サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 鉄道と乗り物の読書生活 ~8/26

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生 中学生 一般
  • 発行年月:2004.12
  • 出版社: ポプラ社
  • サイズ:20cm/343p
  • 利用対象:小学生 中学生 一般
  • ISBN:4-591-08378-0

紙の本

シャバヌ 砂漠の風の娘 (ポプラ・ウイング・ブックス)

著者 スザンネ・ステープルズ (作),金原 瑞人 (共訳),築地 誠子 (共訳)

この愛する砂漠で、風のように生きたい-。パキスタンの砂漠でラクダを放牧して暮らす12歳のイスラムの少女シャバヌが、慣習のくびきの中で精一杯自分らしく生きようとする姿を生き...

もっと見る

シャバヌ 砂漠の風の娘 (ポプラ・ウイング・ブックス)

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

ポプラ・ウイング・ブックスYAセレクショ 11巻セット

  • 税込価格:17,215156pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

この愛する砂漠で、風のように生きたい-。パキスタンの砂漠でラクダを放牧して暮らす12歳のイスラムの少女シャバヌが、慣習のくびきの中で精一杯自分らしく生きようとする姿を生き生きと描く。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

スザンネ・ステープルズ

略歴
〈スザンネ・ステープルズ〉フィラデルフィア生まれ。UPI及び『ワシントン・ポスト』で10年間記者・編集者として活動し、パキスタンや香港などアジア各地に滞在した経験をもとに、YA小説を執筆。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

しょせんはアメリカ人がパキスタン人のふりをして書いた小説の域を出ない。私たちが知りたいのは、パキスタンの人が発する声なのだ

2005/04/23 22:54

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

絶賛の紹介文つきの本で、それを信じて読み始めた私は、主人公である12歳の少女のあまりの身勝手な思いにたじろぐ。無論、私の砂漠の国に対する偏見、というか思い込みがあることは確かである。しかし、つい最近、高一、或は中二の娘たちを見ながら、一応自由の国と言われる日本人以上に我を通そうとする主人公に違和感を覚えるのだ。
いったい、シャバヌに自由と言う概念を教えた人間がいるのだろうか。なぜ、少女は両親の思いや姉の幸せより、自分の自由を優先しようとするのだろう。本当に、これはかの国の人間が書いた話なのだろうか。なんだか、あとがきを読むと、描写の素晴らしさばかりが語られ、あたかも少女がこれを書いたかのような文にも思えるのだが。
ところが、本を読み進めるうちに、その違和感がだんだん大きくなってしまい、息抜きにカバーを見て納得したのである。著者スザンヌ・ステープルズは、れっきとしたアメリカ人ではないか。どうりでシャバヌの価値観が年齢に似合わずいかにも米国的自由優先のはずである。アメリカでの賞をとったというのも、まさに賞を与える側の価値観の反映だ。
平気で土足で他人の国に進駐し、何が何でも自分たちが考える自由が一番、とばかり押し付けるかの国。どんな小さな世界にも、自分たちの自由とは違う、それでいてやはり自由としかいいようがないものがあろうとは夢にも思わない脳天気。やはり、読む前にここらは抑えておかないと、この作品を間違って受け止めてしまう恐れがある。
「雨のあとの砂漠は、空気が澄んでる。砂はまるで水面のようにきらきらしている。わたしは、この砂漠が大好き。ラクダたちが大好き。なのに、結婚したら永遠にここを離れなくちゃあならない。
わたしはこの砂漠の風のように、自由な心で生きていたい。わたしの心の奥には、わたしだけの秘密があるんだ。
パキスタンのインド国境近くチョリスターン砂漠で、ラクダを放牧して暮らす少女シャバヌ。慣習のくびきの中で精いっぱい自分らしく生きようとする姿を、生き生きとえがく物語。
アメリカ・ニューベリー賞オナー作品」
主人公は12歳の、ラクダの世話が好きな勝気な少女。姉は13歳のプーラン、美少女ということになっている。父親はアバシ、といっても名前で呼ばれることは殆どない。母親は名前は不明。ちなみに、両親の年齢も不明である。シャバヌたちは、元王のラクダ部隊にいた祖父とともにパキスタンのチョリスターン砂漠で暮らす。
13歳の姉は、今年の夏、モンスーンの季節になったら、親戚のハミルと結婚することになっている。シャバヌ自身も、大人になったらハミルの弟で現在16歳のムラドと結婚することになっている。姉はのんびり屋さんというか、すこし鈍感なところがあるけれど、それを補う美しさがある。それに引き換え、シャバヌときたら他人のことより、いや両親や姉の幸せよりは自分が自由であることしか考えられない、男のような子供である。
金原瑞人・築地誠子の共訳で、あとがきではパキスタンの自然描写、少女の生活を絶賛ということになるけれど、冒頭に書いたようにではここで起きる事件や少女の造形に無理が無いか、といえば私は問題あり、と意義を唱えたい。たとえ砂漠の民の生活がどんなに詳細に描かれようと、これは外にいる人間の限界を超えてはいない。やはり、本当のパキスタンの文学を、彼らの言葉で語られた話を読みたい、そう思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/02/26 19:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/23 22:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/06 18:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ファンタジー ランキング

ファンタジーのランキングをご紹介しますファンタジー ランキング一覧を見る
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。