サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

煙か土か食い物(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 350件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.12
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/342p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-274936-X

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

煙か土か食い物 (講談社文庫)

著者 舞城 王太郎 (著)

【メフィスト賞(第19回)】【「TRC MARC」の商品解説】

煙か土か食い物 (講談社文庫)

596(税込)

煙か土か食い物

486 (税込)

煙か土か食い物

ポイント :4pt / 紙の本より110おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー350件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

すごいスピード感

2015/06/05 10:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:一匹狼 - この投稿者のレビュー一覧を見る

舞城王太郎の文体の出発点。一体どうしたらこんな疾走感のある文章が書けるのでしょうか?とにかく勢いがすごくて内容も面白いのですが文章のリズムだけでも気持ちよくってどんどん読めてしまいます。特に終盤、主人公が活躍するシーンの爽快感は半端なかったです。人によってかなり好き嫌いの分かれる小説なのは間違いないと思いますが、私はこの一冊で舞城王太郎の虜になってしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

スピード感あふれる一冊

2016/03/09 04:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しん - この投稿者のレビュー一覧を見る

初めの場面のスピード感に、まず引き込まれました。登場人物は結構多いけど、みんなキチンと差別化されていて、キャラクターがごちゃ混ぜになることもなかったです。犯人がどのようにして被害者を選んだのか、その選定方法も素敵でした。おすすめの一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/12/18 14:19

投稿元:ブクログ

福井の小さな街で起こる連続主婦殴打事件を通して家族の絆とは、こう書くとベタな印象にしかならないですが、舞城の圧倒的な文章力は圧巻

2005/01/10 21:50

投稿元:ブクログ

終始流れるように進む文章。暴力と、愛に溢れた物語。

とにかくスピード感のある作品でした。

ミステリ色は各種の物語によって薄まったり、濃くなったりと、危ういバランスの上に乗っかっている感じでしたが、最終的には真相に辿り着くことができていたし、無理もなくてよかったんじゃないかと思います。

これがデビュー作ということは、その後に出た他の作品はもっとすごいんだろうな、と思わせる一冊。

2005/10/06 13:49

投稿元:ブクログ


地図上に複数の事件現場を示した点を打って、その点と点とを結びX軸とY軸を引いて中心から螺旋を引くと次の現場が浮かび上がる・・・なんて仕掛けが普通の一般人に分かるものか、と。そもそも、その法則性へ向けた思考の過程はどこに書いてあるのサ・・・"空の棺桶"については紆余曲折を経た挙句にその謎は何も回収されてないし・・・う〜ん、もう笑うしかないね。うん、大笑い。アホ過ぎです。ミステリーじゃないんだってば、この本。第19回メフィスト賞受賞作家のハズなのに。もう言うなれば単純娯楽小説。なのに大真面目に「虐待は虐待を生む」「暴力は暴力を呼び込む」とか、「血」「血縁」なんて言葉が象徴してしまう力の流れについて言及してみたり、「大体今俺のいる場所だってどこなんだ?」と主人公に言わせてみたり、主人公に小説家の兄に対して「人の心を本当に掴もうと思ったら自分の大事なモノを惜し気もなく切り売りしてでも自分のことをリアルに書くべき」と説教させてみたり・・・もう絶妙。笑えるクセに切なくて胸にグッと来まくり。ただ流石に初期の作品だけあってか、文書そのものや展開、流れは全体的に荒めだ。正直、冒頭の文書の流れには自分はあまり引っ掛かからなかった。読み手にとって暴力的な速度で息継ぎするヒマを与えずにひた進む文書。慣れるまで多少の時間を要したものの、一度ノってさえしまえば言葉を読み上げる際に生まれるリズムは悪くない。段々と加速していくそのドライブ感は心地イイ位だ。そして物語が、主人公が描いたような螺旋の、その力強い渦に何一つ答えが見出せないまま飲み込まれていく途方もなさに、ただ無力感と諦念とが虚ろに漂う姿が見て取れて、読んでてなんとも呆然自失にさせられてしまったものの、その着地地点はヘロヘロ〜と力弱く、それでいてサッパリと穏やかで気持ちイイ。上手い。やっぱこの人は"愛"に着地したいんですよね〜恥ずかしいけど。やっぱ"愛"はイイッ!!

