サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

会員600万人突破 大感謝祭  ~1/11

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.12
  • 出版社: 朝日新聞社
  • レーベル: 朝日選書
  • サイズ:19cm/216,18p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-02-259866-0

紙の本

ブレアのイラク戦争 イギリスの世界戦略 (朝日選書)

著者 梅川 正美 (編著),阪野 智一 (編著)

イラク政策でアメリカの後を追うイギリス。背景には世界で覇権を握ろうとするブレアの野望があった。対米軍事追随、議会や内閣の空洞化と官邸権限の拡大など、イギリスの内政と外交の...

もっと見る

ブレアのイラク戦争 イギリスの世界戦略 (朝日選書)

税込 1,320 12pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

イラク政策でアメリカの後を追うイギリス。背景には世界で覇権を握ろうとするブレアの野望があった。対米軍事追随、議会や内閣の空洞化と官邸権限の拡大など、イギリスの内政と外交の現状を多角的に分析する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

梅川 正美

略歴
〈梅川〉1949年熊本県生まれ。愛知学院大学教授。著書に「イギリス政治の構造」ほか。
〈阪野〉1956年大阪府生まれ。神戸大学教授。共著に「政党派閥」ほか。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

イギリスという国の現実

2005/05/10 04:43

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:良泉 - この投稿者のレビュー一覧を見る

イギリスに若くてさっそうとした党首が率いる労働党政権が誕生したとき,大いに期待した。それまでの長い保守党政権,特にサッチャーを首相とする時代の弱者切り捨て政策から,国民を主体とする政治に切り替わるものと期待した。
しかし,アメリカのはじめたイラク戦争に対するイギリス首相ブレアの態度は,多くの国民,そして多くの世界中の人々に落胆を与えた。これでは,タカ派レーガンにぴったり寄り添うサッチャーと,なんら絵柄が変わらないではないか。
なにが,ブレアをそうさせたのか。ブレアの本当の思いはどこにあったのか。そして,イギリス議会・国民はその政策に対し,どういう態度をとったのか。マスコミ・知識人は。
本書は,9.11以後,イラク戦争開戦にいたるまでのイギリス政治を様々な面から検証し,上記の疑問を解き明かそうとするものである。
本書により,ブレアに対する完全な落胆の少しは解消された気がする。やはりブレアは本心から国連決議無しの開戦には反対だったのだ。ヨーロッパ諸国とアメリカとを仲立ちし,国連決議への道筋をイギリス主導によりつけようとした。
しかし,世界の現実はブレアが想定していたよりもっと厳しかったのである。それぞれが強い個性を有するヨーロッパ諸国のリーダーシップをとるにはブレアは弱すぎた。そして,もっとも見込み違いであったのは,ブッシュの戦争に対する強い意志が早い段階でブレアには読めなかったことだ。一国主義を基調とするブッシュにとって,フセイン政権をを戦争により押しつぶすという自分の意志は何があっても変えるつもりはなかったのだ。ヨーロッパの意向など最終的には関係なかったのだ。
しかし,ブレアには,まだやり直せる可能性が残っていた。アメリカと袂を分かちてでも,国連による大量破壊兵器査察継続による開戦回避の道が残されていた。それはフランス・ドイツといった国々に同調することで,イギリスにとっても決して難しい選択ではなかったはずである。
本稿を書いている,まさに今(2005年5月6日),最新のニュースが入ってきた。ブレア率いる労働党が総選挙で勝利したそうである。ブレアの政策は信任されたのである。
やはり,イギリスは,所詮,大英帝国の影を引く全体主義的傾向の強い国家だったのだ。ブレアの誤った政策も,大英帝国という過去の栄光が忘れらない国民にとっては,いたしかたのない選択だったのだ。フランス・ドイツの影に隠れた一国家では納得できないかったのだ。
イラク戦争に至る過程を通して,イギリスの本質をも見せてくれた良書である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/12/28 01:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/30 20:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。