サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「ブックツリーで読む最近の文学賞」ポイント5倍キャンペーン(~3/27)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

私は、産みたい
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.7 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.12
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/191p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-472901-9

紙の本

私は、産みたい

著者 野田 聖子 (著)

40歳で職場結婚した国会議員を待っていた、不妊治療の高い壁。間断ない検査、憂鬱な服薬・注射、そして緊急入院…。32歳の若さで国政に飛び込み、大臣も務めた女性が赤裸々に綴る...

もっと見る

私は、産みたい

1,296(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

40歳で職場結婚した国会議員を待っていた、不妊治療の高い壁。間断ない検査、憂鬱な服薬・注射、そして緊急入院…。32歳の若さで国政に飛び込み、大臣も務めた女性が赤裸々に綴る。全ての働く女性に贈る、勇気ある告白。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

野田 聖子

略歴
〈野田聖子〉1960年福岡県生まれ。上智大学卒業。帝国ホテル入社。87年岐阜県県議会議員当選。93年衆議院議員初当選。98年戦後最年少大臣として郵政大臣に就任。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価2.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

議員の不妊治療ドキュメンタリー

2004/12/31 22:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きらきら星 - この投稿者のレビュー一覧を見る

女性議員、野田聖子氏の不妊治療による妊娠と流産のドキュメンタリー。忙しい国会の合間に試みた体外受精、卵管再生手術の経験。ホルモン値を上げる漢方薬の服用、月10回に及ぶ排卵促進のための卵胞ホルモン注射、精子提供に理解不足の国会議員である夫とのけんかとすれ違いの生活など、子供を望んでも持てないつらさをくわしく描いている。今まで政治家として成功して男勝りだった野田氏が今回の経験で挫折感を抱き、ただ道を歩く子連れの夫婦を見るだけでその命の尊さに涙を流すようになった、というくだりに涙を流さぬ読者はいないだろう。プライベートを暴露してまで不妊治療の実情を公に教示してくれた勇気には拍手を送りたい。けれど彼女は国会でたった10パーセントの女性議員に選ばれた希少な立場である。本書では1.29の出生率の少子化問題や保育所不足、インターネットによる子供の被害などの周知の問題についての問題意識を漫然と述べるにとどまっている。野田氏個人の政治的意見は皆無だ。社会的事情から仕事と出産、仕事と育児の両立で苦しんでいる女性がどれだけ多いかは出生率の低下ぶりから明らかだ。仕事と不妊治療の両立の苦しみという貴重な経験を野田氏は今後具体的政策にどう反映するつもりなのか。野田氏が著者である本書ではそこまで展開することが国民にとくに女性に期待されているのではないだろうか。そういった意味であえて厳しい点数をつけた。批判的立場をとったが今までこんなことを書いた女性議員はいなかったわけだから一読の価値はあると思う。タッチもシンプルで大変読みやすい。初の女性総理を目指すとまで公言している野田氏の今後の動向に注目したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/02/06 14:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/18 21:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/01 19:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/14 11:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/28 23:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/06 11:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。