2005/11/29 16:13

投稿元:ブクログ

やっぱりこの人はミステリー作家じゃないと思う。
政治家の家に育った4兄弟。その母が謎の事件に巻き込まれ、医師であった末っ子四郎がアメリカから呼び戻された。四郎が探偵のように事件を探り解決していくうちに見えてくる、家族や兄弟の確執・絆。それらが生々しく描かれている物語です。
そうなんだよ。人間は、所詮死んだら「煙か土か食い物」なんだよ。ね、おばーちゃん。家族とか生と死とかが深い部分で題材になってるので、とっても好きです。

2005/07/11 00:18

投稿元:ブクログ

本屋で立ち読みして衝撃受けて速攻買って帰って読んで読み終えて以降、舞城信者。
この本なんて何回読み返したことか。ムーヴムーヴムーヴ!

2006/01/08 22:02

投稿元:ブクログ

↓と続けて読んだら、ちょっと話が繋がってるというか、同じ名前とか出てきて驚いた。
舞城さんの文章のイメージも少し変わった。これまで読んだ作品とは違う雰囲気がした。

2008/04/17 21:38

投稿元:ブクログ

舞城さんの作品って、批評家に「文学なめんな」って言われたいがために、ブンガクをなめてるフリをしてるような気がする。基本ツンデレ。その大げさ感が好き。あとやっぱ兄弟もえ。

2004/12/25 19:22

投稿元:ブクログ

舞城王太郎の文庫本が
初めて出たので手に取ってみた。
すらすら読める文章のスピード感と
リズムに圧倒される。グレイト!!

2008/02/22 00:28

投稿元:ブクログ

阿修羅ガールの冒頭読んでおもしろそうと感じ、こちらを購入。
文体、話の展開、全体的に私には合わなかったようです。残念・・

2005/10/16 20:01

投稿元:ブクログ

スピード感がある話口調が新鮮でした。口汚くて暴力的、きれっぱやい。そんな主人公だからこそ、アツイ家族愛や、ふと気づいた大切にしたい人の存在に、ストレートな愛を感じます。

2006/08/27 16:46

投稿元:ブクログ

 やっぱりファウスト賞作家の文章は、慣れるまで読み難い。慣れるとテンポ良く読める。その最初の読み難さをどう乗り越えるか、だなぁ。
 タイトルの『煙か土か食い物』という言葉、龍子の残したこの言葉が沁みた。こんなにも暴力だらけの物語の中で、この言葉だけが、妙に浮き上がって、際立って、ノックアウトされた気分。プロットやキャラクターが特別どうこう、という感想は持たなかったけれど、これだけの心に残る言葉を残す、ということが、この小説の評価を決めている。

2005/05/04 18:33

投稿元:ブクログ

常識が通用しない男、舞城王太郎。
理性を排除し本能で行動する男、舞城王太郎。
駄文のようで知性を感じる男、舞城王太郎。
どれも読後の感想。

一般的な小説とは乖離している。文体の特殊性、目次・解説は無し。
しかしその中に知性がある。その背景に確固とした知性を感じる。
ミステリ作家として小説を出版しているのだから、当然と言えば当然だが・・・その文体はとにかく衝撃的。
カタカナ英語や、俗語的、雑な口調のオンパレード。
悪く言えば中学生の駄文。しかしそれも潜む本質により払拭される。

文体が異質な男、舞城王太郎。

2006/03/23 15:11

投稿元:ブクログ

この人の話は殺人があってもそれは最後には結局どうでもいい感じの解説で終わっちゃうとこがえーってなりつつクセになる。

講談社文庫 ランキング

講談社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む