サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

残響(新潮文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.2
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/414p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-139622-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

残響 (新潮文庫)

著者 柴田 よしき (著)

残響 (新潮文庫)

637(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

残響

637 (税込)

残響

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

呟き 7-93
来なかった、明日 95-173
薔薇の刻印 175-249

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2005/05/14 20:58

投稿元:ブクログ

小さい頃一度くらいは憧れたことのある超能力。そんな不思議な力を哀しい事情から得てしまった主人公の痛みがリアルに伝わってくる作品でした。

2007/12/21 23:15

投稿元:ブクログ

残響を聞き取る女の人のお話。最初は重たいだけの話でしたが、最後に向かうにつれて遠くに光が見えてくるような感じで面白かったです。 話自体はつながっているけれど、短編集みたいな構成。

2007/04/07 13:35

投稿元:ブクログ

ヤクザの元夫に虐待された経験を持つジャズシンガーは、過去に交わされた会話を残響のように聴く能力を持つ―――それは虐待を重ねた元夫への恐怖から発現した能力だったが、時効直前の事件への協力を求められたことをきっかけに、少しずつ再生への道を歩み始める。ミステリからSFまで幅広いジャンルを描く著者らしい作品。あっさり読み終えられてしまいますが、読後感の悪くない本です。

2014/07/13 22:09

投稿元:ブクログ

死者の過去の声を聴くことができる杏子。図らずも事件に関わることになり・・・。
最後、過去と決別し前向きに生きていく姿は良かった。

2008/03/22 23:20

投稿元:ブクログ

ヤクザの元夫から逃れ、アルバイトをしつつジャズシンガーとして生きる杏子には、あるときから忌まわしい力が備わった。
死者の残留思念やその場所に留まった記憶を聴き、声帯模写できるという。
初め、その力の発動の条件は、恐れる夫が一緒であること。警察の要請でやむなくその力を使い、ある事件解決に協力した時、杏子に新たな出会いと未来への可能性を示すことに。

5つの短編に分かれた本作。
主人公の成長をありありと読める。
読後、幸せになって欲しいな〜、としみじみ。

強い女、を書いているイメージの著者の作品の中で、とにかく最初は弱い主人公だな〜、と思った。

2013/10/07 02:13

投稿元:ブクログ

自分は案店なのだ、この空間に漂っている、閉じ込められた声を拾うためのアンテナ。この世界はたぶん、こうした声が、音が、目には見えない憎悪や悲しみ、恐怖、絶望が無数に空間の中に漂っている。人の心は時折、筋途の通らない動きをすることがある。

2011/08/26 22:28

投稿元:ブクログ

その場に残された声を拾い、あまつ己の口から
本人達の音声で会話がなされるという、これだけ聞いたら
一体何がどうする話なのかさっぱり、です。

連続短編集になっていて、後ろへ行くにつれ、当然ですが年月が流れ
心がどうにか立ちあがって行く…という感じでしょうか?
暗いといえば暗いですが、ものすごく葛藤が分かりやすかったです。

しかし、刑事にとっては疑わしい相手ではありますが
目標を決めて証拠品を探したりできるので
その点ではちょっと楽?

2009/07/17 14:21

投稿元:ブクログ

自分の特殊能力と、それを発揮する時の精神的疲労。 
主人公の、過去を乗り越えていこうとする姿や、周囲の登場人物も好きだった。

2010/12/13 06:04

投稿元:ブクログ

死者の声を聴くことができる女性が犯罪を解決する、と同時にその女性自身の精神的自立を描いているという点で好感が持てた。
男性っぽいペンネームだけど、著者は女性なのかな?

2011/02/05 18:18

投稿元:ブクログ

久しぶりに面白いと思いました。やっぱり向き不向きがあるってことですね。ファンタジー系はもう読もうと思いませんが。

能力の発現をコントロールできない、といいながら一回も失敗していないところや、ラストをちょっときれいに仕上げすぎ、という気はしますけど。ちょっとずつ変化していく能力や、前向きに進もうとする気持ちをうまく絡めていると思います。

2015/08/07 08:44

投稿元:ブクログ

物や場に宿った過去の声が聞こえる能力を持つ女性をめぐる連作短編だが、冒頭から引き込まれ、著者の力量が感じられた。

2013/01/31 21:12

投稿元:ブクログ

ツラい過去がきっかけで、死者の声が聞けるようになった主人公。
でも、その声を聞くためにはツラい過去の感情を思い出さないと聞くことが出来ない。

様々な事件を通して、少しずつ過去から抜け出して成長していく。
切ないけど、読後感は良かった。

2014/01/17 23:59

投稿元:ブクログ

過去の声を聞く事ができる杏子。警察やら色んな人と出逢って、色んな事件に巻き込まれながらも過去と決別して強く生きて行こうとする姿勢に憧れます。東海林の優しさがナイス(^◇^)