刊の「アバラット」は世界的ベストセラーとなった。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

いやあ、前巻とちょっと間があくと全く話の展開をわすれるね。しかも、重要なはずの人物たちがどんどん消えていくってんだから、やっぱ、バーカーは只者じゃあない

2005/02/14 21:19

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

さて、クライヴ・バーカーの『アバラット』の待ちに待った第二巻である。哀しいことに、鳥頭のせいか「面白かった」「バーカーの画の才能は凄い、トールキン以上ではないか」という以外、何も覚えていないのはかなり読む上でハンディであるけれど、ともかくあの強烈なパステル画を見ているうちには、何かを思い出すに違いない。

「アバラット
ひとつの時間にひとつの島、昼と夜がせめぎあう世界。
草原の〈波〉に誘われ退屈な町チキンタウンを捨てたキャンディ、底知れぬ憎しみを抱く真夜中の王キャリオン、逃亡の旅を助ける異世界の朋友マリンゴ、そして、伝説の王女ボアと竜の退治人フィネガン……。
キャンディは果たして運命の子か、禍いのしるしか。
戦いの前触れに、25の島々がざわめきだした。
いま、決戦のときがきた。
アバラットの風をつかまえ、イザベラ海へ船を出せ。」

そうか、そんな話だったよな、と目次を開く。プロローグ「飢餓」。第一部「変質者、愚者、逃亡者」、第二部「打ち捨てられて、忘られて」、第三部「悪鬼の時代」、第四部「チキンタウン水没」。チキンタウンは、なんだか記憶がある。しかし、あの町が水没? 一体どんな展開をするのだろう。

人物紹介をすると、キャンディ・カッケンブッシュは、アバラットに迷い込んだ15歳の少女で主人公。その母で、現実に絶望しながら、娘を思うのがメリッサ。そして、家族に塗炭の苦しみを舐めさせる無能なアル中で、娘いじめの元凶が、父親のビル。ちなみに、この巻では、その冷血と無能ぶりとを見せつける。彼らが暮らしているのがミネソタのひなたくさい地方都市チキンタウン。

で、この巻で今までと違った顔を見せ始めるのが、真夜中の島ゴルゴシアムを治める、真夜中の王クリストファー・キャリオン。その原因となるのがキャリオンの祖母で冷酷で残忍な老女メイター・モトリー。で、キャリオンに拾われ、この巻でかなり重要な役割を果たすのが泥の採掘場で真夜中の王に拾われたレテオということになる。

全4巻ということだが、先は全く読めない。訳者の池央耿の言葉を借りれば「一つの絵解きがすなわち新しい伏線で、この重層構造によって物語は限りなく発展する」「作者は前編に顔を揃えた重量級の誰彼を惜しみなく退場させている」というように、予想外の展開をする。何でこの人が死ぬ? あの人はどうなった? そういう読者の思いを無視するかのように物語は驀進する。

現実と非現実の融合というか、あってはならないような世界がふれあいが、冒頭の私の疑問に繋がっていく。そこには、つい最近インドネシア周辺を襲った津波を思わせるような展開すらあるのだ。まさに、驚天動地の物語とでもいうべきだろうか。挿絵も含めて、もしかすると、トールキンの正統な後継者はバーカーではないか、そんな予感をすら抱かせる壮大な話である。

できることならば、もう少し早く次の巻が出ることを望む。何とか、年末には、それが私のささやかな夢である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/11/16 14:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/16 20:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/01 21:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/26 23:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/24 21:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/26 16:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

YA(ヤングアダルト)文学 ランキング

YA(ヤングアダルト)文学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む