サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本のご購入で全員もらえる!冬のポイントキャンペーン(~1/31)

【HB】丸善×hontoブックツリー  丸善ビジネススクール~12人の先達に学ぶ~ ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

いつか、ずっと昔
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.12
  • 出版社: アートン
  • サイズ:22cm/47p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-901006-94-0

紙の本

いつか、ずっと昔

著者 江国 香織 (文),荒井 良二 (絵)

かつて確かにあった幸福の瞬間。過ぎてゆく時間、私だけの過去。結婚を前にした恋人との前に、昔の恋人たちが現れる。いつか、ずっと昔、私は…。「つめたいよるに」収録の「いつか、...

もっと見る

いつか、ずっと昔

1,620(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

かつて確かにあった幸福の瞬間。過ぎてゆく時間、私だけの過去。結婚を前にした恋人との前に、昔の恋人たちが現れる。いつか、ずっと昔、私は…。「つめたいよるに」収録の「いつか、ずっと昔」を底本とし、絵を描き下す。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

江国 香織

略歴
〈江国〉1964年東京生まれ。作家。紫式部文学賞、山本周五郎賞、直木賞等受賞多数。
〈荒井〉1956年山形県生まれ。日本大学芸術学部卒業。絵本作家、イラストレーター。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

夜桜の花のアーチがまさに異界に開かれた門のようです。

2005/08/01 14:45

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まざあぐうす - この投稿者のレビュー一覧を見る

結婚を控えたれいこと浩一が夜桜見物に来ました。
見渡すかぎりの桜、濃紺の闇に、つめたいほど白い花がしんとしずまりかえってさいています。風が吹くたびに花びらがこぼれます。
浩一の腕にもたれて、うっとりと夜桜をながめるれいこに、次々と現れる過去の恋人たち。木の根のかげから、しゅる、と音がして現れたもの。木々の間をうろうろと動き回っていた白くて、まるく太ったもの。豚舎の入り口に、うしろから月光をあびて、ちょこんと立っていたもの。
桜の幹から養豚場、海を経て、再び花びらの中に立つ浩一のもとに戻ってきたれいこ。れいこは、浩一の腕にしがみつきながら、「さよなら」と昔の恋人たちに、そっと告げます。さて、れいこの恋人達とは・・・。
『つめたいよるに』収録の「いつか、ずっと昔」を底本として描き下ろされた絵本です。荒井良二さんのユニークなイラストが江國香織さんの物語の世界を幻想的に彩っています。夜桜の花のアーチがまさに異界に開かれた門のようです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

桜の季節にぴったりな大人の絵本。どこか怖い、濃厚で官能的な雰囲気。夜桜の下でよみがえる記憶は…

2010/04/11 07:38

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:月乃春水 - この投稿者のレビュー一覧を見る

江國香織さんと荒井良二さんによる、桜の季節にぴったりな大人の絵本です。

真夜中近くに夜桜見物に来たれいこと浩一。ふたりのしっとりとした会話が印象的です。うっとりと桜をながめるれいこの前に、細い美しいへびがあらわれます。そして、黒い目でじっとれいこを見る。するとれいこは、ふしぎな、なつかしい気持ちがして…
れいこはずっと昔、自分はへびだったことがあることを思い出します。

再会。そしてさらに出会い、記憶がよみがえり…

荒井良二さんのイラストは、荒々しく激しいタッチもあるのですが、どこか、しんと静まりかえった怖さを感じさせます。
以前、堪能した『河童』でも感じた不思議な雰囲気。江國香織さんの凛とした涼やかな文章とあいまって、とても素敵で官能的ですらあります。


桜をながめると、いつもふと思うのは、昔の人もこうして桜をいろいろなおもいを抱えて眺めていたのだろう、ということ。
まして夜桜ならば、前世の記憶がよみがえる…というのはさもありなん、なんて思ってしまいます。

内田也哉子さんによる帯文は
 『桜色の記憶にたちくらみました』

まさに同感。たちくらみをおぼえるほど、濃厚な色あい、雰囲気をページをめくるたびに味わえます。


本についてのよもやま話。□□本のこと あれこれ□□

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/12/10 12:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/01 21:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/31 20:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/20 21:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/16 15:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/30 18:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/07 20:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/03 19:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/28 21:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/12 19:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/18 14:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

おとな向け絵本 ランキング

おとな向け絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。