サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

【HB】<丸善丸の内本店+ジュンク堂池袋本店>×hontoブックツリー 大切な人に贈るこどもの本(~1/10)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

報復
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 29件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.11
  • 出版社: ソニー・マガジンズ
  • サイズ:15cm/612p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7897-2416-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

報復 (ヴィレッジブックス)

著者 ジリアン・ホフマン (著),吉田 利子 (訳)

報復 (ヴィレッジブックス)

929(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー29件

みんなの評価3.7

評価内訳

心臓を抉り出す連続殺人の恐怖

2005/03/02 23:56

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:soramove - この投稿者のレビュー一覧を見る

生きたまま心臓を抉り出す連続殺人が発生。
狙われたのは金髪の美女ばかり。
そして犯人として捕まった男は
事件の担当検事補にとって忘れられない男だった。

惨たらしい殺人の描写が何度も描かれ、
主人公の検事補は忘れることの出来ない過去を
引きずりながら懸命に正義を求めていた。

同じような展開の本はいくらもあるのに
それを楽しめるかどうかは、
いかにリアルをうまく書いているかにかかっている。

割と長い小説ながら、途中で読むのを止めたくないくらい
次の展開が気になる本。
久しぶりに次の本を早く期待する作家に出会えた。
最近よく売れているロマンティック・ミステリーは
ちょっとロマンス色が強くていまひとつ好きになれないが
その路線とは一線を画すのは、ただ本人の資質と
本人が検察官だったということに裏打ちされた
「守らなければならないもの」が何かをちゃんと
書いていることだと思う。

次回作も同じ人が主人公だろうな。
過去との完全な訣別ができたのか、
新しく始まった恋はどうなるのか。
楽しみな作家の作品だった。

soramove ← クリック!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/02/04 00:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/17 16:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/14 20:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/20 16:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/17 21:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/07/11 08:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/25 19:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/22 00:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/16 11:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/03 01:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/14 09:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/06 09:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/17 10:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/08 22:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る