サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

レイクサイド 新装版
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 35件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.12
  • 出版社: 実業之日本社
  • サイズ:19cm/272p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-408-53464-1

紙の本

レイクサイド 新装版

著者 東野 圭吾 (著)

愛人を殺された夫。妻が犯行を告白する。そして夫は愛人の遺体を湖の底へ…。中学受験を控えた子供たちの勉強合宿が行われた湖畔の別荘で、いったい何が起こったのか!? 2005年...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

愛人を殺された夫。妻が犯行を告白する。そして夫は愛人の遺体を湖の底へ…。中学受験を控えた子供たちの勉強合宿が行われた湖畔の別荘で、いったい何が起こったのか!? 2005年の映画公開に合わせた、02年刊の新装版。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

東野 圭吾

略歴
〈東野圭吾〉1958年大阪生まれ。大阪府立大学工学部電気工学科卒。85年「放課後」で江戸川乱歩賞を受賞。99年「秘密」で日本推理作家協会賞を受賞。著書に「ゲームの名は誘拐」「幻夜」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー35件

みんなの評価3.2

評価内訳

紙の本

体質が合わないって言うか、どうしても東野の小説を素直に楽しめないんですね、その正義感がウザイっていうか。我ながらけつの孔の小さい奴だとは思うんですが

2006/04/04 19:51

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

「姫神湖の別荘で行われている中学受験のための合宿。息子の章太の応援に駆けつけた並木俊介が巻き込まれた事件」直木賞作家が2002年に出したサスペンス。
アートディレクター並木俊介と妻の美菜子の間には子供がいません。息子の章太は美菜子と前夫の間に出来た子供です。だから、俊介のほうには章太に対して、すこしわだかまりがあります。美菜子は将来のために何とか、章太を有名な私立中学に入れようと、病院の院長である藤間の別荘での合宿に参加させます。
ほかに合宿に参加しているのが坂崎、関谷と4家族です。受験に関して、少し醒めた目で見る俊介。別荘に仕事の書類を持って突然現れた俊介の部下高階英里子。4人の子供達に特別授業をする塾講師の津久見。来て早々に、東京へ帰るという高階が離れで合宿をしていた津久見に話しかけてきます。
失踪した女性、犯罪の陰にあるもの。4つの家族のもつ受験に対する温度差。自分だけは、正しくありたいと想うが故の孤立。正義とは、受験とは、家族とは何かを問うサスペンスです。
案外ありがちな話ではあります。だから読み終わったときの驚きは少ないといっていいでしょう。むしろ、正義を気取る主人公のエゴだけが浮かび上がってきます。これは東野の本意ではないのでしょうが、東野の小説の幾つかにはこうした、人権屋の弁護士の話を聞かされるような鬱陶しさを感じることがあります。この本にもそんな香りが・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/04/22 15:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/09 23:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/21 14:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/14 20:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/17 23:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/27 01:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/15 17:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/06 13:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/05 10:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/19 10:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/19 22:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/06 21:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/28 17:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/27 15:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。