サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「身近なことから科学する」ポイント5倍キャンペーン(~5/22)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

気候変動の文明史
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.12
  • 出版社: NTT出版
  • サイズ:19cm/265p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7571-4087-8

紙の本

気候変動の文明史 (NTT出版ライブラリーレゾナント)

著者 安田 喜憲 (著)

異常気象は文明崩壊の予兆か? 巨大災害の世紀を生き抜くために、今こそ知っておきたい知識を提示。気候変動と文明の興亡との大いなる関係を明かす。【「TRC MARC」の商品解...

もっと見る

気候変動の文明史 (NTT出版ライブラリーレゾナント)

税込 1,728 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

異常気象は文明崩壊の予兆か? 巨大災害の世紀を生き抜くために、今こそ知っておきたい知識を提示。気候変動と文明の興亡との大いなる関係を明かす。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

安田 喜憲

略歴
〈安田喜憲〉1946年三重県生まれ。東北大学大学院理学研究科博士課程退学。国際日本文化研究センター副所長、教授。京都大学大学院理学研究科教授などを歴任。著書に「縄文文明の環境」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

地球温暖化で私達が生きている間に日本に何が起こるのか。最近の実感と良く合致していて納得するとともに気持ちが引き締まりました。

2006/05/20 11:48

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:朝光 - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近、大雪や集中豪雨、異常な数の台風などが多いと感じませんか? 地球温暖化と言うと、“南極北極の氷が融けて未来に海面上昇につながる これからの全世界的な課題だ”位に思いがちですが、実は今後日本に具体的に何が起こって来るのかを、過去のデータから読み取る事ができるのだそうです。

著者の安田氏は、京都大学大学院の教授などをつとめられ 気候変動と人類の生活・歴史の関係を科学的に解明する「環境考古学」を確立された方とのこと。

過去に地球では氷河期をはじめ、何度も温暖化、寒冷化が起こってきましたが、その時に自然がどう影響を受けたのかを1年単位で知る事ができる新しい手段 『年縞』(湖底の年々の堆積物の縞で、そこに花粉や珪藻、鉱物や黄砂などが含まれる)やグリーンランドなどの氷に形成される『年層』が発見されました。これを用いて、気候変動の過去の動きが年単位で高精度に分析できます。
それにより、地域によって気候変動には時間差があり、地球温暖化が引き起こされる時にまっさきにその影響を被るのは、日本を含むモンスーンアジアであることが分かったとのこと。(過去の例では、温暖期の開始が、欧州やグリーンランドに比べて約500年以上も早く始まっていたらしい)
つまり、温暖化影響は、まず 我々日本人などが受けるという事になります。
又、人間や植物、動物に影響するのは、温度の高低というよりも、そこから引き起こされる湿潤化、乾燥化による事が分かってきました。乾湿の変動が植生の変動を生みマンモスの絶滅を引き起こしたり、もっと身近には人間の政治や戦争の歴史等 文明の動きに明確に影響を与えている事が分かるそうです。
今後、地球温暖化が進む中で、日本を含むアジアモンスーン地域の人々を直撃する最大の災害は、乾燥化ではなく“大暴風雨と大洪水(冬の豪雪も含む)”とのこと。
本書は一昨年に発刊された本ですが、昨年冬の大豪雪や大型台風には、まさにその影響が始まりつつあるのではないかと感じました。
世界では乾燥化・砂漠化が進む地域が多くなりますが、安田氏は日本は「森を大事にする環境国家」として進めれば、世界でもめずらしい「森と水の大国」になる可能性が高いと指摘しています。
ぼんやりと地球温暖化は世界テーマなどと思っていないで、我々 日本人は何をどうして行けばよいのかを自らの問題として具体的に考え始めなければいけないと感じます。 身近な所では、これからどんな所に
住んだら良いのかなどなど、、からかな。
私は読んで、過去のデータからこんな事が読み取れるのかと大変に驚かされました。
又、世界史的に“寒冷期には覇権主義国家が台頭する”、“温暖期には女性が元気になる”、大化の改新や中世の魔女狩りと気候の関係なども新鮮な切り口です。
非常に易しい表現で書かれていますので、文系の人や中高生の人にもオススメしたいと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/09/23 15:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。