サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

哲学の冒険 「マトリックス」でデカルトが解る
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.12
  • 出版社: 集英社インターナショナル
  • サイズ:20cm/356p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7976-7103-3
  • 国内送料無料

紙の本

哲学の冒険 「マトリックス」でデカルトが解る

著者 マーク・ローランズ (著),筒井 康隆 (監修),石塚 あおい (訳)

私たちの人生に本当に意味があるのか? 罰せられなければ何をしてもいいのか? この世に完璧なものはあるのか? 死は本当に悪いことなのか? 人気映画を題材に、縦横無尽に哲学を...

もっと見る

哲学の冒険 「マトリックス」でデカルトが解る

税込 3,024 28pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

私たちの人生に本当に意味があるのか? 罰せられなければ何をしてもいいのか? この世に完璧なものはあるのか? 死は本当に悪いことなのか? 人気映画を題材に、縦横無尽に哲学を語り尽くし、これらの難問を解く鍵を提示。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

マーク・ローランズ

略歴
〈マーク・ローランズ〉1962年ウェールズ生まれ。オックスフォード大学で博士号を取得。アメリカ、アイルランドの大学で哲学を教授。現在、ロンドン郊外のハートフォードシャー大学教授。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「SF映画」で「哲学」が解る!?

2005/05/16 21:06

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:稲葉 芳明 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本を読むのは昔から大好きで、時には小難しい人文科学の書に手を出すこともある。けれど、哲学書だけは苦手。というのも、小難しい言葉の遣り取りが続き、抽象的な概念が抽象的に説明されるうちに、結局何の話がどう進んでいるのか皆目見当がつかなくなるから——というぼくが、この本を読んでみようと思ったきっかけは、やはり副題ですね。だって“『マトリックス』でデカルトが解る”ですもん。
で、目次を見てみると、『フランケンシュタイン』(ちなみに、ボリスカーロフ主演のものではなく、デニーロ主演、K・ブラナー監督のほう)で実存主義が、『トータル・リコール』でアイデンティティ論が、『スター・ウォーズ』でニーチェが・・・「解る」というのですから、まずは映画論目当て、事のついでに哲学の片鱗でも分かれば(そのつもりになれば)イイヤという軽い気持ちで読み始めた。
“なぜ、SFなのか?”という、読者の誰もが抱く疑問に対して著者はこう答える——SFものは人間とは異質なものとの遭遇を中心に展開する。これらの遭遇は、我々の姿を映し出す鏡のようなものであり、他者を通すことで自分自身がよりはっきり見えるようになる。ウ〜ン、分かったような分からぬような。でも、「序文」では懐疑的だったぼくも、実際に第1章から順に読み進めていくうち、ぐんぐん内容に引き込まれていった。
つまりですね。抽象的な概念を、よりとっつき易い、具体的なイメージを生じさせる方法論としてSF映画を用いているのですよ。論が抽象的な方向へかなり走っても、折々に個々のSF映画の場面や登場人物を挿入してくれるので、読者としては哲学のラビリンスの中で、迷わないようにその都度見つけやすい道標を辿っている感じ。勿論全部が全部分かりやすいわけではない。“『マイノリティ・リポート』で自由意志が解る”などは、映画の比喩をもってしても相当難解だった。
その一方で、『マトリックス』を素材としたデカルト論は面白かったなあー。「我思う、故に我在り」の真の正確な解釈を、『マトリックス』を通して学べるなんて予想だにしなかったもの。“『スター・ウォーズ』でニーチェが解る”も、目から鱗落ちまくり。『スター・ウォーズ』を通してニーチェの思想に触れると同時に、こんな風に『スター・ウォーズ』を読み解くことが出来るのかと、映画論としても新鮮味があった。そして、この章の結びで、何故ダース・ベイダーは(ニーチェが言うところの)「超人」になれなかったのかに言及し、ダース・ベイダーとは何者なのかを分析してみせる。
いや〜、鮮やか!哲学に興味はあれどなかなか人に訊けない映画好きの貴方/貴女にイチオシ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/11/15 22:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/13 17:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/23 22:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/21 11:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/10 09:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/27 03:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

哲学読みもの ランキング

哲学読みもののランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。