サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

ブックオフ宅本便バナー修正(2018/7/13~7/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

キャッシュカードがあぶない
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.12
  • 出版社: 文芸春秋
  • サイズ:19cm/203p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-366720-2
  • 国内送料無料

紙の本

キャッシュカードがあぶない

著者 柳田 邦男 (著)

偽造カードによって預貯金3200万円が奪われている現実。銀行は知らん顔で警察は役立たず。続発する被害、進化する手口…カード社会の死角と銀行の無責任を世に問う緊急出版。【「...

もっと見る

キャッシュカードがあぶない

1,028(税込)

ポイント :9pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

偽造カードによって預貯金3200万円が奪われている現実。銀行は知らん顔で警察は役立たず。続発する被害、進化する手口…カード社会の死角と銀行の無責任を世に問う緊急出版。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

柳田 邦男

略歴
〈柳田邦男〉1936年栃木県生まれ。NHK記者を経て、作家活動に入る。「マッハの恐怖」で大宅壮一ノンフィクション賞、「ガン回廊の朝」で講談社ノンフィクション賞を受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

カード詐欺の巧妙、大胆さは筆で描けない。弱者が防衛する手段はあるのか

2005/04/03 18:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夕顔の丘 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「振り込め詐欺」油断も隙もない。我が家でも危うく事件に遭遇するとこ
ろであった。“巧妙な語り口はまさに神業だ”。それだけではない「カード
」詐欺事件も頻繁に起きている。ゴルフ場がらみの事件が明るみに出たが、
これは氷山の一角にすぎない。カード詐欺の実態をつかむのは、濃霧の中に
一点の明かりを探しだすより難しいようだ。IT時代の副産物なのか? 組
織犯罪。その巧妙さ大胆さは筆で描けないぐらい精密だ。本書はキャッシュ
カードの被害にあった人たちの赤裸な記録である。
  
 3200万円ほどの預金が一夜にして消える。被害届けを出しても、警
察、銀行は無しのつぶて。現行法では被害を被っているのは銀行で、被害者
本人は数枚のカード被害だけと処理され、<銀行が被害届けを提出して初め
て事件>になるとある。しかも銀行法では、当事者に過失がなくても一切の
支払い義務は無いと突っぱねられる。〈何処か変ではないか〉一切の落ち度
や身に覚えがないのに忽然と消えてしまう預金、誰が責任を取るのだろう。
被害者は泣き寝入りだけなのか?…

 嘲笑う犯罪者。法のもとで追い詰められない警察、逃げ腰の銀行。まるで
≪強者が善人、弱者が悪者≫になるカード詐欺。法の裁きはいつ解決の糸口
を見つけるのだろうか。

 銀行は絶対安全と預金を試みる人たち、笑顔で迎える銀行。一度事件がお
きると、手のひらを返したような態度、人の心を微塵も持っていない。その
ような被害者救済に、やっと国(政府)が動き出したばかりである。遅まき
ながら銀行も重い腰を上げだした。願わくば弱者救済の法案が、一日も速く
成立することを見届けたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/08/08 15:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/31 20:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/11 23:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/26 21:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/18 16:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/25 23:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/30 23:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/17 17:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

社会・時事 ランキング

社会・時事のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む